赤く腫れた痛い鼻の下のニキビを早く治す方法!薬不要!

October 05 [Wed], 2016, 12:30
顔全体にニキビができるものの、特に鼻の下にニキビができやすく困っていました。治ったと思ったらすぐにまたニキビができはじめ、あっという間に赤く腫れて痛いニキビに悪化。

隠そうにも隠し切れる場所ではないので、誰かと話すときにはうつむき加減になってしまうことが多かったんですが、そんな私もニキビの悪夢からようやく解放されました。



どうやったらニキビの繰り返しから抜け出すことができるのか?徹底的にニキビケアの方法を試した結果、ニキビがさっぱりできなくなりました。

以前なら悪化していたかもしれないニキビも、大きくなる前に自然に小さくなってくれるようになったんですが、私がどんなニキビケアをしているのか?その方法をこのブログで詳しく紹介しています。



■鼻の下のニキビの原因

ニキビが同じ場所に何度も繰り返しできる原因。それは肌の汚れが原因です。その部分が集中的に汚れやすくなっているんです。

過剰な皮脂分泌ももちろんニキビの原因なんですが、鼻の下と言えば、鼻水が付きやすい場所ですし、食べ物の食べかすや汁が付きやすい場所でもあります。



口の周りに飛び散った汚れを適当に拭いただけでやり過ごしてたら、それが肌にとって汚れとなります。毛穴を詰まらせるし、雑菌のえさになったりもします。

赤ニキビができるのは毛穴の中で雑菌が以上に繁殖することが原因。ニキビケアは、肌を徹底的に清潔な状態に保つことが大前提となります。



■ニキビを早く治すには?

肌が汚れないように細心の注意を払い、なおかつこまめに洗顔を続けることがニキビケアでは必須ですが、ニキビを早く治すにはどんなに短くても1ヶ月はかかります。

私たちの肌は新陳代謝を繰り返していて、あたしい皮膚が常に肌の奥で生まれています。約一か月をかけて肌表面へと押し出されていき、最後は剥がれ落ちる仕組みになっています。



ニキビを治すには、新陳代謝に合わせてニキビを肌から追い出すしかないため、ニキビを完全に治すには1ヶ月くらいの時間はかかってしまうわけです。

早く治そうと思って焦っても、肌に余計な負担をかけることになって、それがまたニキビを悪化させる危険を伴います。1ヶ月は辛抱強く丁寧なニキビケアを続けるべきです。



■新陳代謝の改善にはこれ!

ニキビができている場合、ニキビによって新陳代謝が妨げられています。そこで肌の新陳代謝を促す効果のある美容成分を肌に加えて新陳代謝を促すことで、ニキビをできるだけ早く治すことができます。

ニキビケア用品にはいろんなものがありますが、おすすめなのはビーグレンです。ビーグレンは浸透力に優れていて、美容成分を肌の奥までしっかり届けることができます。



ニキビの裏側まで回り込んで、肌の新陳代謝を促すことができるため、肌の内側からニキビを押し出していってくれるわけです。

ビーグレンならトライアルセットが用意されていたし、正規品も返金保証がついていたので、試しに使ってみたんですが、効果は驚くものがありました。



トライアルセットを使い切るころにはすでにニキビ跡の赤みがうっすらと消え始めたんです。そして正規品に切り替えてケアを続けたところ、新しいニキビがほとんどできなくなりました。

ニキビになりそうなぶつぶつができても、大きくなる前に勝手に消えるようになって、既存のニキビもぱっと見るだけではほとんどわからなくなりました。



自分の肌に自信を持てるようになったおかげで、メイクにもいろいろ挑戦できるようになり、週末は何の用がなくても街に出かけるようになりました。

私の肌からニキビを追い出してみずみずしさを取り戻して来れたビーグレンがこれです。今ならまだトライアルセット&返金保証がついているので、効果を試してみるなら今のうちですよ。
↓↓↓