はじめに(その2)〜生まれた時からすでに悪者であるっというつらさ〜 

2005年08月21日(日) 15時40分
「冷房はあんまり使うな」とか「携帯やパソコンじゃなくて直接ひと…」なんて言われたら、もう最悪。だって、これはこういう意味だもの。「お前は間違った悪い世の中に生まれて来た忌わしい鬼ッ子なのだ。わかったか!わかったら、反省して俺の言う事をよく聞け!!」極端なようだけど、ようするに、こういう事。今の世の中、こういう事を言ってる人や団体はいっぱいあり過ぎて、逃げ回るのにも、疲れるぐらい。
 いつからか、日本人にとって、あるいは現代人にとって、自分をその存在する世界ごと全否定する事は、只の日常茶飯事になってしまいました。こんなんでびびってたら、それこそ生きて行けない。そこにはまって「反省とお詫び」の毎日になったら、これはもう、日常じゃなくて、宗教だか修行だか…ようするに「カルト」の世界。潔癖症、不潔恐怖、外の世界は全部敵で、自分達だけが、正しくて、自分達の正義の為なら手段は選ばない。
 「今の子」というのは、例えば、野生の熊が沢山いる地方の小学生が、ランドセルに熊よけの鈴をつけて通学するように、心にカルトよけの鈴をつけて歩いている。この鈴は「関係ない」と鳴るわけです。熊よけと違うのは、本能的な自己防衛で本人も無自覚でやってるモンだから、本人も周りの大人もそれを良い物だと認めていない。「関係ねぇよ」は実はこういう必死の祈りにも似たような、半分「命がけ」みたいな行為だったんですが、誰もそんな事言わないから、いつまでたっても、スッキリしない。いっそどっかにハマるか、あるいは無茶苦茶やったり、過激な事を言ってる有名人にでも共感して、憂さをはらそうかと、いつも揺れている。日常が愛せなくなれば、すぐにカルトの大穴が足下にポッカリ…。
 「歴史認識」なんて、こういう事をちゃんと押さえなきゃ、何の意味もない。学校の教科書や、靖国神社の話しをいくらしたって、何も前には進まない。なぜなら、只でさえ全否定が日常なのに、その上日本に生まれただけで「罪」であるという雰囲気があるから。
 (その3に続く)
 

はじめに(その1)〜生まれる前からすでに「悪者」というつらさ〜日本に生まれた若い世代を覆う不条理感と 

2005年08月21日(日) 15時05分
人間にとって、他人に、自分が生まれる前の話しをされるのは、テンションの高い経験です。大抵はウザイ。場合によってはドキドキする。
 生まれた時からテレビのある世代にとって「昔はテレビなんてなかった…」なんて始まると、もうダメ。朝、「電車の定期がない」なんて、騒いでいる時に、たまたま夕べから泊まってたお婆ちゃんなんかが、「贅沢になってねぇ、私の頃は毎日これくらいは歩いてたよ」なんて、言われた日にゃぁ…。岡崎京子さんのマンガ『ジオラマボーイ・パノラマガール』の冒頭に、こんなような場面が出て来ます。
 若い世代は、こういう時の聞き流し方、無視の仕方はすっかり鍛えられています。表面的には、まったく関係ないという態度をとる。「関係ない」はサヴァイバルの知恵なんですね 
 しかし、内面では、ふる〜い傷口がジクジクと疼いている。
 電車も携帯もパソコンも冷房だって、別に自分のせいで、そこにある訳じゃない。でも、そこでお婆ちゃんにそう言うと「そうだよ。お前の親が悪い。甘やかすから…」とか「そもそも今の世の中が悪い」とか言う事になる。これは自分が悪く言われるよりも、何百倍もタチが悪い。だって自分の存在そのもが、自分が存在する世界もひっくるめて全否定されてるんだもの。
(〜その2に続く)
(岡崎京子『ジオラマボーイ・パノラマガール』については、カテゴリーの裏”80に続く)

そもそもの始め〜父母のことをチラリ 

2005年08月21日(日) 1時00分
貧乏な朝鮮人が、大抵そうであるように、我が家は、朝鮮総連のお世話になっておりました。それで今だに「金日成将軍を讃える歌」が歌えます。しかし只のカタカナで覚えたので、歌詞の意味は分りません。正式なタイトルも知りません。父は本気で共産党をやってました。つまり、本気で革命をやるつもりだったわけです。しかし、共産党は革命闘争をやっていた癖に「平和人権反帝国主義」とお題目を唱えているうちに、自己矛盾を起こし、政治団体というより、むしろ宗教団体のようになってしまいました。今じゃ戦うどころか小学校の運動会まで「競争させちゃ可哀想だ」なんて言い出す始末。革命をせずスローライフにはまる「共産党」なんてカフェインのないコーヒーみたいなモノで、そもそもなんのために存在しているのか、わかりません。おかげで自民党からは相手にもされず、公明党だけに(宗教だから?)目の敵にされてます。父は私よりも典型的なADHDで、衝動的だけど、頭が柔らかいので、こういう矛盾にすぐ気がついてしまいました。機動隊の催涙ガス弾を素手で投げ返していた父は「カクメイ」の「ヘイタイ」だったわけで、戦わない共産党には、用なし。挫折です。
 母は学校の先生で当然のように日教組でした。つまり共産党カップルで2人は夫婦別姓でして、戸籍上は、内縁関係。私は母の戸籍に入って日本籍。父は、祖父母の出身地とは、全く関係なく北朝鮮籍。貧乏人の面倒をみてくれるのは、朝鮮総連だけでしたから。
 2人はオートバイの2人乗りでデートして、こけて怪我しても、スカートで隠して、知らん振りして帰り、結婚したら2人でインドへ行こうと、相談していたという、お茶目な、バカップルです。インドと言えば、’60後半はヒッピーの時代です。しかし、いっときますけど、2人共、ビートルズ世代では、ありません。それよりずちょっと上で戦時中の生まれです。ビートルズどころか、父は戦後の流行歌の「りんごの歌」さえ、さびの所で「♪り〜んご〜の っきもぉちぃはぁ♪」と「気持ち」が「っきもぉちぃ」になるのが、人をばかにしてるようで、どうしても、許せない!と言ってた人なんです。なんでインド?
 
 
 

あの頃〜風の匂いのようなモノ 

2005年08月20日(土) 2時03分
私がうまれた1967年頃、もうすぐ大阪で万博もやろうかというこの時代、我が家にはテレビも電話もありませんでしたが、ラジオと豚さんと手作りのポットントイレは、ちゃんとあったわけです。男性用は玄関の隣。西部劇の酒場にあるような、お腹しか隠れない木戸の向こうに、円筒形の深い穴が、セメントで固められて、バックリと空いていたわけです。男性用といっても、ようするに小用でして、お婆さんもここでしゃがんでました。このでかい丸い穴には大抵奥深い色と香りをした液体が満々とたたえられていたわけです。玄関の前の只の隙間のような庭で遊べば、ありとあらゆる物が、この液体に飲み込まれてゆくわけです。
 やたら鮮明な私の記憶では、私がまだ喋る前、家のすぐ前の鉄道にはSLが走っていました。その後白黒テレビが我が家に来て、そして私が小学校に上がる頃、町中がアスファルトで舗装され、お隣さんの呼び出しだった電話も自前のエボナイト製黒電話になり、町の電気屋さんがカラーテレビを晩御飯時に持って来て、その後も何度も修理にやって来ました。テレビではカップヌードルのCMがやたらまぶしく、すでに終わっていた万博の様子がくり返し映し出され、ウルトラマンも仮面ライダーも中村梅之助の遠山の金さんも、すでに夕方の再放送でした。

私が生まれたタイミング 

2005年08月20日(土) 1時58分
さて、挫折した父は、喧嘩はするわ、酒は飲むわ、そのうち交通事故起こして腰まで痛めてしまいました。そもそもこの人は、挫折する前からすでに、職が長続きしない人でした。私が生まれる頃には、家庭もなにも無茶苦茶になりまして、仕方なしに、自分の生まれ育った小屋のような家に舞い戻って来ました。この時はまだ家には豚小屋もあって、私の兄達は悪い事すると、しばらく豚さんと親睦を深める事になっていました。
 さて、そうやって職が見つからず、お決まりのダンプや土木工事も腰を痛めて無理がくる。そこで母の給料で、ありとあらゆる免許を取りまくり、前向きなんだか無駄が多いのかよくわからない、という状態の時に私が生まれました。
 すると、なんだか私が3才まで喋らないし、家中がスポーツ好きなのに、1人だけ信じられない位ドン臭いし、おかしい位車に酔うし、その他やる事なす事なんかおかしいし、こりゃいけないと奮発して海水浴という大贅沢をやらかしたら、なにをとち狂ったか私がいきなり3語文を喋り出しちゃいまして、こりゃ毎年海水浴だけは連れて行かなきゃということで、(多分)父はやっとタクシーの運転手に落ち着いたわけです。
 

初めまして。ハナノ−ライカです。 

2005年08月20日(土) 1時16分
どーも。ライカです。我ながら、ややこしい生まれの人間です。
「歴史・風俗・東アジア」という事ならば4分の1が韓国、全羅道(昔の百済の辺り、伝統的反主流派の土地、素朴、頑固で反骨的)。4分の2が韓国、慶尚道(昔の新羅の辺り、伝統的主流派、華麗だが強権的)。4分の1が日本の京都です。
「心理・発達・脳」ということならば、診断はADHD(不注意・衝動的)。自分で調べた予想ではADHDの過集中タイプ(同じ事にいつまでもこだわり、理屈っぽく、感覚が過敏なことが多い。)そして、診断の時にも問題になったのですが、アスペルガー症候群(自閉症連続体の一部・知能が正常で、見た目では普通と区別がつかない)を思わせるエピソードが沢山あります。
 要するに、国でいっても、イデオロギーの左右でいっても、脳ではかっても、ボーダー〜境界線上の人間です。本人の”つもり”では「韓国系日本人」で「やけっぱち過激リベラル」の「ADHD+アスペルガーのボーダーライン」という人間です。「ADHDやらアスペルガーやら、何のこっちゃわからん」という人のために、これから追々分り易い説明を増やしていきます。一言で言えば今話題の「軽度発達障害」というわけです。
 
1967年生まれ/男/獅子座のA型/身長179cm/体重70kg/体脂肪率16%

さて、ここまでややこしくて、上記↑のデータが一体なんの役に立つでしょう?

職業は、転転として、かなり苦労した上で知的障碍を持つ人のケアに関わる仕事につきましたが、ここでも不適応を起こし、問題点ばかりを指摘して他のまじめな同僚に迷惑ばかりかけています。それで、こりゃ大変だ、どうしようとバタバタしてるうちに、ひょいと妻が妊娠しちゃいまして、これはいよいよ私も根性入れ替えて、今までの罪けがれを包み隠さず白状せねば、というわけで、ブログを始めてしまいました。どーもなんだか、すいません。