本当のありがとうはありがとうじゃ足りないんだ 

2006年04月13日(木) 23時13分
はい、オージーひょーりゅー記もやっとこさ終わったことだし

ここの更新頻度はますます減っていったことだし

もう一個のきもいブログの語りはせっせと更新してるんですが

ほんとこのヤプログの管理ページに最近入れなくて

イライラしてたんですが、前ちょっと言ってたんですけど

このブログは更新しないということにしようと思います



更新頻度も2週間に一回とか最悪の場合1ヶ月に一回とかなりそうなんで・・

リンク貼ってもらってる方々に悪いなと思いつつ

てか、別にこんなくそブログ待ってる人もいないでしょうが


・・・

でも、猛烈に日記が書きたくなるときもあるんだよなー
あー優柔不断!!
でも、とにかくヤプログは色々不便なのでこの「ソラソラ」での更新は終わります

もう一個のきもいブログは絶賛バリバリ更新しますんで
もし、物好きな方(いるのか?)はあっちの方に
リンク張り替えしてもらえれば・・と思います
もう一個のきもいやつ→「日々、空想」

そんな感じで約1年間
くそつまらないハチの文章にコメントくれた方 相互リンクしてくれた方
閲覧してくれた方ほんとにありがとうございました!!
そしてすいませんでしたー!!

オージーひょーりゅー記 ふぁいなる 

2006年04月01日(土) 23時59分
もう4月なってもーたやんけぇぇぇ!
4月までに終わらせる計画がぁぁぁ!
あまりにも伸ばしすぎたのでまったくもって適当になってしまいました
計画性のなさがこんなところにも!

とりあえず終わらせました
まったくもってつまらんです
所詮こんなもんです ハチの文章力は


これは、去年の春休み
英語下手なハチが一人で約2ヶ月間
オーストラリアで過ごした時に起った様々な事柄を記した
ノンフィクションストーリーである




そんな感じで最後のオージーひょーりゅー記見たい人だけ下記からどうぞ

第二十話 『ケアンズにて』

第二十一話 『ロンリーウルフでもいいじゃない(きも』

第二十二話 『準備は前もって』

第二十三話 『さようなら また会う日まで』

散々引っ張ってこんなんですいません
床に頭をこすりつけるくらい土下座をしております

第二十三話 さようなら また会う日まで 

2006年04月01日(土) 23時56分
空港に着きチェックインを済ませると
桃ちの携帯にお別れを
Y姉さんとも
絶対また日本で会おうなと言って電話を切る
今考えたら電話代だけでかなり金使ったような気がする

セキュリティチェックのとこで迷い
関係者以外立ち入り禁止っぽいとこに迷い込み
係員さんに「君はここで何をしてるんだ」と言われ恥ずかしかった

空港で適当にお土産を買い
(そう言えばオージーではCDくらいしか買ってない
余裕こいてたら飛行機乗り遅れそうになって焦った

セキュリティチェックであのよく機械を体に当てるやつ
に無作為に選ばれてびびった
爆弾なんて持ってませんよ?でも貴重な体験
チャイニーズ?て聞かれるし 違うし

で、いよいよ出発 take off
さよならオーストラリア!多分もう来ないよ
あ、旅行で来るかも ウルルにね

機内で「いま、会いにゆきます」(Be with you)を観ました
下に英語の字幕が出てた
色々勉強になるね
いい感じでした
あと音楽聴いてた


で、行きと一緒でシンガポールで一回乗換えで
3時間くらい待ち時間あったから荷物整理して
トイレに行こうと立ち上がって歩いてたら
肩を叩かれたので振り向いたらどうやら忘れ物をしてたらしい
明らかに日本人のおばちゃんってわかってたんやけど
思わず「sorry」って言ってしまった 
んなら「日本、日本」って言われた(笑
習慣って怖いわ



そして搭乗
電池に反応して手荷物検査でひっかかる
ひっかかってばっかりやな かっこ悪いわ
日本人多っ!当たり前や 日本行きやもん
どいつもこいつも旅行帰りかこの野郎!楽しかったかこの野郎!
うち顔死んでるわ 寝てないんじゃボケェェェ!(八つ当たり

そして飛行機に乗るとさっそく「スパイダーマン2」を観る
字幕は中国語でした めっちゃみにくい
しかも途中眠くて色々見逃した
ヘッドフォンつけすぎて頭痛くなったし
ほとんど寝れないし とことん睡眠不足でした

日本についたら温度差にびっくり 寒い!
ただいま、日本!やっぱ日本が最高だよ
日本人でよかったよほんと
でも、人の多さにうんざり
オージーは時間の流れが緩やかやったから
現実に引き戻された気がする
そんな貴重な2ヶ月間でした

第二十二話 準備は前もって 

2006年04月01日(土) 23時53分
ケアンズを飛び立つ飛行機の中で
グレートバリアリーフを眺めてたら前の外人さんが
窓からバシバシそれを写真撮ってて
ガラス越に撮ってもあんま綺麗じゃないだろと思いつつも
窓側だったので便乗して写真撮りました
(現像したら案の定あんま綺麗じゃなかった・・

そんなこんなでブリスベンに到着
降りるときに滑走路っぽいところ歩いたので
心の中で「グッドラック!」と叫び親指微妙に立てておく

スーツケースゴロゴロ引きながらとりあえず電車に乗り
トランジットセンターというとこ(バッパー紹介とかしてくれる)
に行ったら休みでかなり凹む
とりあえず情報誌見ながらバッパーに電話

どこもno roomなんですけど!!

ヤバイ!なめてた!
予約せんでもいけるわとか調子こいてたら
その日丁度イースターの日で店とか公休で休みのとこ
多いんだった!
いつもなら即日で来てもバッパー部屋開いてるんやけど
みんなその日は一杯やったのだ

寝袋生活決定か?
空港に泊まるか?
駅で泣きながらしばらく座ってた(本気で泣いた
ハチ 帰国一日前にして泊まるとこがないという絶体絶命のピンチ!

とりあえず桃ちの携帯に電話して話したらちょっと落ち着いた
(心配させてごめんよ
そして駅でポテチ食った後(携帯持ってないから公衆電話で小銭いるから)
もう一度電話かけまくったら
一軒ヒットした!
「今すぐ来い」って言われたから必死で行く
つーか、スーツケース重いんじゃボケェェェ!!
よっぽど捨ててこようかと思った 本気で邪魔

住所よくわからん どこどこ?と思ってたら
人気のバッパーとバッパーの間にあったよ
しかもおっちゃん外で待ってたよ!
夫婦でやってるバッパーでした

シングルルームですごい安かったんやけどね
めっちゃ汚い 他に客が見当たらないんですが・・
でも、いいや 今のハチには寝れるとこが確保できれば満足ですわ
一安心して荷物を置き、探索に出かけました


教会やらが可愛かったので写真撮りまくった



イギリスっぽいのが残ってていい感じです
(ハチはイギリスの建物とか大好きです

案の定道に迷って帰ってくるのに時間かかりました
方向音痴どうにかなりませんか?

第二十一話 ロンリーウルフでもいいじゃない(きも 

2006年04月01日(土) 23時51分
いよいよパロネラパークツアーに行く日

日帰りツアーは日本語ガイド付きを申し込みました
英語ガイドの方が値段が安いんだけど、
何言ってるかわからんし・・とチキンっぷりを発揮したハチ

集合場所には見事に日本人ばっか!(当たり前)
オージーに来て日本人おるとこばっか行ってどうする!
と思ったけど、いいんだ旅行だから 
しかも、参加者みんな家族連れとかカップルとかで
一人で来てるのハチだけ!
やけど、いいわ!この際、思いっきり楽しんだんねん!
とバスに乗り込みました

ガイドのお兄さんは日本語ペラペラで・・
ちょっとかっこよかった(そこかよ
うちらには日本語で、バス運転手さんには英語で話してて
かっこえーバイリンガル!


なんか着くまでの間「一人ずつ自己紹介して下さい」って言われて
前に座ってる人から自己紹介していってた

ハチの番になり
「えーっと、ファームスティをしてて帰国する前に旅行をしてから
帰ろうとこのツアーに来ました」

ガイドさん「ファームスティって牛を殺したり?」

殺しません

ハチ「いえ、馬を」
ガイド「殺したり?」

だから殺さんって!

ファームスティってそんな印象なのか?

他にもハネムーナーの方がいてその人たちに
「いつ別れる予定ですか?」とか聞いたり
なかなかユニークなガイドさんでした



そしていよいよパロネラパークに到着

ええ、ラピュタぽかったですよ

でも、まぁ普通の城ですがね


わかりにくい写真ですまんそ
とりあえずこのてっぺんに上って「バルス」と呟いておきました
そして「写真撮ってください」と頼みまくる
一人でも楽しんでやるぜ

しばらく説明を聞いた後自由行動
それぞれ好きに散らばって探索

第二十話 ケアンズにて 

2006年04月01日(土) 23時43分
ケアンズに到着

空港からシティ・エアポーターという
Taxiより大きくバスよりかは小さいワゴンみたいな車に乗り
(うち一人やった・・)
市街地まで出る

地図を見ながら予約しておいたバッパーに向かうが・・

ウロウロウロウロ〜

一向に見当たらない


それもそのはず入り口こんなんやもん


せまっ!普通に通り過ぎてまうわ!



狭い路地を入るとこんな感じ


階段上って受付します

が・・

ハチの荷物思い出してください・・







無駄にでかいだけの
スーツケース

旅行初心者丸出し











Backpackerとはその単語の通り
バックパックだけで旅行する人のことです
バッパーとはその人たちのための安い宿です
5人部屋・10人部屋でベッドだけの部屋とかです
つまりそんなとこにこんなでかいスーツケースは邪魔なわけです
階段も一人が通れるくらいの広さ
それをえんやこらえんやこらと持ち上げて上るわけです
当然降りてくる人もいるわけで・・明らかに通れないわけで・・
しかも重いわけで・・
頑張って上ってると見知らぬキレイなお姉さんが手伝ってくれました
でも、明らかにでけーな、オイ!的な視線でした
ほんとすいません

オージーひょーりゅー記 

2006年03月25日(土) 1時22分
だから間空きすぎだっつーの

放置しすぎて笑いそうです


お土産にもらったひょっとこまんじゅう



包みのところが丁度手ぬぐいみたいになってて面白い



まぁ、包みはずしたらただの坊主ですけど・・


よく出来てておいしゅうございました

ありがとう!知り合い!



ご無沙汰しすぎです ハチです




さっさとオージーひょーりゅー記進めよう

もはや記憶が曖昧なので


これは、去年の春休み
英語下手なハチが一人で約2ヶ月間
オーストラリアで過ごした時に起った様々な事柄を記した
ノンフィクションストーリーである



興味のある方は下のリンクからどうぞ


ちなみに登場人物は第九話参照


第十八話 『ファームこもれ話』

第十九話 『○○の中心で・・』

もはや何の面白みもない連載になってきた・・
(最初から面白くなかったですね


第十九話 ○○の中心で・・ 

2006年03月25日(土) 1時17分
ファームスティを約二ヶ月間していたハチだが、

もうそろそろ春休みが終わり日本に帰らなければならない

しかし、せっかくオーストラリアに来たのに

このままファームスティだけで終えるのは

あまりにももったいない

少しだけでも観光がしたい


ということで、ファームを去って観光して帰ることにした


さてどこに行こうか・・・


最初に考えたのがやっぱオーストラリアっていったらあそこだよな・・


世界の中心ウルル

世界の中心で「基央」と叫びたい
それかウルルを歩きながら「ロストマン」を熱唱したい(プロモのイメージ)
←どこに行こうがバンプが大好きですが何か?


・・・・


遠い上に金ない


一瞬で却下

ファームの中心で叫んでおきました
本物はまたいつか行くよ



次に考えたのは
どうせなら世界遺産を見たい

オーストラリアは世界遺産の宝庫です

そうだ!グレートバリアリーフに行こう!


・・・


グレートバリアリーフって一杯あるのね・・
何島がいいの?っていうか、その前に泳げない
んで、この時期ケアンズって雨期なのね


どうしようか・・ケアンズ・・キュランダ・・・

第十八話 ファームこもれ話 

2006年03月25日(土) 1時10分
そんなわけでオーストラリア滞在の大半をファームで過ごしたハチだが

他にもいろいろな話がある


あげればキリがないので印象に残っていることを書き綴ってみる



その1 「懲りないやつ」

英語下手なのに調子乗って結局長続きしないハチ
(関連記事)

なのに、また調子に乗りやがりましたこいつ

offの日に街に出たときに本屋さんに寄り本購入


その名も

「THE HOBBIT」



ロードオブザリングのホビット族のお話

さっそく次の休みとか暇を見つけて辞書片手に読み進める


児童書やから簡単にさくさく読める・・






わけないじゃろが!

1ページ読むのに時間かかりすぎだろ

つーか、電子辞書つぶれて分厚い辞書しか持ってねーっつーの!

めくるのめんどくさいわ!


しかも、休みの日にテラス(とかそんなお洒落なとこじゃないけど)で読んでたら

チェルシーの娘(小学4年くらい?)が来て

「それあたしもう読んだわ」←この子読書家 いつも分厚い児童書読んでる

「ゲームも出てるのよ それ」と言ってわざわざ部屋に戻りゲームを見せてくれる


ハチ「へぇー あ、でもこれあたしには少し難しいかも」
本を指差しながら苦笑い

「そう?あたしには very easyだったわ」

かなり上から目線で言い去っていく娘


・・・


負けた

いやいや・・彼女にとっては児童書なんて簡単だろうな
そうだよ あの子はこれが母国語なんだから
そうそうそう・・


・・・


結局四分の一しか読めず(最後のほうはもはや勝手に自分で解釈)
懲りないハチはまた中途半端に終わった

学習能力ゼロな自分に絶句

オージーひょーりゅー記 

2006年03月04日(土) 23時51分
いつまでバレンタインの記事なんだよ

っていうくらいこっちの方ほったらかしにしてました

すんません


家の洗面所の電球が切れかけで
電気つけてもぼやーっとしか明るくならないので
深夜寝ぼけててトイレ行った後手洗おうと洗面所の電気付けたら
周りが暗い中でぼやーと鏡に自分の顔が映ったのを見て
めっちゃビビッた

ハチです(前置き長いよ



とりあえず出来る限りオージーひょーりゅー記進めます

久しぶりすぎて前どんな書きかたしてたか忘れました

もはや記憶もおぼろげです


これは、去年の春休み
英語下手なハチが一人で約2ヶ月間
オーストラリアで過ごした時に
起った様々な事柄を記したノンフィクションストーリーである




ただいまもっぱらファームスティで起った事柄ばっか
(大半をファームスティで過ごしたので)


興味のある方は下のリンクからどうぞ

第十六話 『よーく考えよう』

第十七話 『ドリームワールド』
■生態■
*名前*ハチ
*性別*♀
*生息地*浪花
*職業*学生(ニート一直線)
*属性*人見知りの万年ヘタレ  妄想癖
2006年04月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
アイコン画像Dorette
» hottokenai? (2008年06月01日)
アイコン画像zcwnft
» hottokenai? (2008年05月20日)
アイコン画像ハチ
» 第二十三話 さようなら また会う日まで (2006年04月13日)
アイコン画像ハチ
» 第二十二話 準備は前もって (2006年04月13日)
アイコン画像ハチ
» 第二十話 ケアンズにて (2006年04月13日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:hanarebi
読者になる
Yapme!一覧
読者になる