読書 

2006年09月14日(木) 23時38分
永遠の出口
永遠の出口森 絵都

集英社 2006-02-17
売り上げランキング : 19475

おすすめ平均 star
star一級品。
starおせっかいかもしれないけど
starある少女のクロニクル

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

やめなきゃダメだ 

2006年09月14日(木) 22時31分
この面白みのない業務、この賃金の安さ。
枚挙に暇がないけれど、ただ一つ宣言しておきたいことがある。
今やっている二つの仕事が終わるまでの4,5年は、
会社に残るし、できるだけのことはしようと思う。
けれど、30代中盤までには、
この会社とおさらばしないとダメな人間になってしまう。
自分の場合は。

出自 

2006年08月06日(日) 22時22分
広島平和記念式典に行ってきました。
広島県人だというのに初めての参加。

朝5時起きで電車に乗って、広島市中心部へと向かいました。
本通を抜け、橋(元安川?)を越えて、平和公園へと入る。

広くもない公園にたくさんの人(後日4万人超と分かった)がいた。
経験としては悪くなかったけれど、行くんじゃなかった。
そう思う自分がいます。

物見遊山の大衆が許しがたい。
小泉首相をのぞき見するジジババ、
「ヒロシマ」に来たというだけの
空虚な達成感を持った陳腐な学生運動。

被爆者の子孫として腹立たしい。

呪い 

2006年07月31日(月) 23時05分
重苦しく悪魔が降りてきた。
こいつににらまれると、生きた心地がしない。
呼気が熱くて、息苦しい。

誰か助けてくれって言いたくても、言えないし、
すがりつくような人間はいない。

自分には秘密が多い。

いつかすべてをさらけ出すのだろうか。

疲弊と少しの希望 

2006年07月30日(日) 23時46分
今週はやや大変だった。
金曜日はライバル企業のイベントに潜入し、
情報収集及び勉強、少しばかり疲弊した。
土曜日は会社で会議とパーティー。
内容の濃い業務が続くと気疲れする。

来週も大変だろう。
でも木曜日から翌週の月曜日まで休みをとれた。
4連休だ。
代休がたまっているから当然の権利なんだけど、
連休ともなるとありがたみを感じる。

おまけのメロン 

2006年07月23日(日) 14時28分
この土日の話をしよう。

土曜日は金曜日までの疲れをとるために
ぐっすり寝たる後に、ツーリングへ行った。
日曜日は一日中うだうだと寝転がっていた。

日曜日は読んで楽しい日記にはならないから、
土曜日のことを書こう。

心構え 

2006年07月10日(月) 1時19分
ひとさまのHPなんぞをのぞかせていただいて、
「今日は雨ですね」という一文がありました。
この方は、東京23区在住です。
私が関西にいるときだったら、
「ふーん東京は雨なのか」と思ったでしょう。
ところが今は「うん、雨だね」と同じ天候を感じ、
「今日は雨」という書き出しの心境も少しだけ分かち合うことができる。
いつの間にか、
東日本在住の人間になってしまっていることを実感した瞬間でした。

「仕事はいつも通りだ」と言えるほど、慣れたと思えません。
―ちなみに今年の新卒の新人は既に「慣れた」と宣言しています。
「組織の歯車となってしまうくらいなら」と転職を考える若手が多数の中、
私は未だに今の会社の「歯車」にさえなれていないと思っているから、
彼らが「歯車」になれていると思えているのなら、
それはそれで立派なもんだと思います。

自信過剰や卑屈にはなりたくないけれど、謙虚ではいたい。
そう思っています。

薄給のくせに飲み会などがあるわけですが、
―飲みたくもない酒に金を浪費している。
その場を、会社や上司の愚痴の場にして、
ささやかに盛り上がっているのは、
その場ではそれなりに楽しかったりするのですが、
後になってなんか嫌だなと思いつつ、
ストレスがたまっていて、うまく解消する場がないんだと虚しさを覚えます。

生きています 

2006年06月25日(日) 1時57分
久しぶりに更新します。

ゴールデンウイークは、長野・山梨を1泊でツーリングしていました。
元々運転がうまくないけど、久しぶりに乗るとワインディングが怖い怖い。

今月は、と書こうと思ったら、6月も、もう下旬です。
今月は休日出勤が多くて、今日も働いていました。
基本的に土日休みなんですが、
編集職で会議が入り、営業で休日出動が入り、
他の人よりも休みが少ないです。

連休初日 

2006年05月03日(水) 3時39分
昨晩は連休の過ごし方を考えていた。
考えているうちに、なにもかも面倒くさくなって、
4月の疲れが残っているのを理由に、
3日はゆっくり過ごすことに決まった。

まずはたくさんの睡眠が必要だった。
10時間眠った。

髪形が崩れ始めたのだった。
美容院に行った。

部屋の本を整頓したくなった。
大きな本棚を買いに行った。

一番心安らいだのは、一駅隣の大きな公園でぼーっとしたこと。
水面に浮かんでいる鴨。
水辺で釣りをするおじさんや子どもたち。
犬の散歩をするおばさん。
ベンチに坐って、ただそれだけで、楽しそうなカップル。
全てが幸せそうだった。

メーデー 

2006年05月01日(月) 4時04分
今日はメーデー、会社は休み。
半分二日酔いの脳ミソと胃袋、
家でゆっくりしたいところであったが、
メーデーの行進に駆り出されてしまった。
去年もそうだったけれど、
主張のない行動なくせに半分強制参加というのが、
とっても嫌だった。
しかも頭数のために、
とりあえず若い社員を使えばいい、という安易さが嫌い。
自分たちがそうだったからと言って、
後輩の意思は顧みず、強要するのは悪いことだと思う。
その自覚がないのが、救いようがないと思う。

そういう中での参加だから、完全に割り切って、
面白おかしく左翼ごっこをするのだった。
(左翼にもいろいろあるが、僕はどれにも属さない)

メーデーの行進の後は、懇親会の飲み会。
これも参加したくなかったが、
その与えられた場を刹那的に楽しんだ。
楽しんだわりに根本的にはおもしろくないわけだけれど。
ちなみに、二日酔いは治っていた。

2次会も捕まる、と暗い気持ちでいたのだが、
なんとか逃げおおせることができた。
それでもR先輩に捕まり、絶望的な気持ちになったが、
飲みではなく「歌」だと言うので、
同期と後輩を巻き込んで、カラオケへ行った。
それは意外に面白くて、参加してよかった。

新宿で解散してから、すぐに帰宅、となるはずもなく、
R先輩と電車を降りて、下町を散策して食事。
昼3時から食べっぱなしで、本当にお腹が苦しかった。
先輩を見送った後、電車に乗り続けるのが、気持ち悪くて、
約5キロちょっとの道のりを歩いて帰ることにした。

帰宅してからは、翌日の準備をささっと終えてから、
すぐに寝たらよいのだけれど、
考えごとばかりをしてしまい、仕事が手につかなかった。
2006年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:hanamaturi
読者になる
Yapme!一覧
読者になる