はじめに(その2)〜生まれた時からすでに悪者であるっというつらさ〜

2005年08月21日(日) 15時40分
「冷房はあんまり使うな」とか「携帯やパソコンじゃなくて直接ひと…」なんて言われたら、もう最悪。だって、これはこういう意味だもの。「お前は間違った悪い世の中に生まれて来た忌わしい鬼ッ子なのだ。わかったか!わかったら、反省して俺の言う事をよく聞け!!」極端なようだけど、ようするに、こういう事。今の世の中、こういう事を言ってる人や団体はいっぱいあり過ぎて、逃げ回るのにも、疲れるぐらい。
 いつからか、日本人にとって、あるいは現代人にとって、自分をその存在する世界ごと全否定する事は、只の日常茶飯事になってしまいました。こんなんでびびってたら、それこそ生きて行けない。そこにはまって「反省とお詫び」の毎日になったら、これはもう、日常じゃなくて、宗教だか修行だか…ようするに「カルト」の世界。潔癖症、不潔恐怖、外の世界は全部敵で、自分達だけが、正しくて、自分達の正義の為なら手段は選ばない。
 「今の子」というのは、例えば、野生の熊が沢山いる地方の小学生が、ランドセルに熊よけの鈴をつけて通学するように、心にカルトよけの鈴をつけて歩いている。この鈴は「関係ない」と鳴るわけです。熊よけと違うのは、本能的な自己防衛で本人も無自覚でやってるモンだから、本人も周りの大人もそれを良い物だと認めていない。「関係ねぇよ」は実はこういう必死の祈りにも似たような、半分「命がけ」みたいな行為だったんですが、誰もそんな事言わないから、いつまでたっても、スッキリしない。いっそどっかにハマるか、あるいは無茶苦茶やったり、過激な事を言ってる有名人にでも共感して、憂さをはらそうかと、いつも揺れている。日常が愛せなくなれば、すぐにカルトの大穴が足下にポッカリ…。
 「歴史認識」なんて、こういう事をちゃんと押さえなきゃ、何の意味もない。学校の教科書や、靖国神社の話しをいくらしたって、何も前には進まない。なぜなら、只でさえ全否定が日常なのに、その上日本に生まれただけで「罪」であるという雰囲気があるから。
 (その3に続く)
 
  • URL:http://yaplog.jp/hanano-raika/archive/6
コメント
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。