子供の鼻の粘膜

January 22 [Thu], 2009, 22:05
子供は、大人に比べると鼻の粘膜がデリケートなので、
鼻づまりを起こしやすい傾向にあります。
鼻づまりの原因としては、子供は鼻の中が小さく狭いので、
鼻水が詰まったり、鼻から吸い込んだホコリなどで、鼻づまりを起こしてしまいます。
鼻づまりが原因で、夜あまり眠れず睡眠不足になったりすると、
日常での集中力が低下し勉強が手につかなくなり、
学力低下にも繋がる恐れもありますので、
たかが鼻づまりって言って侮ってはいけません。

子供と鼻づまり

January 22 [Thu], 2009, 22:17
鼻づまりはホコリなどの原因だけではく、
風邪の初期症状や花粉症、さらには何かのアレルギー反応として表れることがあります。
ですから、子供が鼻づまりを起こしたら、まずその鼻づまりの原因を探り、
そして、知る必要があると思います。
原因を調べないと、子供は鼻づまりがずっと続いてしまうので、
お子さんが可愛そうです。
特にアレルギー反応としてくしゃみや鼻水・鼻づまりが出た場合は、
今後の生活の個ことを考えてると注意が必要だと思います。

子供の鼻づまりの怖さ

January 22 [Thu], 2009, 22:24
子供の鼻づまりの怖さは、鼻の中が鼻水で詰まり、
鼻呼吸が出来ないってことです。
鼻呼吸が出来ないと自然に口呼吸になり、
特に冬など乾燥した時期(湿度が低い時)は、
口呼吸により喉や扁桃腺を痛めてしまうってこともあります。
さらに、鼻づまりはいびきの原因ともなりますし、
いびきや鼻づまりで夜熟睡できずに、
朝なかなか起きれないといったこともあります。

さらに、睡眠不足は日常の集中力が低下する恐れもあります。

子供の鼻づまり解消法

January 22 [Thu], 2009, 22:34
子供の鼻づまりの解消として、まず薬など使わずに解消する場合は、
鼻を温めることが有効です。
水で濡らしたタオルやおしぼりを電子レンジで温めると、
簡単に蒸しタオルが出来ますので、それでお子さんの鼻を温めてあげてください。
蒸しタオルにより鼻の粘膜が広がり鼻づまりが解消すると思います。

赤ちゃんや新生児などは、火傷の危険もありますので、
スポイドで吸ってあげるといいと思います。
赤ちゃん用品で鼻づまりを解消する専用のスポイドがありますので、
それを使えば大事な粘膜を傷つけることもないので安心です。

子供の鼻づまり解消法〜続き

January 22 [Thu], 2009, 22:42
一時的な子供の鼻づまりの解消なら先ほどの方法でいいと思いますが、
薬を使った鼻づまりの解消法もお伝えしたいと思います。
鼻づまりの薬を一般的に点鼻薬といって、
鼻の中の粘膜に直接薬液を吹き付け、鼻づまりを解消します。
直接鼻の中に入れても、鼻が痛くなることはありませんので安心してください。
点鼻薬のメリットは、飲むタイプの薬より副作用のリスクが少ないってところがあります。

さらに、胸などに塗る塗り薬もあります。
大体メントールが配合されていて、体に塗るとメントールの効果で
スースーして気持ちがいいですし、鼻づまりも解消します。
子供 鼻づまり