un Tour du Concert en Mai/Juin 

2011年05月16日(月) 3時12分
Bonjour à tous,
J'ai un tour du concert en Europe(France et Allemagne) mai et juin 2011

Vous pouvez trouver les détails d'ici
http://www.myspace.com/hiharafumie

On va rencontre dans les concerts
Fumie

パリ*ハル 

2011年03月06日(日) 17時35分
パリも春になってきました〜
ベランダの桜

最近、facebookの創始者の半ドキュメンタリー「ソーシャルネットワーク」を見て、
ほうこういうコミュニケーションなのか〜
とパリの友人から誘われて入ったけど、全く使っていなかったFacebookで、高校の名前で検索かけたら、懐かしい名前がぽろぽろと!

だって18年ぶり

八ヶ岳颪が吹きすさぶ山梨の果てまで
毎朝1時間かけて通ったなあ〜
校門入るとプラトンとソクラテスが出迎えてくれて、校舎はエンタシス
毎週土曜がテストで、毎朝何かしら小テストがあって
忙しかったけど、個性派そろいの面白い仲間と
自由な校風で、茶道室に箏持ち込んで受験勉強してたなあ〜

楽しくなってしまって、全く利用してなかったFacebookとmixiを
使い始めたら、ヒハラの紹介にこのページがリンクされているのよ
こんな不真面目なブログもどきが紹介に使われていいのか
と自問自答し、もう少し真面目に書こうかと思っています。


今年の7月2、3日の2晩、北杜市の白州ベルガ野外劇場にて
http://www.verga.jp/
『芝居と音楽、人形文楽』の共演、決定しました
作曲、演奏はヒハラがします。
まだ出演者、詳しい内容は未定ですが
同窓会がてら皆で集まれたら嬉しいです

パリ凍る** 

2011年02月01日(火) 8時03分
今晩は、Theatre de la ville(パリ市立劇場)でRosasの
アンヌ・テレサ・ドゥ・ケースマイケルの「EN ATENDANT」を観て来ました。

始めに循環呼吸のフルート奏者が、5分くらいたまにホーミーのように
2重音を出したりしながら延々と吹き
(彼はそこしか出番がなかった、、、
その後、ダンサーというぽちゃっとした人が出て
美しい声で歌いだしたので、ああと納得し
その後、鍛え抜かれた体型の女性が出てきて、おっやっと「待ってました」と大向こう
しようかと思うくらい、なかなか出てこなかった。

ローザスを思い出させるような場面が多かったですが、
バロック音楽とダンスの混合、ダンスが音楽になる事を
目指していて、音楽とダンスということにシンプルに取り組んで
2時間の作品を作ったのは、とてもこだわりを貫いていて
素晴らしいと感じました。

今日は最高気温が0℃、最低はマイナス5℃のパリでしたが
シャトレからモンマルトルまで、行きも帰りも歩きました
意外に近くて、大股早歩きで30分くらいで着いてしまいました。

しかしあまりの寒さに、出ていた顔は凍ってました。
部屋に戻って鏡の顔があまりに白いので、驚き
行きには「ダイヤモンド・ダスト」が飛んでました。

明後日は、アンジェの近くでコンサートして来ます。
11時にモンマルトル発に乗りますが、その前に朝
チェンバロの人と練習が
箏にゴロゴロつけたし、負けないぞ〜

ひとまず来週頭に日本にモスクワ経由で帰ります。
爆弾テロに巻き込まれない事を祈っています。

パリで走る〜ヒハラ2011 

2011年01月18日(火) 21時40分
なんとご無沙汰でありました。
平成も23年になり、2011年になってしまいました。
私は相変わらず、フランスと日本を行ったり来たりしています。

今朝目覚めたら、無性に運動したくなり、近所のビュット・ショーモン公園に走りに出掛けました。

ここは、人工で滝や洞窟まで作ってしまった公園で、とても広くて都会のオアシス的場所です。
公園中央には池中にせり上がった岩山に見晴し台があり、なかなかの眺めのです。


池で楽しそうに泳ぐカモの親子を横目に、走り始めたのですが
熱くなるどころか、段々寒くなり、汗をかく事を想定し、とても薄着で来てしまった事を
後悔しながら、とにかくひた走りました

平日の真昼間なのですが、なんと走っている人の多いことか!
しかも働き盛りといった年齢の人が。。(私も含めて)
皆何してるんだろうと、一瞬フランスの未来を憂いでみたり。。

していたのはつかの間、久しぶりに走ったら息が上がってしまい
元陸上部キャプテン、校内マラソン大会2年連続優勝なんて
見る影もない、情けない走りでした。。

しかし、継続は力なり
これに懲りずに、明日も頑張ろうと思いつつ、
部屋でバランスボールに乗って、跳ねている私でした。

皆様、本年も宜しくお願いします

CONCERT in Berlin 

2010年05月16日(日) 19時12分
17.05.2010
Improvisational Session with Larry Porter(Arabic Labab) at Fincan, Berlin
Altenbraker Str. 26 / Ecke Nogatstr.
(S/U Hermannstr. oder U Leinestr.)

18.05.2010
Solo Performance at Madame Claude, Berlin
Lübbener Str.19 (Kreuzberg)

Information http://onpa.de/

リスボン〜ベルリン 

2010年04月28日(水) 17時49分
今、ベルリンにいます。
昨晩、ベルリンのスペイン料理屋で、めちゃ美味しいイカのガーリック焼きを
食べました!
ベルリンの友人にも、「1年以上ブログを更新してない!」
とのご指摘を受け、書こうかななどという気になりました。

先々週、ポルトガルのリスボンでのコンサート後、
例のアイルランドの大噴火の影響をもろに受け、
2日間リスボンで足止め

空路は読めないというので、陸路を予定しましたが
土曜日の時点で、どの電車も水曜日まで満席
やっと月曜日昼にリスボン発のを予約できましたが
パリまで28時間

重い気持ちのまま、でも帰らないとならないので
に乗り込むと、出発30分前なのにすでに満席
残席は最後尾の5人掛けしかなく、座りましたが。。
両脇太った黒人のおじさんに挟まれ、身動きとれず
出発30分前に、さっさとは出発

3〜4時間おきにサービスエリアで休憩の度に
柔軟体操とヨガに励み、スペインの”サン・ミゲル”を飲み
気を紛らせ、結局朝まで爆睡
しかも4時間も早くパリに到着し、24時間のヨーロッパ北上の旅でした
もうは懲り懲り

そして、翌朝ベルリンに向けさらに北上
本来日曜の晩に出発のでしたが
月曜朝まで、パリのCDG空港は閉鎖。
キャンセルになった分は、DBドイツの国鉄に振り替えが効くというので
電車チケットをインターネットで予約。

パリ〜マンハイムまでは、順調にTGVで快適でしたが
ICEに乗り換えてすぐに、車内放送で「電車の前方がダメージを受けたので
次のフランクフルトで乗り換えてください」との事

ひとまず、乗り換えましたが人が溢れてしまい
結局3時間デッキで、箏と一緒に立たされ坊主
は1時間遅れて、ベルリンHbfに到着!

もうデロデロで、オーガナイザーに救出され
うまいとサラミとチーズで、生き返り

翌日から週末をはさみ3日間、音のサンプルの為のレコーディングに
励みました。1日8時間みっちり、1音ずつに耳を澄ますという
大変でしたが、なかなか貴重な体験でした
(今ベルリンは見事な八重桜が見ごろ!)

その他の日は、Bymskiとのコラボ企画のための録音。
エレクトロと箏+歌なのですが、なかなか面白くなりました
初めてドイツ語で歌ってみました
かなり笑えます

という訳で、大変な日々を過ごしていましたが
今日の午後にはベルリンを発ち、パリに戻ります。
帰りのは何もおこらないで欲しいです

マチボウケ+solo concert dim 10 mai 

2009年05月05日(火) 3時53分
今年に入って6回目の引越しは、TAXIで友人が送ってくれた
この「ノマド人生」はいつまで続く事か。。


そして、さっきから3時間!台所の排水工事をする人を
待ってるのだけど。。
1度電話が通じて「あ〜15分で行きます」といったのに。。
その後は、電話も通じない
アララ〜〜

これで、今夜のディナーの約束はオジャンだよ。。

という訳で、時間が空いたので今週末のソロ・コンサートの宣伝!

Je vous proposer le dimanche soir rester avec la musique de Koto
C'est un petit concert a la cafe-restaurant,
je vous presanter beaucoup de possibilite de koto.

++++++++++++++++++++++
[solo concert de Fumie HIHARA]
dimanche 10 mai
partir a 18h30 jusqu'a ??

dieu: Cafe-Reataurant "De l'autre cote"
Adresses: 7, rue Leon Joubaux 75010 Paris
Metro: Republique
Tel: 01 42 02 86 82
Entree Libre

Au plaisir de vous voir a ce concert!

パリの音事情 

2009年04月22日(水) 5時05分
ブログを書き始めたら、なかなか癖になってきたらしい。
ふふふ独りごと。

今日、昼間に部屋で三味線練習してたら、
上の部屋の人が
ガガガガガン!!と蹴って来た!
けど、無視して練習してたら、直接部屋に来たので、
「おお、とうとう来たな!負けないぞ〜」と
ドアを開けた瞬間から、思いっきり喧嘩腰で、
「練習することが私の仕事なんだ!大体もう昼なんだから問題ないはずだ!
あと10日したら引越していくから、それまで辛抱して!
それにない時間で練習してるんだから、長い事弾かないよ!」
とガ〜〜〜っと言ったら、
逆に尻込みしてしまい、逆に「練習頑張って!
別に引っ越していかなくてもいいじゃないか
と帰って行きました。

私もさすがに気を使って、小さい音で弾いていたら、
また来て「僕が悪かった普通に練習して!」
とわざわざ言いに来てくれちゃう始末。。

ちょっと威圧し過ぎたかな。。」と反省しつつ
「どうもご親切にありがとう!Bonne journee
といって別れた。

そしたら、今夜やけに上が静かなので
ちょっと心配になっています。

「上の人、今日は言い過ぎてすみませんでした」

Toulonsに居ます 

2009年04月20日(月) 6時10分
昨日からフランスの南、Toulons(トゥーロン)に来ています。

パリからTGV(新幹線よりも早い、フランスの特急電車)で約4時間!
途中、菜の花畑がずっと続き、ミツバチ気分満載

地中海沿いを走り、マルセイユを越えて来ました。
ここは南国!街路樹も、完全にアロハ〜
太陽の日差しも違います

何故ここにいるかというと、今日行われたコンサートの為。
トゥーロンのZenithという3000人収容の会場で行われた
「MangAzur」という日本イベントの中でした。
漫画のコスプレをした若者がワンサカ

日本=漫画なのです!しかもこの手のイベントが多い!
でも武道(柔道・空手・弓道)とか、墨絵、盆栽屋なども。

着物のままコンサートの合間に、店を物色していると
「写真撮らせてください〜」と
5歩毎に撮影大会!
…私コスプレじゃないよ
と思いながら、ウサギの耳と着物、和柄の靴
とかなりお買い物を楽しんでしまいました

ウサギの耳は、夏のアヴィニョン・フェスティバル
行われるソロコンサートでの、新しいクリエーション
に使いますが、普通に馴染んでいます

新クリエーションは、子供の為の箏弾き歌いです。
独りで、30分くらいの作品を芝居のようなコンサートで行います。
日時はまだ確定してませんが、7月9日〜16日の間。
アヴィニョン演劇祭に来る予定の方は、是非チェックしてみて下さい


ヒハラ活きてます! 

2009年04月14日(火) 21時49分
なんと月日の経つのは、早いのでしょう!!
暫くブログ書いてなかったなあ、と思っていたら、、
年が改まり、早3分の1が過ぎ去っていました。。

お陰様でヒハラは忙しく、充実したノマド生活を送っています!

パリのお弟子さんも増え、皆私を「ノマド先生」と呼びます。
2,3週間おきに、箏2面、三味線2丁、着物などを抱え
たくましく引越ししています。

パリは本当に春らしいいい陽気になりました。
今は八重桜が見頃
なかなかお花見をしている時間もありませんが、
目を楽しませてくれます。

3月〜コンスタントに、公演が続いておりまして、
5/19のLysee Internationalでの公演後
帰国致します。日本には、5/22到着です。
日本の皆様に再会をするを、楽しみにしています!

8月末〜日本で7人の作曲家(7人の侍ではありません)との
コラボ企画【Projet 828】(プロジェ・ハニワ)が始まります!
これは同世代の作曲家と演奏家が、面白い音楽を世に発信していこう!
との趣旨で、第回として、7人の同世代の日本人作曲家に、
箏・三味線・声を使った曲を委嘱し、日本とヨーロッパ(フランス/ドイツ/オランダ)
で8〜11月に掛けて公演を行ないます。

同時に、箏や三味線に興味を持った外国人作曲家も募り、
回は、外国人作曲家が作った邦楽器曲コンサートを企画し
日本と世界の若い作曲家の交流の場になったらいいと思っています。
同時に、邦楽がもっと自由で世界に通じる楽器として
広まって行ったらいいと願っています。

今回は、曲の編成上私が1人3役くらいで、演奏します
4月末が、曲の締め切り、どんな曲が出来上がってくるのか
うしし楽しみです!
詳細は、また追ってお知らせします。

最近、暇を見つけてよくダンスや芝居を観に行くようにしています。
何といっても、フランスは身軽に安く、いいものを見られますから。

先週末、Theatre de la Bastilleで[Jerk]というソロ・マリオネット公演に行ってきました。
70年のテキサスの未成年連続殺人事件の当事者のデビットが、
刑務所でマリオネットを作って当時の様子を書き綴って、
人形で再現していた事から公演に運びになったそうなのですが、
涙し、唾を吐き続け、狂ったようで、切々と苦しみを赤裸々に表現していました。
それを演じるでもなく、悲しんで苦しんで涙する彼の姿は
とても強烈で、表現って何だろう?と思いながら帰ってきました。

今日もこれから引越しです!
また、御機嫌よう〜
2011年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:haniwa
読者になる
日原史絵<HIHARA Fumie> 9歳から筝を、15歳から三味線を始める。 17歳で師範免状取得。 1998年、東京芸術大学音楽学部邦楽科卒業。 2004年アヴィニョン演劇祭での公演がきっかけとなり、 フランスを中心にヨーロッパ各国と日本を行き来しながら 演奏、創作活動を展開。 ソロ活動の他、ダンス、芝居、サーカス、映画など、 多くのジャンルとの共演を重ねる。 また、埴輪などに残る古墳時代のコト“ハニワゴト”の 復元、研究、演奏を試みる。 最近は、現代音楽作曲家とのコラボレーションに取り組み、 新たな箏・三味線の可能性に挑む。 音楽の枠に収まらない独自のパフォーマンスは ヨーロッパで高い評価を得ている。 フランス・アヴィニョン演劇祭、リヨン・オペラ座、 フェスティバル・ブルジュなど、多数のフェスティバルなどで 演奏を行うほか、録音も多数行い、現在4枚のCDが発売されている。 現在、パリ・横浜・山梨で箏・三味線指導を行う。
最新コメント
アイコン画像こまつ
» パリ*ハル (2011年03月08日)
アイコン画像ヒラメのえんがわ
» Recital de la Soprano (2008年08月24日)
アイコン画像やまもと。
» melodrama [Le Conte du Genji] (2008年03月29日)
アイコン画像さのる
» Concert+Expo (2008年03月21日)
アイコン画像さのる
» Lyonでコンサート+散歩 (2008年03月21日)
アイコン画像はにー
» Lyonでコンサート+散歩 (2008年03月20日)
アイコン画像はにー
» Lyonでコンサート+散歩 (2008年03月20日)
アイコン画像ぴらみ
» Lyonでコンサート+散歩 (2008年03月19日)
アイコン画像さのる
» Lyonでコンサート+散歩 (2008年03月18日)
アイコン画像さのる
» ☆ a 山梨 (2008年01月17日)
Yapme!一覧
読者になる