GW旅行1日目 (彦根へ) 

2008年05月01日(木) 13時54分
半ばあきらめていたけれど、はるくんの体調も良さそうなので、予定通り、GWの旅行へ出発。

SAで休憩をこまめにとりながらのロングドライブだったが、後半は飽きてきちゃってかわいそうでした。もっと考えてあげなくてはと反省。途中のSAに公園があったので、すべり台などして機嫌も良くなってきていたところに、ソフトクリームを食べている子供が目の前を通過してから大変なことに・・・。まだ食べたこともないのに、「アイス、アイス〜」と大泣き。なんとか気分転換を試みて車で出発してみたところ、思い出してしまったらしく、次の休憩までずっと「アイス〜」と号泣。こんな事なら、虫歯が心配とか言ってないで、ひと口でも食べさせてあげれば良かった・・・。
気を取り直して旅の話。彦根は初めて行ったけれど、彦根城の周りは新しく再生した城下町のような造りになっていて、飲食店やおみやげ物屋さんが立ち並び、良い散歩コースになっていて雰囲気もGOOD。
近江牛をなんとかして食べたかったけれど、はるくんの食べられそうなメニューがない店ばかりだったので、うどん屋さんで、近江牛の単品メニューを食べて我慢。

病み上がりの保育園 

2008年04月30日(水) 13時53分
昨日は幸い熱も上がらなかったので、申し訳ないと思いつつ、保育園へ。

恐れていた呼び出しもなかったので、少しほっとしながら早めにお迎えに行ったけれど、終日「ママ〜」と泣き続けていたとの事。あぁ、本当にごめんね・・・。まだ体調が完全に良くなっていなかったからだよね。強くハグしながら保育園を後にすると、あれ?随分元気に歩き出した。そんなに待ち焦がれてくれていたのかぁ〜〜ぎゅっぎゅっぎゅ。

家に帰ると、早くご飯にしてくれ攻撃で、最悪の状態に。でも、元気になってきた証拠だから嬉しい。

機嫌悪いよー 

2008年04月29日(火) 13時52分
薬が効いたのか、熱も下がってひと安心。でも、とにかく機嫌が悪い。
体調が悪いこんな時、大人だったら喜んで布団でまるまっているところだが、幼児はそうはいかない。
少しでも体を休ませて早く回復して欲しいと願う母をよそに、すっきりしない気分の矛先を次から次へと変えて、大騒ぎしている。あぁ、こんな時は、実家の両親に助けて欲しい・・・でも、タイミング悪く今日からトルコへ旅に出るので、心配もかけられず、大丈夫だと電話口では強気にふるまう。

どこが痛いとか、気分悪いとか伝えられないのって、本人も周りもツライよね。泣き叫ぶしか方法がないなんて・・・。

初めて保育園お休み 

2008年04月28日(月) 13時51分
明け方にまた熱が上がってきたので、急いで座薬をうっておいてから、かかりつけの病院へ受診。

こちらも同じく「熱性けいれん」でしょうとの診断。風邪の症状は特にでていないけど、恐らく風邪でしょうとの事で、抗生物質だけ処方されて帰宅。

とにかく機嫌が悪く、午後になって再び39.5℃を超える高熱がでたので、座薬をぶすっと投入。(だいぶこちらも対応に慣れてきたな・・)
脇に挟むアイスノンみたいのをつけて、早めに就寝させる。
今まで自分が熱を出した時など、額を冷やそうと、ひえピタとかをおでこに貼ったりしてきたけど、気分的な問題であって、実は熱を下げるという意味ではあまり効果がなかったらしい。

高熱が出ているのに、ほとんど汗をかかないのが気になる。

熱性けいれん 

2008年04月27日(日) 13時49分
久しぶりに3人で過ごすのんびりとした休日のはずだったのに・・・

午後から近くの百貨店へお買い物に。
はるくんはお店のベビーカーに乗るのを拒み続け、おもちゃ売り場でパパと遊びながら待機。

ずっと買いたかったトイレマットやキッチンマットetcを購入し、早めに帰ろうとしていたら、なんかはるくんの様子がおかしい!? そういえば、さっきおむつ替えたときも体が随分熱かったけど、手は妙に冷たい・・おとなしすぎる・・・と思っていたら、白目をむいて意識を失った!!!

びっくりして名前を連呼しながら抱きかかえ、売り場の人に助けを求めた。すぐに救護担当の人がかけつけてきてくれて、熱を測ったらなんと39度を越えており、恐らく熱性けいれんでしょうとの事。
なにそれ!?さっきまで元気はつらつだった我が子の容態の変化にオロオロするばかり。時間にして2分・・いや3分・・・体も少しピクピクしたけれど、意識が戻ってきて、「ママ・・」と言えるまで、かなり焦りました。

あいにく日曜日の夕方だったので、救護の人が連絡をしてくれた休日診療所へ受診。

帰りの車の中とかだったらもっとパニックになっていたと思うけど、幸いにもお店にいる時で、救護の人にすぐ診てもらえたから、わりと落ち着いて対応できた(と思う)。診療所の先生の診断も「熱性けいれん」との事。再発防止と解熱の座薬を処方してもらって、帰宅。
薬が効いているのか、そのまま朝までぐっすり眠り続ける我が子・・・。

子供は急に熱を出したり、体調が変化したりすると聞いていたけれど、今まで1度も高熱とかだしたことなかった子だったので、驚きました。経験してみないと、分からないものですな。

滑り台 

2007年10月18日(木) 13時35分
今日で1歳2ヶ月を迎えました。最近は、知らない人に「ママ似ですね」って言われるようになってちょっと嬉しい(^-^)v。実は私の父=おじいちゃんにも似てたりするんだよね。午前中に近所の保育園のお庭に遊びに行ったら、おこちゃま用の滑り台に自分で階段登って、座り直して、滑り降りる事ができてびっくり!得意げな顔が微笑ましかったぁ〜。

卒乳2日目 

2007年10月14日(日) 22時54分
私が卒乳の日を決めてしまったから、正確には断乳と言うみたいだけど、はるくんからバイバイしたこともあったせいか、昨夜から今朝にかけては、特に欲しがる様子もなく、いつものようにスリングで寝てくれた。明け方もいつもの4時ジャストに起きちゃったけど、抱っこでまた寝れたし、ひと安心。ちょっと甘えん坊気味だから、たっぷり甘えさせてあげよう。が、しかーし!大変なのは私のおっぱいである。昨夜からデカメロンのように張ってしこりができはじめ、今や岩石のように青筋たって、ひりひり。最近はしこりもできなくなっていたから、こんなにひどくなるとは思わなかった。夜になって軽く搾乳してみたが、青みがかった母乳がでてきた。わぁ〜、なんて綺麗なんだろう。ガラスのコップに取ってみるとひときわ感じた。約1年間支えてくれてありがとう。どうか乳線炎になりませんように。

卒乳 

2007年10月13日(土) 23時46分
久しぶりの記録が卒乳になってしまいました。
そうです、いよいよ卒乳を決心しました。
はるくんがしっかり歩けるようになってきたら卒乳しようとおもっていたし、春秋のほうが健康にも良いと聞いていたので、まだまだ続けたいような気もするけれど、外出する機おも増えてきて、今までのようにきちんと決まった時間での授乳が難しくなってきて、お乳の質も良くない気もするし、おっぱいの張りも随分落ち着いてきていて、はるくんの飲みっぷりも前ほどでもないし、飲みながら寝ることもなくなってきたので・・・などなど、多くの理由を何度も頭の中で繰り返し言い聞かせながら、卒乳後のおっぱいケアの予約がとれたのにあわせて、決行となりました。
2日前から、「もうすぐおっぱいバイバイだよ〜」「もう赤ちゃんじゃなくておにいちゃんになるね」とか、「おっぱいにありがとうだね」などとささやきながら授乳していたんだけど、「おっぱいバイバイだね」と言うと、飲みながらでも手を振る姿が愛くるしくて、涙を誘うんだな・・これが。で、やっぱり私がさみしいというか、産後、2ヶ月くらいは全く母乳がでなくて、それでも病院でやっていた通りに、おっぱいを吸わせてからミルクを辛抱強く続けていたら、そのうち溢れるほどでるようになって、完全母乳生活を約1年続けてきたので、おっぱいを吸うときの、あの上目遣いの表情や、コクンコクン一生懸命飲んでいる姿が見れなくなるかと思うと、涙が溢れてきました。
で、いよいよ最後の授乳。時間をかけてゆっくりと、やさしく見つめて楽しく飲ませてあげた後、おっぱいを見せて、「これでおっぱいとバイバイだよ」と言ったら、笑いながら、両手でバイバイしてくれました。
おふろあがり、いつもだったらここでしっかり飲ませてから寝かしつけするんだけど、今日は飲ませないでそのままお布団へ。午後から母と一緒にデパートへ買い物に出かけて歩き回っていたせいか、おっぱいをせがむこともなく、眠りについてくれました。
さすがにおっぱいは少し張ってきちゃったけれど、はるくんが成長していく過程だから、ガマンガマンです。今夜は泣いちゃうのかな・・・。

ママ友と旧友 

2007年09月26日(水) 19時10分
午後からお隣のさっちゃん家へ遊びに行って、さっちゃんママのご実家から届いたという美味しい美味しい巨峰をご馳走になりました。はるくんは、さっちゃんの顔を叩いたり、服をひっぱったり、今までお友達にしたこともないような事をして、さっちゃんを何度も泣かせてしまい、ハラハラドキドキ…。叩かれる側だったから安心していたのに、お昼寝できなかったからご機嫌斜めだったのだろうか。うーん。そのまま昼寝をさせずに早めに夕食を食べさせ終わったところで、以前たまたま同じマンションに住んでいて、今は近所に家を建ててお引越ししていった高校の旧友が、子供2人を連れて立ち寄ってくれてびっくり。彼女は今年の5月に3人目の男の子を出産したばかりのママ。携帯メールしている暇があったら立ち寄った方が早いと思った…との事。3人も男の子がいたら、納得。少しだけ家にあがってもらって、話ができてよかった〜。来週以降、新しいお家へ遊びに行かせてもらう約束をしました。わぁ〜、楽しみ。男の子の疑問、質問、などなど、色々と聞いてこよう。

十五夜 

2007年09月25日(火) 23時18分
夜になってお月様が顔をだしてくれました。さっそく、白玉とうふを作って、デザートに食べました。
今日は近所のドラッグストアまで、はるくんと手をつないで初めて歩いてお買い物に行ってきました。小さな歩幅で、でもしっかりと、しりもちつくことなく歩き続けたはるくんは、約1時間のお散歩を満喫できたようです。少しは疲れた様子だったので、午後のお昼寝を期待したんだけど、彼の体力はまだまだのようで、いつものように、すぐに起きてしまいました…。おそるべし、はるくん…。
2008年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール
  • アイコン画像 ニックネーム:hananamama
読者になる