んあ〜 

2006年03月01日(水) 14時44分
しばらく日記はこっちでやっとります。

魔人んちへ行った 

2006年02月26日(日) 23時30分
朝から陰鬱な雨模様ではあったが、彼女と一緒に友人である所のニコニコ魔人ことMんめい氏の家へ遊びに行く事となった。が、正直気が進まないのである。というのは先日の日記の通りで、彼の子息に贈るべく購入し、配送を手配した物品が非常に微妙な物体だったからである。その物体とは『直径140cm越の木の切り株の形をした砂場という名目のタライ』だからなのである。オレの常識ではそんな品は部屋にあるだけで目障りかつ邪魔で仕方がないものだ。勢いとノリといたずら心で購入&送付したものの、後になって冷静に考えるにつけ、非常にマズい事をしでかしたのではないだろうかと自責の念に駆られたのである。
なんだか風邪のひきかけの割には異様に乗り気な彼女に連れられて地元駅でケーキを購入仕り電車に乗ると、目の前には腹を抱えて唸りながらへたり込む化粧の濃いオバはんがいた。青白い顔色でカタカタと震えている。朝っぱらから不吉な…とか思ったが、オバはんはすぐに電車を降りていった。生きてるといいな。
電車から魔人にメールして駅まで迎えに来て貰う。テコテコ歩いて魔人の住処に到着。…貧乏人の小せがれなオレ(しかも一家離散)の目になんかスゲェ豪華な一軒家が飛び込んできた。そこは細君の実家との事なのだが、なんでも祖父が医師であり、その診療所だった場所なんだそうな。すげ広い。憎い。
お邪魔して細君にご挨拶。結婚式以来である。続いてご子息に拝謁。頑是ない赤子である。魔人似だ。彼も将来は立派なニコニコ魔人になるだろう。
お昼をご馳走になり、食後の語らいをしていると呼び鈴が鳴ったものだ。急いで玄関までダッシュする彼に追いすがる。
オレ「手伝うぜ!」
魔人「はいぃ? なにが?」
彼は何が届くのか知らないのだ。その届け物にはおそらく手伝いが必要である事を知るのはオレと彼女のみなのだ。結果的に叱られなかったどころか大変喜ばれた。そりゃこんな広い家に住んでりゃこんなもん貰っても屁の河童であろう。ちょっと憎い。
そんなこんなで彼女の調子が悪そうなのでケーキ喰って早々においとましたものである。

頭痛い。 

2006年02月24日(金) 12時18分
頭が痛い経緯はココの日記の21日を読んで貰うとして、今日はなんか発売日だ。売れるといいなぁ。

赤2 

2006年02月19日(日) 22時48分
ニコニコ魔人の御子であるところの魔人子(ミジンコみたいでイメージ悪いな)への貢ぎ物購入リベンジに亀戸に行った。目指すはトイざラスである! ケバい輸入物とかありそうだしな!
<中略>
無事に購入仕ったものだ。送料で予算を軽くオーバーしてしまったが、まぁそれは愛嬌というものであろう。彼の驚く顔が目に浮かぶようだ。目に浮かぶ…と、とりあえず供物の届く日曜日に彼の家へ遊びに行こうかとコンタクトを取ったのだが…実は怖くて行けそうにない。本人と細君だけならいざ知らず、親子二代で赤銅色の鬼に変化して「持って帰れ!」とか言われたらまいっちんぐだしな!

帰りにT所兄ィに教えて貰ったらむちゃん家なるジンギスカン屋に入る。最初は別にうる☆やつらとは関係ないただのラム肉屋さんなのかと思ってたのだが…メニューに「ラム肉は脂肪分が少ないだっちゃ」とか書いてあったよ…。しかも文法としてそれは「ラム肉は脂肪分が少ないっちゃ」になるんじゃないのか? とケチをつけたくなるのを忘れるくらいには美味いよこの店。会計後にニヤニヤしながらラムネをくれるのが何だけど。
よくわからない日記になってますか?すません…。

 

2006年02月16日(木) 2時41分
やっとこさ仕事が一段落し、束の間の休息。一日ダラダラしようとも思ったのだが、思うところあって彼女と出かけたものだ。というのも、友人であるニコニコ魔人ことMんめい氏が授かったという世継ぎの生誕祝い贈呈の儀がずっと先延ばしになっていたからである。
さて、まず問題になったのは…彼本人+細君+ご子息orご息女=どこ住んでんだ??ということであった。マンションを購入したのは聞いていたが、引っ越したという話は聞いてないコトから察するに未入居なのであろうと思われる。今年届いた年賀状を片手に出撃したのだがその住所も怪しいもので、どうにも不安が収まらない。思い切って本人に電話。ケータイに住所をメールして貰い、現住所、御子の性別(男児・包茎)、芳名が次々と判明したものだ。
K糸町へGO。地下鉄なる店でサンドイッチを食して燃料補給した我々は、ネットで目星をつけていた赤さん本舗なる商店へ。デパートのフロアいっぱいの赤子グッズを見て回るが…最近のハイテク機器等に驚きはあったものの、なんか意匠も用途も真っ当なものが多すぎてMんめい一家にはそぐわぬ雰囲気。本人一家はなんと言うかは知らないがそぐわぬ雰囲気。やむなく隣の駅にあるといザらすに行ってみることにした。
再び電車に揺られて隣の駅へ到着。勇んで街道を抜けると妙に閑散とした雰囲気に目が点。掛けられた横断幕を高らかに読み上げれば、そこにあったのは年に一回の休業日なる一文であった…。一気に疲れて家帰った。
まだ疲れが抜けてませんか?そうですか…。

追伸
これまた旧知のOギーから電話が来ていたようだが、目覚めたのがこんな時間では如何ともし難い。

おまえんち 

2006年02月10日(金) 1時03分

い、い、い、 

2006年02月06日(月) 20時34分
忙しゃーーーーっ!

うおおおおおおおおお 

2006年02月01日(水) 12時24分
師匠に勧められたヨーデルロックバンドフォーカスのCDをアマゾンで注文したつもりがっ、デスメタルバンドシニックフォーカスなるアルバムを買ってしまったぁぁっ! 仕事忙しいからそんだけ。

お姫様が毎日喰ってるような味 

2006年01月30日(月) 0時49分
彼女と買い物に錦糸町へと出向いた。デパートでクリスマスプレゼントを買い(遅っ)電器屋でソフトを買い、CD屋で目当てのCDが売っておらず、南口をうろうろして疲れた我々は喫茶店にて一休みと決めこんだものだ。
オレはどこへ行ってもカフェオレかカフェラテを頼むのでそれをグビグビ飲みつつタバコをぷかり。彼女と談笑しながらの優雅な一時…と思いきや、彼女の喰っていたソフトクリームが問題を引き起こす。隣の席の主婦2人組の片割れが連れていた女童(めのわらわ・推定年齢3歳)が彼女の口元に30cmまで肉薄していたのです。「なんじゃこのガキは…」と思ったもので、何をしてるのかと気になって気になって仕方なかったのだが、女童が見ていたのは無論のことソフトクリームなのである。オレが気にしていると、喰ってる当の本人であるところの彼女も流石に気付いたようでイヤァな顔を浮かべている。オレと彼女の視線が合い、示し合わせたように2人でニヤリ。
彼女「美味し〜」
オレ「そか!美味いか!」
女童はあんぐりと口を開けている! こりゃもらったな。コイツはすぐにでも母親にアイスクリームをねだって駄々をこねるのだろう、フフフ…と思ったのも束の間、隣の主婦は女童に上着を着せていそいそと帰り支度を始めてしまうのだった。ああん、そんなぁ! あまつさえ、上着を着せた子供に向かって「お姫様みたいに可愛いよ〜」などとのたまっていやがりますよ。
彼女「はい、あ〜ん」
オレ「パク。うおっ!こりゃうンめぇ!なんつーかお姫様が毎日喰ってるような味って言うんですか?なんて言うか高貴な味。ものすげウメェッ!
…主婦2人と女童はさっさと帰っていきましたな。
大人げないですか? そうですか…。

くそう 

2006年01月24日(火) 13時44分
100m圏内とはいかないまでも、最寄り駅までの道程約5分の中ほどにあったのである。何が?って皮膚科ですよ皮膚科。正確に言うと『科』ではなくて、専門のクリニック。しかもなんか小綺麗で、若いおねーちゃんがピアスの穴を開けたり、ケミカルピーリングで顔の皮剥いたりするような小洒落たクリニックでしたな。よもや拙宅から3分程度の距離、しかもしょっちゅう通ってる道で、行ったことのある歯医者と同じビルにあったとは…これぞデッドアングルの盲点ですな!
早速、保険証を握りしめて足を踏み入れたクリニック。そこでオレを待っていたのは受付嬢のウェルカム胡散臭い目。全身真っ黒けのヒゲメガネが病院に入るとまぁたいていそうなので、できるだけ誠実そうな表情と声で「はじめてなんですが」と伝えるも、さらに胡散臭い目で見られた。患者かよ!なんかセールスとか新聞勧誘の方がマシだったみたいなツラである。
受付「じゃあ出してください」
オレ「なにを?」
受付「保険証」
一瞥もされずに言われたよ…なんなんだこの女は。そこでぷいと帰ることもできるのだが、ここはグッと我慢の子である。問診表を提出して待合室で待ち合わせること数分、呼ばれて診察室へ。医者とか看護婦さんは普通にイイ人だった。職業人っぽい忙しさと合理性を持っているように見えたのでちょと安心。結局、以前入院したのと同じデキモノであった。とにかく手術する以外に快癒はしないとのことなので予約を入れて血液検査用に採血されて退出。件の受付嬢に金を投げつけて早々に自宅にひきこもりに帰った。手術は2/7と決まったが…仕事の都合で行けるかどうか判らぬ。
どうして個人経営の歯医者とかクリニックとか診療所の受付の女(あえて受付嬢とは呼ばぬ)は不愉快なタイプが多いですか?そうですか…。
2006年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
書いてる人
オレ
オレこと僕です。
34歳。無職ですな。
好きな食べ物は梅干の天神様です。
最近書かれたもの
アイコン画像
»  (2006年02月18日)
アイコン画像オレ
»  (2006年02月18日)
アイコン画像
»  (2006年02月17日)
アイコン画像
» おまえんち (2006年02月10日)
アイコン画像Navi
» うおおおおおおおおお (2006年02月01日)
アイコン画像さっぽろ
» うおおおおおおおおお (2006年02月01日)
アイコン画像タドコロ
» お姫様が毎日喰ってるような味 (2006年01月30日)
アイコン画像
» くそう (2006年01月29日)
アイコン画像オレ
» くそう (2006年01月28日)
アイコン画像
» くそう (2006年01月28日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:hangpeng
読者になる
Yapme!一覧
読者になる