鼻うがいの方法を覚えれば鼻づまりはスッキリするのか? 

2015年06月09日(火) 17時39分
花粉症や季節に関係なく、年中鼻づまり。わたしも以前は
そんなツライ日々を過ごしていました。


そんな時に、鼻うがいを友人にすすめられて、最初は
半信半疑でやってみることに。


【簡単な鼻うがいのやり方】

鼻の中を塩水で洗い流す「鼻洗浄」、通称鼻うがい。
やり方は慣れるととても簡単です。

鼻から吸って、口から出すという鼻うがいですが、
正しくやらないと、想像どおりむせます(笑)


◆鼻うがいで用意するもの

・コップ1杯のぬるま湯(200ml)

・塩 2g (ティースプーン1杯)


◆鼻うがいの方法


塩をコップに入れて食塩水をつくる

(約1%の濃度が人体の体液と同じ濃度で、
 鼻に入れても刺激が少ないです)

片方の鼻の穴を押さえて、もう片方から準備した食塩水を
 思い切り吸い込みます



吸いこんだ食塩水を鼻から噴きだす

最初の慣れないうちは、一発で鼻から口へ抜ける「うがい」は目指さずに、
鼻から鼻へ出す感じで少しずつに分けてやってみてください。

「すする」ような感じでOK。

最初は鼻から水が垂れてきて、全然吸い込むことが出来ていないように
感じるかもしれませんが、大丈夫です。


鼻うがいのあとは、鼻をかまない

鼻を強くかむと、汚れた食塩水が耳の中に入って中耳炎になってしまう
可能性があります。

軽くティッシュで押さえる程度にしましょう(^^)


【鼻うがいは危ない?】


鼻うがいは確かに慣れてくると、スッキリするんですが、
危ないよっていう声も見かけたりします。


鼻の粘膜を刺激してしまって、バリア機能などが
なくなってしまうという考え方からだそうです。

だから、1日に何回もやりすぎたり、洗浄中に
唾液を呑み込んだりはNGです。

なので、あくまでも鼻うがいは自己責任でという
ことになるんですが、

でも、鼻うがいをしないとすると、このツライ鼻づまりは
どうしたら良いの?って思ってしまうと思います。


そんな時にひとつおすすめなのは、『アロマ』です。

香りは脳にダイレクトに伝わって、体温調整とか、汗の
分泌などを管理してる自律神経に働くので、

鼻づまりに効果的なものもあります。
たとえば、ペパーミントとかユーカリの匂いを嗅いだことの
ある方は「スー」っとした経験もあるかもしれませんね♪

スプレータイプのものを服とかマスクにシュってしても良いし、
枕もとにアロマオイルをティッシュにつけて置くのもあり!


良かったら試してみてください♪


ただ、どうしても香りも慣れてしまいがちで、
「その時だけ」という感じもぬぐえない(+_+)


そういう時は、鼻づまり専用に開発されて
最近話題になっている「お茶」を試してみる価値アリかも。


鼻づまりが解消されると、仕事や家事もはかどるし、
夜もぐっすり眠れる♪

ご飯も美味しくなりますよ♪


話題の鼻づまり解消専用のお茶の詳細
利用者の声はこちら♪↓↓↓