【 更新情報 】

スポンサードリンク

脳出血

脳内の血管が破れて出血し、脳内に血の塊ができた状態を脳出血と呼んでいます。

主な原因としては高血圧が考えられます。
脳腫瘍や血管の先天的な奇形が原因のこともあります。

出血が多いと、めまいや頭痛が起きたり、ひどい場合には意識を失います。
しかし、出血の程度が少ないと、自覚症状がないか、あってもはっきりしないことがあります。
このように、症状のないものや症状のはっきりしない脳出血を「無症候性脳出血」と言います。

脳検診で見つかる脳出血の多くはこの「無症候性脳出血」です。
無症候性脳出血のある方は今後症状のある脳出血を起こす可能性が高いと言えます。
今、症状がなくとも、予防のため内科等を受診し、必要に応じて血圧管理等を行うべきです。

脳梗塞

脳梗塞とは

脳梗塞とは、脳の血管が詰まってしまい、血液の循環が悪くなり脳細胞の一部が壊死してしまった状態です。

脳梗塞は大きく2つに分けることができます。
脳血栓:動脈硬化により、血管壁が厚く、硬くなり、そこに脳血管にできた血栓が詰まってしまった状態
脳塞栓:心臓でできた血栓が血の流れによって脳までたどり着き、脳血管を詰まらせた状態

脳は場所によって色々な働きをしていますので、梗塞ができた場所によってさまざまな障害が現れます。

小さな脳梗塞の場合、障害の範囲も小さく、症状が現れない(症状に気づかない)ことがあります。
これを「無症候性脳梗塞」と呼びます。
無症候性脳梗塞がある人は自覚症状のある脳卒中(脳梗塞、頭蓋内出血などの脳血管障害)を起こしやすいことが分かっています。
さらに高血圧の人の方が脳卒中を起こしやすいことも分かっています。

この無症候性脳梗塞を見つけるには脳検診でMRI検査を受けるとよいでしょう。
この脳MRIは磁力を使って痛みや危険を伴わずに体内(この場合は脳内)の状態を調べることができる装置です。
脳疾患の予防のためにも、リスクの高い方(中・高齢者で脳卒中の家族歴、高血圧、肥満、喫煙などの危険因子を持つ方)におすすめします。

もし、無症候性脳疾患が見つかったら、内科にて必要な治療を受けましょう。

肺がん

このブログでは健康、病気に関することについて考えていきたいと思います。

いきなり重いタイトルですが、「肺がん」は今、がん死の中で最も死亡数が多いのです。
がん自体が日本人の死因の第1位ですので、少し考えてみたいと思います。

死亡数が多いからと言って、治る見込みがない訳ではありません。
ただ、特有の症状がなく、進行した場合でも自覚症状がほとんどない場合もあるため、発見時にはがんが進行して治療が難しくなる場合が多いのです。

肺がんによる死亡数を減らすためには、早期発見しなければなりません。
そのためには定期的な健診を受けることが重要なのです。
また、特有の症状がないといっても、次のような症状がある場合には一度、医療機関を受診してみることをおすすめします。

<肺がんで見られる症状>
※ただし、肺がん特有の症状ではありません。
・しつこい咳
・しゃがれ声
・ぜーぜーした呼吸
・息切れ
・胸痛
・血痰
・顔首の浮腫(むくみ)

自治体が行う肺がん検診では主に胸部X線検査(胸のレントゲン)が行われています。
この検査でも肺がん発見に役立ちます。
しかし、限界があるのも確かです。
正面からのレントゲンでは肺の約1/3が心臓や血管で隠れてしまうのです。
また、2cm以下の小さながんが見つけにくいとも言われています。

任意で受ける肺がん検診では主にCT検査が行われています。
CT検査ではX線を照射する線源が360度回転し、肺を輪切りにしたように見ることができます。
そのため、死角が生じにくく、より早期発見につながるのです。

肺がんは40歳後半から、また喫煙者の発症リスクが高くなっています。
(発症リスクは、なんと、喫煙者は非喫煙者の約4倍にもなるのです!!)
また、喫煙者の周りにいる人も喫煙していなくても発症リスクが高くなることが分かっています。
自分自身だけでなく、周りの人のことも考え、是非、禁煙を考えてみてください。

そして、早期発見のため、任意の肺がん検診受診もおすすめします。
P R