アフタヌーン・ティー・パーティーに招待されたら・・・花籠典子

January 31 [Fri], 2014, 11:35
レストランやホテルでのアフタヌーン・ティー・パーティーなどにご招待された時は、お約束の時間丁度に着くよりも五分前後遅れて着く方がエレガントです。

もちろんお時間丁度でもいいのですが、早く着く必要はありません。

レストランやホテルで大切なお客様をご招待する時、招待側の私はご招待したお客様とのお約束の時間よりも少し早目に着くようにし、メートゥルドテル(案内係)やギャルソンとお料理やご招待の目的などの打ち合せをするようにしております。

ところが、お客様によってはお約束の時間よりも早くいらしてしまい、打ち合せの途中でお迎えしてしまったことがあります。

招待側の私は、よりベストな打ち合せが済んでからおもてなしがしたかったので、少し残念に思いました。

レストランなどで、お客様をご招待する場合のポイントは、少人数でも前もって予約をします。

また、プライベートで急に思い立った時でも、予約の電話を掛けてリザーブをします。

高級レストランではリザーブなしで直接レストランへ行きますと、お席があっても丁重にお断りされる場合があります。

また、三十分以上遅れる場合には、電話で遅れることを知らせた方が良いと思います。

一流のレストランでは、入口で必ず「こんばんは、ようこそ」「こんばんは、マダム」とご挨拶されますので、日本語かフランス語でお答えするのがエチケットです。

お席は、レストラン側で決めるのが常識で、ご自分で選ぶことは出来ませんから、メートゥルドテルのエスコートにおまかせしましょう。

ご招待したお客様が目上の男性でもフランス料理でのおもてなしは女性が上座にエスコートされますので、日本流に「大切なお客様なので」などと上座のお席をお譲りすることはマナー違反になります。

女性同士の場合は、お年が上の方が上座のお席に着きます。

花籠典子
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • ニックネーム:花籠典子
読者になる
花籠典子です。海外で生活しています。

日本では、玄関でお靴を脱ぎ、そのお靴の脱ぎ方を見て常識人かどうかを判断するように、フランスでは、お手洗いが大きなポイントのようです。

ヨーロッパではもちろんですがお友達のお宅を訪問する時には、下車した駅の最寄りのデパートでお手洗いを使い、水分を控え目にしておくことを心掛けております。
2014年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
ヤプミー!一覧
読者になる