印章の学術の芸術

October 10 [Wed], 2012, 15:17
印章の学術の芸術

1つの時代1つの時代の芸術の気質と形式の風格があります。この時代の人さえ知らないものはどのように恐らく時代の精神の意識と芸術の風格を表しますか?篆刻ために篆書を普及させますか?大衆、時代のために次第に篆書がフェード・アウトすることがですか?恐らくすでに私達の所選択の事ではありませんでした!

印鑑学を印刷して時代とともに進みたいならば、情報化の21世紀で、これらの古代を文字が必ず帰って古い文学の中で行かなければなりません、この時代の精神の芸術を代表する中で存在するのではありません。秦漢印は芸術の宝庫の中の明珠で、ただ秦漢の大きい墓の中で出土する美しいもの、まさかみんなはやはりすべて全身を縫いなければなりませんか?“私達は必ずすべての優秀な文学遺産を受け継がなければならなくて、批判的にその中のすべての役に立つものを吸収して、私達のこの時のここの暮らしの中からの文学の芸術の原料にして作品の参考にすることを創造します……しかし決して自分の創造に取って代わることになることができないことを受け継いで参考にして、これは決して取って代わることはできないのです。文学の芸術の中で古人に対して少しも批判しない模倣とまね、最も最も人の文学の教条主義と芸術の教条主義を害する見込みのがないことがです”。(《延安文芸座談会での演説》)。

“秦漢人は人よりまさっていあるのが間抜けではないだことがあって、大胆にもただつくって、だから長い年月を超えることができます。余刻印は古人の墨縄にこだわらないで、時が俗っぽくて所の本がないと思っています。余常は時人の間抜けさを悲しんで、秦漢人を思い慕わないで、人の子、われわれも人の子。吾を思い慕わないでただ至る所あって、もし昔の人見のをさせるならば、必ず柔らかく”の(齊白石の言葉)をもあお向けます。秦漢印の学習に対して、芸術の本質から、創作方法の構想の上がっていく学、その通りにすることができなくて、ただ“篆刻”だけを知っています。

法人実印“漢印者を学んで其精の伊を得て神を中から取って、肖其の容貌の必要はない、週間〓の写真のようです、子昂の臨む貼ること、これは善をなして古人者”の(《手厚くて良い堂論印》)を学びます。学ぶのは魚を捕るので、魚が学ばないで魚を捕るのでさえすれ(あれ)ばではありませんて、さもなくば食べ終わった後にまた再びありますか?いつも残る魚の骨を食べて暮らすことを抱くことができないでしょうか?

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:浅野 香織
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:1984年6月14日
  • アイコン画像 血液型:O型
  • アイコン画像 現住所:千葉県
読者になる
2012年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像ロモラオ
» 印鑑の補修 (2012年10月09日)
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/hanko-gold/index1_0.rdf