勘違いも甚だしい。 

January 23 [Tue], 2007, 23:16
 最近ようやく作業(仕事)にも慣れ、そつなくこなしている椎名です。

 え〜仕事をしていて、指名客にあたるとはじめからこっちのことを気に入って
くださってるのですからこんなにもある意味楽なことはないと思いがちなんですが。

たまには困った人もいまして。

イメクラ時代から私はそういう困ったお客さんというのにつきやすいのです。多分私の顔がなにしても怒らないし、おとなしそうだからそういう人が集まりやすいんでしょうが、実際のところはいつでも腹黒ですよ。
顔は笑って腹では(`皿´)ウゼーって思ってますよ。
みんなそうじゃないでしょうか??
だから私なんかは例え多額のお金を詰まれて店外デート要求されても絶対ノル気になりません。





…だって疲れちゃうんだもん。一日中演技してるのが。


 お客様の好みのかわいらしい女の子って演技は2時間3万の個室だけにしてくれって感じです。
私は元々顔に似合わずオヤジ体質なんで長時間演技すると地がでちゃうんですよね。
中にはそれが好きな人も居るだろうけど、そんなのごく稀。
大半はお金を払って風俗譲を買うんだから普通のおっさんじゃ普段は絶対出会えないような若いかわいい女の子が良いに決まってる。
私がオヤジだったらそうしてる…笑
なのでイメクラに良くあった「今度は外でご飯でも食べに行こうよ〜」発言にはのれなかった。
「絶対なんにもしないから」って別になんかしてもいいから店に来てくれよっ!!(店に来ないと指名数が上がらない)って感じでした。

そんな感じですぐ女の子をうまい話に乗せて店外へ連れ出そうとするお客様がいますが、
昨日はもっと大きく勘違いレヴェルが半端ない人が来店されました。



昨日訪れたネット指名のお客様(初来店)は部屋に入るなり、「可愛いね〜写真より可愛くてよかったよ〜」なんて普段あまり普通にしてたら可愛いなんて言われない私なのでちょっと上機嫌になっていたら、直ぐに


「電話番号教えて」と。



?!



早くないか?と私は心の中で思いつつ、「まだ出会ったばっかりだから、もう少し仲良くなってからね」
とうま〜くお客様を交していました。

しかしそのあとそのお客は話を聴くと思いきやいきなり的外れな展開に。


「ああ、まだ付き合い始めって距離縮めたいもんだよね〜」


??????


付き合い??距離??この人何言ってるんだろう?と思いつつ話そうとしたら

「今度俺の車海に行こうよ、年上がすきなんでしょ分かるよ、年上は車とかお金とか心配しなくていいからね」

…うわぁなんなんだ、こいつ……。

私がなんて返したら良いかわからなくてあっけにとられているうちに、


「俺いつでも暇だから○○○(私の源氏名。そして呼び捨て)が寂しくなったらいつでも家に来なよ」
と。いやはやまったくなんていってよいか分からなくなってしまった私。




「実家暮らしで帰れば人が居るからさみしくないです…」



とっさに意味の分からないことを発してしまいました(;´Д`)
それでもお客凹ませない様彼氏が居ることは隠した私。
偉いと思いません??(自画自賛)


ここはソープ、女の控え室。 

January 15 [Mon], 2007, 8:05
はい、意味の分からないタイトルでごめんなさい。
お正月ピークを見事スルーした椎名です。

今回は最近うちの店にもようやく回ってきたドレスの業者屋さんのお話をしようと思います。
以前からうちの系列店には回っていたのになぜかうちには必要ないと思ったのかドレスの業者さんがこなかったのですね。

まぁドレスというんはなんに使うかって、簡単に言うと普段私たちが来ている制服みたいなもの。
なのでイメクラで言うとセーラー服、SMでいうとボンテージみたいなもんです。(ちょっと違うか)
だから毎日同じの着ていると飽きる!!
そして私はソープといえば(ソープでもバニーみたいなみんな一緒の制服制のところもあるけど)ドレス、ドレスといえばソープ!ってイメージがあったので一着しかないのは寂しいよな〜と思っていたのです。
自分のモチベーションもなんとなく上がらない、など飽き性なこともあって私は結構良く換えを持っています。
週1にドレス屋さんが来るとその都度買ってしまうって人いるんじゃないでしょうか?
(私がそうです…)


そのドレス屋さんなのですが、毎回黒い衣装バック(スタイリストが持ってるような)に沢山の種類、これは多分女の子の雰囲気に合わせて選んでいるのかな?
綺麗なロングドレス系や、ピンクのかわいらしいミディアム丈のもの、派手な色でラインストーンなんてついちゃってるいかにも!なものなどほんと色々詰め込まれてるんですね。大きなバックに。
しかも畳んでない…笑
それを持ってドレス屋さんは女の子の居る控え室へ向かうわけです。
控え室の扉をゴンゴンしてドレス屋さん登場。
そうすると女の子達がわらわら集まってくる。
ドレス屋はドレスをバックからひっぱりだして広げて、「これ安いよ〜」とか「これ新しく入ってきたやつ!」などと宣伝。
それを見て女の子が自由に試着できるんです。



その光景、さながら大奥。




いや、最近大奥の再放送を控え室でみんなしてみてたら、一日こうやって外にも出られないで拘束されてて狭い個室に楽しみがテレビとドレスみるとかしかないって本当大奥的な感じよねって思ってしまったので。


そんな情緒もあり。ですか。






遅ればせながら… 

January 15 [Mon], 2007, 7:50
みなさまあけてから大分経ったのですが、明けましておめでとうございます。

正月といえばこの業種、どこいってもかき入れ時なので出勤に追われすぎてまんまとお正月シーズンを逃してしまいました。椎名です。
つか私なんて元旦から正月にかけて出勤連続で4日にやっと休みがとれたって状況でした。
私たち風俗業に祝日、祭日、正月はないのですよね
(半ばやけ気味…)

まぁそんなこんなで今月はここぞとばかりの稼ぎ時でした。
なぜなら…「ソープでも行ってみるか!」といつもの常連さんとは違い、絶対裏をかえさないようなノリで来る人たちのせいで毎日暇〜な私でもそこそこ休憩する合間もなくお客につくことができるから!!


が、しかし。





私がお正月休み(4日)取ってる間に


ピーク過ぎてる!!!!?
ってどういうことなのYO!


久々に出勤してみたらもう半月でお正月ラッシュは過ぎているのでした。
今ではまた先月の暇さ加減が身についてきましたわ

うちの店舗流れ速すぎ……((;゚Д゚)ガクガクブルブル





仕事に行きたくない病。 

December 18 [Mon], 2006, 5:46
いっつもいっつもなのですが、私には生理前、もしくは前後に仕事に行きたくない病に陥ります。
原因はいまだ不明です。マジで体調が悪いわけではないのにもう、一回家出てご飯食べてさぁ行くぞ!ってなときに「ああもうだめだ今日絶対行きたくない」と考えてしまうとそこから動きたくなくなるのです。


で、お店に「休みます」〜って連絡入れると(それでも連絡入れるようになっただけましになった。昔は普通に無断だった。)またそんな日に限って予約が入ってたりするんですね。
そしてまた今月も出勤日数の半分くらいしか指名がなくてへこんでるっていう…笑

実に悪循環なお話ですね。

「指名ほしい」とか「一日の本数上げたい」とかゴタゴタ抜かしてる前にまずはちゃんと決まった日にでろ!
と。
言いたいところなのですが、最近マジでこの癖に悩んでいます。
かといって結構(゚ν゚)ヲハナムズムズーするときだったり、ちょいと夜更かしで寝不足な日ほど「でなきゃ」と意気込んでいたり。
私の仕事行きたくない病は逆境には強いようです。。。。。。。。
どこのお店にもいるでしょうが、たまに一人か二人こいつ毎日連続で出勤してないか?!

というような人いませんか??私のお店には連続14日勤務した子がいます。
そんな子に「疲れないの??」と恐る恐る聞いたところ、彼女はさらりと



「ホストのカケきつくってさぁ〜あと200万くらい必要だから」


…と笑顔で語ってくれました。




人間何かに追い詰められると強くなれる気がする笑



こだわりどころ。 

December 15 [Fri], 2006, 5:06
この仕事を始めてから変わったところがある。

…それは変なところにこだわりはじめたこと。
私は仕事に関するところにこだわり始めるようになった。。。。。
例えば下着。以前は下着なんて上下で1500円くらいのしまむらで買ってたものが今は下のパンツ単品で上下値段のものを通販で平気で買ってしまう。
まぁ単に一日に入る収入が格段に増えたっていうのもあるんだけど、以前の私だったら洋服にかけていたお金まで下着に回すようになってしまった。
やっぱりこの商売は脱いで、みせてナンボなのでどうしてもそういうところに気が回ってしまうのかもしれない。もし私がキャバで働いていたとしたらブランド品にはまっていたことだろう。。。。
(なんて単純な性格


まぁそんな単純な性格私が今またもや踊らされていることがありまして…


お店で着るドレスを無意味に買っています。


はまったのは単純にアレです。

お店で着る自己満足のため(笑)



高級店と大衆店の差。 

December 09 [Sat], 2006, 23:03
この前の更新から大分たってしまってなかなかコンスタントに毎日更新できないのですが、私の生活リズム的に仕事終わった後だとつかれきっててPCつける気になれないのです。。。。。
(つか終わって家帰ってきてもローションとか髪についてるのに普通に寝てしまう)
仕事終わっていえかえってからお風呂はいらないで寝てしまう人誰かいないですかね" 'ζ_,`"
私だけですかね。
片しするときに除菌ソープで洗ってしまうからいいや!!って思う最低な私です


さて、最近うちの店に来るお客さんで「ここって総額5万って高いけど、隣の系列店(格安)とどう違うの??」という質問をよく受けます。
この発言は割と常連さんのおじさま方ではなく、新規の若いフリー客におおいのですが、

この質問…非常に困ります。

だって私はモデルのようにスタイルが言い訳ではなく、ましてや現役AV嬢なわけでもない。かといって高級店に相応しいテクニックを持ったお仕事系でもないのですから。
私の外見的に普通系?!なんていったらいいのよ!!もう!どうせ私はイメクラで培った甘え系接客とヘルスで培った少ない時間内で逝かせるテクニック(それは手抜きとも言うそしてここは120分。)しかないの
というしかありません。ハァ…_| ̄|○  
まぁひとつだけいえることがあるのですが、それは即即ってこと。
大概の高級店はみんな即即なんじゃないですかね。あと、時間も普通より2〜30分長いです。
即即とは即尺即ベッドの略で、いらっしゃいませ〜っていってそれから部屋いったら洗わないでふぇらって一回やることです。。。
これ、働いてる嬢からしてみればすっっごい( ;´Д`)いやぁぁぁぁぁー!な行為。
だけど、慣れって凄いです。本当はやらなければそに越したことはないけれど、私は生接客ではないし、それを断れる容姿でもないので、多少は我慢しなければやっていけません。
その店みんなが平等にやってることだしね。
なので私は「そ、、即即だえからだようちはあと時間長いyo!!」と必死にアピールをするのです。

正直、、、、、それしかないヽ(;´Д`)ノ

そこへ「…それだけ?」

という反応が返ってきたら私はもう笑うしかありません。(糸冬)


高級とは名ばかり?! 

November 30 [Thu], 2006, 4:54
さて、この間の続きを書こうとしていたのですがなんだか珍しく出勤ラッシュが重なったのと、爪にスカルプをつけてしまったのと(うぉぉキーボードうちづれぇ!!!(´д`lll*))でなかなか更新できずにいました。

えっと、、、、、なにかこうとおもってたんだっけ???
あっ面接のときですね。
私は面接の際に高級店だとびびっていたのでありとあらゆる先入観でいっぱいだっのですが、意外と外見は普通でした。
つかこういう業種(ソープランド)にはよくあるお隣の系列店とつながっている建物だったorz。。。
普通すぎてなぜか落胆してしまいました。
いや、私的なイメージ的にはけったいな金色のお城みたいな。あるんですけどね、そういう店も。
しかし私がこれから勤めるであろうお店はごく普通の(入浴料がでている看板があったりどう考えてても普通の店ではないが)お店だった。   


入浴料といえば!!


知っていますか??総額が5万をこえる高級ソープランドにおけるルールを。
総額とはお店の個室に入る入浴料とお店の女の子に払うサービス料を合わせたものです。
だから総額3万円のおみせだったら入浴料1万5千円と女の子に払うサービス料1万5千円という内枠なんですね。
それが総額5万円を越える店つまり女の子に3万以上渡る店は総額で表示できないことになっています。うちの店もそうだけど、そういう店は大概看板にも入浴料いくら〜になってるしお店のHPにも詳しいことはなんにも書いてありません。
だからお客さんとしてはそういう店にいくには初心者向きではありませんよね。
たまにうちの店で働いてるお店のおねぇさんのなかにも入浴料だけだとおもっていたお客がきたと騒いでいるときがあります。
まずいえることは入浴料2万を超える店は高級店ってことですかね。
なぜ総額5万以上は表示できないことになっているかはなぞですが、ソープが存在していいことになっている建前的に女の子に払うサービス料としては高すぎるというのがあるんですかね。
特殊個室サウナの入浴補助をする女の子に容姿のレベルは関係ないですから笑

まぁそんなわけで、ごく普通の系列店と同じになっている建物が私のこれから働く(まだ採用されてないじゃん)場所になるのだ。

お店の中に入るとおおっさすが高級、黒光りする大理石の玄関。に履物を預かってくれるボーイさん。私は瞬時に緊張してしまった。
フロントにはブラックライトが映し出しているアロワナ?!とか色とりどりの熱帯魚ちゃんたちがいる。私がペットの飼えないやっすいアパートでなんとか買っている一匹200円の熱帯魚とは風格が違う。
とにかくおいてあるものの値段が怖い。あー落としたりしたら弁償かしらと余計なことを考えてしまった。
そしてその店の偉い人であるという部長さんと呼ばれている品のよさそうなおじさまが私を待合室へと案内してくれた。
「お飲み物何にいたしますか?」なんて私は招待客か!!とおもわずいいたくなるくらいな接客をされてますます緊張する。
とりあえず無難なところで「あいすてぃーお願いします」と頼んでみた。
待合室はすごくきれいで床には赤い絨毯がしいてあって、いちいち壁鏡ばりだかなんだかで、木目調のテーブルにはクリスタルの灰皿が2つ置いてあった。
待合室って私はこの業界にはいってはじめてみたので新鮮だった。
お客同士が直接顔を合わせないように配慮されてる。

一通りの説明がおわってさぁ体験入店!ってとこになって私はいきなり入店当日個室待機でえはなく控え室(お店のおねぇさんが集団でいる居間みたいなところ)に通されてしまった。
控え室に上がるのに、お客に見える階段一階目の手すりには千部金塗りにされているのに、控え室周辺の2階の手すりは金ではなくて、ただの木の階段だった。
「見せかけかよ…」
こんな感じで私の店にはかなりのはったりがあったのだった














風俗最高峰の門出。 

November 17 [Fri], 2006, 10:29
 私は今とある場所の高級ソープで働いている。
以前務めていたところは新宿のイメクラだったが、あまりに稼げないのと指名客とのイメージプレイにホトホト疲れてしまってあっさりと次の職が決まらないうちに辞めてしまった。
ヘルスの時にはいくら客をさばいても遅番からの時間に限りがあるし、オプションもないから一日の稼ぎに限界があるなんてぼやいていたのに。
 ところがイメクラにいってもさして大差はなかったのだった。
だってイメクラのコースなんて多種多様とはいえどみんな選択するのなんて大体同じなんだもんさ!
これじゃぁいやでもオプション高くつくからごっくんおっけぃにしよう★なぁんて考えてた私があまりに馬鹿らしく思えてくるではないか。
大体この業界はメルレやピンサロを除いて時給制ではなく、完全歩合制なのでどのコース・オプションがつくかでその日の稼ぎがぜんぜん違う嬢はいつでも必死なのだ。
私たちはいつでもその日の稼ぎがすこしでも多いと次の日がんばろうって思えるような気がする。
だから私の漂流は続くわけで。。。。ってただ単にそのお店に長くいると飽き症な性格と予約入っているときに当欠するわたしが指名取れなくなるっていう悪循環をめぐってるだけなんだけどね

 そんなわけで今はとある高級ソープに身をおいている訳なのだ。
その日高級ソープに面接をしにいく私はなぜか焦っていた。
心の中では私なりにいろんな葛藤があった。バックが高いと言えど最後までしたくないなぁとか私はあんまからだ強いわけじゃないから持つかなとか、けどバックが高い店で断られて系列の大衆店になったらどうしようとか、そしたらイメクラのときとさほど変わらないじゃないかとかそれこそあらゆることを考えていた。
だって世間一般の?!イメージで高級店っていうとめっちゃくちゃビジーンなおねぇさんがめちゃくちゃお仕事系ですってな接客をするって考えてたのだから。
下調べとしてHPでコンパニオンの顔だしをみていたらまるであんたモデルやっても大丈夫だよ、こんなところにいる必要なんかないんじゃないの?!っていう人が乗っているのでびっくりしてそして同時に自分の器量に劣等感を覚えたりした。
のちにあれの半分以上は修正しまくりって知ったけどね。
それもお店がお金があるからやれることで。
うちのイメクラなんてポラだったからね。
それだけでも大差は十二分にある。写真も言わずがな高級感溢れてる!
そしてイメクラと違うところはもうひとつあり私はもうイメクラに勤めだしてからほぼ半月の間にセーラー服に飽きてしまっていた。
 しかしソープはあの憧れのキャミドレスを着れるのだ!
何故私がドレスにあこがれてるのかというと以前少しだけやったキャバがドレスではなく制服製だったため(つまらないバドワイザー的なボディコンだった)実質的にはドレスを一度も着たことがなかったからだ。ドレスなら自分で買うにしてもいろんな種類があるし、高級感はあるし、なんか風俗できる洋服ってよれててみんなの洗濯の使いまわしだわぁ幻滅。みたいなことがないと思った。
 まぁそんなこんなで本当についにソープに面接にいくことになるのだった。

この続きはまた今度。。。



創めてしまいました。 

November 17 [Fri], 2006, 10:03
はじめまして。ここは花街=風俗業界で働いている女のブログです。
私がこの業界で働き始めたのはつい最近なのですが働いているときに感じる思いや、愚痴などあらゆることを脈絡もなく書きなぐっていくブログになる予定です。
なので決して嬢の宣伝ブログではありませんのであしからず。
もしご覧になったとしても私は今のお店やら源氏名を晒す気はありません。
と、いうよりも多分普段男性のお店に通っている方がご覧になったら幻滅するようなことが書かれているのであまりお薦めいたしません
 そしてブログタイトルですが、漂流とつくにはそれなりの理由があります。
私はこの短期間でいろんなお店を渡り歩いてきたからです。
無論ちっとも自慢できる話ではありませんよね(;´Д`)
これにはそれぞれの店に退店しなければならない超個人的な理由があるのですが、
まぁ一番にいえることは…

環境に飽きた。

…それだけです笑。

こんなだめだめ嬢な私ですが、同じ業界で働いているおねぇさまがたにも共感していただけると幸いです。


P R
2007年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像ミズキ
» 高級店と大衆店の差。 (2006年12月12日)
アイコン画像ミズキ
» 風俗最高峰の門出。 (2006年11月19日)
メールフォーム

TITLE


MESSAGE

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:椎名
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 職業:自営業
読者になる
はじめまして、こんににちは。椎名といいます。 愚痴サイトですが、よろしくお願いします。
Yapme!一覧
読者になる