したたかに、背筋を伸ばせ。 

2004年11月26日(金) 17時58分
小悪魔たるもの、したたかに。
決して本心をお見せなさるな。
弱く、可憐で、美しく。
そして今、絶好の時。

で御座います。

ここぞとばかり発揮してください。

かじかむ指先に吐息をおかけなさい。
おっきな手袋で頬を暖めなさい。
コートは要らない。
マフラーで。
口まで覆って、待ち合わせなさい。

冬、それは勝負の時です。
上記の仕草は基本がなければなりたちません。

厚化粧なんてもってのほか。

白い肌。
薄紅色の頬。
赤い唇。
潤んで漆黒の瞳。
折れそうに細い足。

ああ、僕の全てであたためてあげたいさぁ!!
と、何が何でも思わせるのです。

冬が寒いものに、
春はありません!断言します!

春の出会いは浮かれすぎ。
じっくり愛を深める時期が、春なのです。
そのためには冬!
確実にハートを掴んでください。

今日より楽しいダイエットです。
お互いに頑張りましょう!

惚れ直す。 

2004年11月05日(金) 18時24分
ただでさえ憂鬱な生理痛。
のたうち回るほど、痛くなるので、本当にめいってしまいます。

微かな痛みを抱え、働いていた前日、どうしたんだ?と
店長(彼)に聞かれたので訳を話しました。

以前、一緒にいるときに思いがけず生理が来てしまい、
冷や汗をたらし、眼球が血走っているところを目の当たりにしたことのある店長は、
きっと理解をし、いたわりの言葉の一つや二つ、送ってくれるものと思っていました。
(嘘です。そんな生ぬるい人間ではありません。ただ、言葉はなくとも態度で表現はしてくれます)

が、しかし。

「明日、お前の部屋に行くから、もてなせ」

という、緊急命令に、いっそう血の気が引きました。
いや、寝てたい…と言うより前に、

「寝て待ってていいから」

とぴしゃり言われ、あたいだって、家に呼ぶときはキレイにしてたいし、
青い顔よりもっとかわええ顔見せたいんじゃと思いながらも、
なにか訳があるんだろうと、自分に<赤>暗示をかけ、早寝しました。

翌朝。

まちがえました。

早朝。

うちのピンポン(チャイム)を、カリスマゲーマーのごとく、超高速連打する人間が登場しました。
いや、お前合い鍵…と思いつつ、おぼつかぬあしどりで鍵をあげると、
突然抱え上げられ、ベッドへ直行。
ご飯を作ってくれて、
掃除をしてくれて、
湯たんぽを作ってくれました。

思いの外、いいやつだなこいつ…。

と、思って座ったまま隣の彼の脇の下に腕を入れ、だっこしに行くと、腰をさすってくれた

…のに、テレビからかっこいいかっこいい岡田君の声がしたので振り向くと、
容赦なく頭叩かれました。

二兎を追う者は一兔をも得ずですな。
(岡田君を数の内にしているずうずうしさは、かわいさにめんじて目をつぶってください。…ごめんなさい。)

二人で入浴。 

2004年10月14日(木) 23時29分
二人で入浴しておりました。
お互いお風呂好きで、事前事後(まさにコトの前後)にはゆっくり入浴致します。

私の背中の後ろに彼が、
彼の伸ばした足の間に私が座っている、という形なのですがご想像頂けるでしょうか。
足を折って座ると、水がよけるようにして膝をあらわしました。
普段から白く骨っぽい膝、を目指しております。
それをみた彼が、
「ちっせぇ、膝」
といって手をのばし、うなじに口づけました。
こんなときには、
「んん…」
と声をくぐもらせるとか、熱い息を漏らすだとかすると、
良いかと思われます。
もちろん、眉を寄せて、身をよじりながら。

愛の裸エプロン 笑。 

2004年10月11日(月) 0時56分
?セーターの上からエプロンを着けた→?エプロンのかたひもが落ちた→?セーターを脱がされた→?かたひもを直した→?完成した。

この格好で、ここまで色気がないのはあたしだけではないはずっ(;_;)

先生とわたし。 

2004年10月09日(土) 23時25分
去年担任だった先生と、昇降口で遭遇。
校舎のつくりが、東西にわかれているため、離れてしまった先生とはなかなか話す機会がなかったのですが、久しぶりに、進路や部活について話すことができました。
先生は、誠実でやさしすぎるような人で、どんな生徒のことも気にかけてくれています。

進路の話しをした後も、
「きっと、大丈夫だと思いますよ。がんばってください。いつでも、来てくれていいので。いや、何か助けられることがあったらなんですけどね…」
というなんともあたたかいお言葉。
迎えを待っていた私に付き合っていてくれたのですが、
「なかなか来ませんね。あたたかくしていてくださいね。」
といってくれたあと、雨のためエントランス(昇降口とつながっています)で行われていた部活へと歩き始めました。
そんなときに、ちょうど迎えが来たので、少し追いかけて、
「先生、さようなら」
というと、先生も、
「あ、さようなら」
と、いってくれたのですが、そこへ部活をしていた子が来て、
「ミズちゃん、ばいばぁい☆ってか、今のすっごいかわいいよぉ〜。もどってきて、『先生、さよならぁ』とか、先生やばいんじゃないのぉ??『高校教師』ぃ〜?笑」
と、先生を冷やかしました。


私は、先生の前でかわいこぶっていて、もちろん先ほどの「さよなら」一連の行動も計算だったため、隣のクラスで、ぴーぴーうるさいその女子に対し、「あふぉくぁ」という言葉を吐きそうになりましたが、ぶっているのでできません。
純の先生は、
「いやいや、そんなことは…」とどぎまぎ。
いくら純とはいえ、あたしの計算は例え阿呆女子の乱入があったとしたとして、狂うことはないのである。

「あきちゃんの方がかわいいよねぇ、せんせ。
 今日は、ありがとうございました。頑張りますっ!!
 ばいばい、あきちゃん☆…せんせぇも
とか、うつむき加減にいっときゃぁ、またアホ女子が、
「やっぱり、みずちゃんかわいいよぉ。ってか先生あかくなぁい?」
とかなんとかいっちゃって?先生も意識しちゃって?アホはただのアホでぇ?みたいな??


そぉんなかわいいみずちゃんはその後店長宅で玩具でいっぱいあそびましたぁ
…初玩具の巻はまたいつか

彼の人はなく。 

2004年10月05日(火) 19時11分
独りの夜を数えて
涙の中を覘いて
時計を叩き割ったまま
傷になった手を振った。

さよならは初めて聞いた、
異国の言葉みたいだった
また、なんて意味を知ったのは昨日。

戻らないけど愛してる。
つなぐように正確に、忘れた頃電話は鳴るから。
見透かしたように純情に、
残酷な通話音。

数えるほど傷はなくて、
ただ一つ、
ただ深くて。
闇の中なら暗いだけ。
今ひとり夢の中。

君をいただき。 

2004年10月03日(日) 9時30分
セックス中に、店長の携帯が鳴った。
そして、出やがった。今から本番ってときに。ゲーノー界ならほされるぞ

「…すいません。食事中なんで。あぁ、はい、うまいっすねぇ」

バチィッ

そろそろ紅葉もはじまるんじゃないでしょかね
ええ、きれいな紅葉でした


男性の皆様へ。
電話中、作業を続けるのはやめましょう。
声を殺すのに必死です。はいそこ、そういう姿に萌えないよぉに。

はやりの血液型。 

2004年10月02日(土) 0時06分
店長は隣で電話中。
テレビでは、こんなことが。


お互いにカンの良いB型男性B型女性のカップルは、どちらかが好意を抱けばパッと反応することができ、あっというまに恋が芽生えるようです。
B型男性B型女性は、友達同士からスタートする場合も多いようですが、お互いに空気のような存在となってしまっているために、なかなか恋人へと発展しにくいようです。



うんうん。そうなんだよなぁ〜。
あの時、どっちかが告白していたら今頃は…。


誰?

え?(やばい)どうしたの?電話は?

終わった。誰?B型の男って?

前のね、前の話しで、ほらね、小さな恋のメロディアスなかんじのさ!

彼の評価。 

2004年10月01日(金) 18時19分
恋愛成績表に挑戦しました!
結果(http://hanihoh.com/love2/result/index.cgi?k=041004-27-41780)は、大変良いがでまして、なんだかうれしい。
しかしながら、
あたしが恋してんは、コンピュータじゃなく、店長よ
と、彼の下へ…。

店長〜あたしの評価なんですけどぉ〜

あぁ??財政難、不景気、経営不振で、これ以上昇格なんてないからな。
まあ、働きぶりは評価してるから、首にしたりはしないだろ。

い、いやそうじゃなくて、恋愛面でのぉ〜

あ〜、

劣悪?




聞かれてもさぁぁぁ

悲しいの受け入れ方。 

2004年09月29日(水) 18時56分
一つの言葉や、すれ違った視線が、
一日やそれからを悲しい気分に変えてしまいました。
夕暮れの帰り道、自転車の上で思うのはただ一人。
気分を変えようと、お風呂に入っても、好きな音楽をきいても、
そこら中に彼の人はいて、どうしても明るい気分にはなれないのです。
こぼれそうな涙も、こぼれたら、もう止まらなくなりそうで、
声を出したら、叫んでとまらなくなりそうで、
どうしようもないこの気分をいつまで抱えていくのかと、
心を散ってしまいそうになる。
こんな日に、お勉強なんかもうやめて、
フランス映画のように悲しい気分に浸りましょう。
だって、こんなに悲しいのはこれで最後かも知れない。
ヒロインになれるチャンスと決め込んで、お洒落にしっとり過ごすのです。
いつもより早く、お気に入りの下着でベッドに入り、一等好きな本を読みます(ベッドライトが昭和の匂いをかもしだしてるといいのだけれどね)。
つけたことのない日記を持ち出します(内容はより悲劇的に。そして最後に希望の言葉を)。
今日一日を思い出し、どっぷり気分にひたったら、涙をきれいにながします。
頬をながれる線、あかく色づく唇、しっとり濡れるまつげ。
これで形は完璧です
あとは心。
勇気の出る言葉集なんて、無意味です。
あなたの心をわかるのは、あなただけ。
あなたに勇気を与えるのは、彼の人だけなのだから。
悲しい気持ちに浸っても、彼の人を心の底から大切にしようとしたのなら、
明日の朝はきっと、昨日の涙で世界も輝いて見えるでしょう。

今日はわたしも悲しい気持ち。
お風呂でひょっこりひょうたん島を歌ったら、清潔なシーツで眠るとしましょう。
悲しい気持ちで彼の人を思って。
profile
花 ミズキ
ご意見・ご感想の嵐を期待しております。 空耳アワー私でして。「ここ何ぃ?」が何と聞こえたか、思いついた方はコメントよりお知らせ下さい(随時受け付け中)。
2004年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
http://yaplog.jp/hanamizuki/index1_0.rdf
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:hanamizuki
読者になる
Yapme!一覧
読者になる