電子書籍の良し悪し

October 21 [Fri], 2011, 15:51
今年に入ってから書籍の電子書籍化というのが結構進んで来ているようで、いろいろなタブレットが発売されていますね。私も読書がすごく好きな人間ですので、このような便利なタブレットなどが出てくる事は嬉しいのですけども、これまで慣れ親しんだ紙の本が、ただのパソコンのデータになってしまう…という事には、何だかちょっと寂しいものを感じたりもします。

今のところ私が感じているその電子書籍のメリットというのは、海外サイトの英語の無料の小説などをダウンロードして読めるところですね。もちろん私は、英語力はかなり低く、英会話などもっての他!というレベルなのですけども、無料で自分の生活環境を英語漬けにできる…という事については、これらはかなり嬉しいものであると思います。

英会話ができるかどうか?という事が、一流のビジネスマンになれるかどうか?という事の分かれ目になっているような風潮もありますから、英語の勉強するという事については、私のような一流企業に勤めていないサラリーマンであっても、少しは意識しておかなければならない事だなというように思います。

とりあえずどのタブレットを購入するかという事については今まだ迷っているところではありますが、考えて見ると私の部屋が狭い原因というのは、本がたくさんある事が80%ぐらいの原因ですので、それがなくなることを考えれば、確かに随分と部屋のスペースを広く使えるようになるなと思います。

私の友達などは、本でなければ売ることができないから、電子データを購入するというのがなんかもったいない気がする…という事を言っていて、確かにそれも一理あるなと思いましたが、購入する時の価格を安くなるようですから、そのあたりとのバランスかな…というところですけどね。

プロフィール
  • アイコン画像 ニックネーム:かおりん
読者になる
P R