【 更新情報 】

スポンサードリンク

キャラメル

キャラメルとは、砂糖や牛乳を煮詰めて作るキャンディー菓子のこと。語源はポルトガル語のcarameloに由来する。

キャラメルは生クリーム・水飴・砂糖・バターなどを熱して溶かし、それを冷やして固めることで作る。 カラメルよりも低めの130度前後での加熱により作られる。 なお、グリコのキャラメルの場合、グリコーゲンも入っている。

キャンディー菓子の「キャラメル」に対して、「カラメル」は、水と砂糖を熱して作る。主に菓子やコーラのような飲料の風味付けに使用される。また、食品の着色料としても使われる(カラメル色素)。調味料としては、プリンに欠かせないものとなっている。

カラメルは砂糖を170度までゆっくりと加熱するとできる。砂糖が溶け、この温度に近づくと、分子が揮発性の化合物に破壊され、カラメルの色と香りの特徴が生まれる。

カラメルが出来るメカニズムはまだ完全に解明されてはいないが、還元糖が加熱されることで生じるフラン化合物が重合して生じる、フラン・ポリマーの構造を取るのではないかという仮説が提唱されている。

カラメル化と同様に加熱によって褐色色素が生じる反応には、他にメイラード反応があるが、これはアミノ酸と還元糖の両者を必要とするものであり、カラメル化とは異なる反応である。
Reference from Wikipedia

バレンタインも生キャラメル

花畑牧場の生キャラメルはバレンタインにもいいですね。男性だって、この味にきっとびっくりするはずです。大切な相手に生キャラメルは如何ですか?

バレンタインデーの歴史は、ローマ帝国の時代にさかのぼる。当時、ローマでは、2月14日は女神ユノの祝日だった。ユノはすべての神の女王であり、家庭と結婚の神でもある。翌2月15日は、豊年を祈願する(清めの祭りでもある)ルペルカリア祭の始まる日であった。当時若い男たちと娘たちは生活が別だった。祭りの前日、娘たちは紙に名前を書いた札を桶の中に入れることになっていた。翌日、男たちは桶から札を1枚ひいた。ひいた男と札の名の娘は、祭りの間パートナーとして一緒にいることと定められていた。そして多くのパートナーたちはそのまま恋に落ち、そして結婚した。

ローマ帝国皇帝クラウディウス2世は、愛する人を故郷に残した兵士がいると士気が下がるという理由で、ローマでの兵士の婚姻を禁止したといわれている。キリスト教司祭だったウァレンティヌス(バレンタイン)は秘密に兵士を結婚させたが、捕らえられ、処刑されたとされる。処刑の日は、ユノの祭日であり、ルペルカリア祭の前日である2月14日があえて選ばれた。ウァレンティヌスはルペルカリア祭に捧げる生贄とされたという。このためキリスト教徒にとっても、この日は祭日となり、恋人たちの日となったというのが一般論である。しかし、この逸話には歴史的背景の説明が必要である。初期のローマ教会は、当時の祭事から異教の要素を排除しようと努力した跡がみられる。ルペルカリア祭は排除すべきだが、ただ禁止しても反発を招くだけであったため、教会にはこの祭りに何かキリスト教に由来する理由をつける必要があった。そこで兵士の結婚のために殉教したとされるバレンタイン司教の助けを借りることにしたと考えられる。こうしてキリスト教以前からあったルペルカリア祭は、バレンタイン由来の祭りであると解釈を変更され、祭りはその後も続いた。前述のくじ引きでパートナーを選ぶ話も、ローマの宗教行事は野蛮であるという印象を与えるために初期キリスト教会によって創作されたものである可能性もある。

バレンタインデーとロマンチックな愛が関連付けられている文書のなかでも現在のところ確認されている最古のものはジェフリー・チョーサーのParlement of Foules(1382)である[1]。

第2バチカン公会議後の典礼改革で、史実の上で実在が明らかでない聖人たちが典礼暦から整理された際に、2月14日のウァレンティヌスの記念日は取り除かれた。このため現在、カトリックでは、祝われていない。事実、聖バレンタインに関する伝説は複数あり、没年が異なっていたり、細部が異なっていたりするものが複数伝えられているため、ウァレンティヌス自身の信憑性は低い。
Reference from Wikipedia

花畑牧場の概要

百貨店やスーパー等で開催される北海道物産フェア等でも「花畑牧場」ブランドの食品が販売されている。中でも『生キャラメル』は独特の柔らかさと舌触りが特徴で、新千歳空港や大丸札幌店などでも売られる人気商品となっており、花畑牧場を代表する商品となっている。メディアで取り上げられるようになって以降、オーナーの田中が番組に出演する際に手土産として持ってくることもある。


それ故に東京出店の話が数知れずあったが、全て断っている。逆に通信・ネット販売に力を入れており、通信販売専門チャンネルであるQVCでも田中本人が出演し、さまざまな「花畑牧場」ブランドの商品を不定期に紹介、販売している。インターネットでの販売も積極的に行っており、2008年(平成20年)11月11日にはYahoo!ショッピングにも出店した。


2008年5月2日付で商標出願されている[1]がオリジナルではなくノースプレインファームのレシピを元に製造している。供給量が非常に少なく1人5個までしか購入出来ないことに端を発する恐喝事件や、人気商品であることに由来する類似表示事件などが発生している。

2008年10月には花畑牧場の生キャラメルと偽り販売していた商品が埼玉県内のスーパーで販売され、その商品からメラミンが検出され騒動になった。花畑牧場では偽製品にメラミンが混入されているという報道がされた以前に商品に対して不正競争防止法違反容疑で刑事告訴していた。偽製品はラベルに「花ばたけぼくじょうの生キャラメ」と記載されている。

開業当初はジャージー牛が1頭いるだけだった。このため税務署から「牧場をやっているのかペットを飼っているのかはっきりしてくれ」と苦言を呈されたという。現在は、牛、羊、馬、豚などに加え、かつて雷波少年で活躍したロシナンテというロバも住んでいる。
花畑牧場という名前ではあるが、設立当初から現在に至るまで場内に花畑が作られたことは一度もない。田中曰く「当時4億の借金があってそれどころじゃない」との事(現在は既に完済)。敷地の隅っこに小さい花壇がある位である。 Reference from Wikipedia

花畑牧場

株式会社花畑牧場(はなばたけぼくじょう)とは、1992年(平成4年)に設立され北海道河西郡中札内村に本社を置く、牧場経営・食品の製造販売などをする企業である。代表取締役はタレントの田中義剛。

経営する牧場は本店所在地と同じ場所にあり、十勝地方の観光地のひとつとなっている。

食品事業では、北海道内の観光地や百貨店等で、花畑牧場ブランドの生キャラメル・アイスクリーム・チーズ・プリン・ケーキ等を販売するショップを直接開設する[2]。

STVラジオの番組『よしたけの北海道は夢牧場』(日曜正午〜12:30放送)のスポンサーである。

市場情報 非上場
本社所在地 〒089-1372
北海道河西郡中札内村元札内東4線311番地6
電話番号 0120-929-187
設立 1992年5月7日
業種 水産・農林業
事業内容 動物の飼育・売買
畜産食料品の製造販売
野菜等の製造販売
タレントマネジメント
牧場の観光事業
代表者 代表取締役社長 田中義剛
資本金 2000万円
売上高 50億円
従業員数 500名
主要株主 (株)アップフロントグループ 100%

経営する牧場は本店所在地と同じ場所にあり、十勝地方の観光地のひとつとなっている。

食品事業では、北海道内の観光地や百貨店等で、花畑牧場ブランドの生キャラメル[1]・アイスクリーム・チーズ・プリン・ケーキ等を販売するショップを直接開設する[2]。

STVラジオの番組『よしたけの北海道は夢牧場』(日曜正午〜12:30放送)のスポンサーである。

Reference from Wikipedia