「中から綺麗」は30歳。 「外だけ綺麗」な16歳。

2007年11月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
Comment
アイコン画像花鳥風月
今日が1日後なのは僕しか知らない (2008年10月21日)
アイコン画像タイラノ清盛
今日が1日後なのは僕しか知らない (2008年10月17日)
アイコン画像ダッチ伊藤
今日が1日後なのは僕しか知らない (2008年10月12日)
アイコン画像めーたん
今日が1日後なのは僕しか知らない (2008年10月08日)
アイコン画像りぃこ
今日が1日後なのは僕しか知らない (2008年10月03日)
アイコン画像チャーリー
今日が1日後なのは僕しか知らない (2008年09月30日)
アイコン画像ikumi
今日が1日後なのは僕しか知らない (2008年09月21日)
アイコン画像MASA
今日が1日後なのは僕しか知らない (2008年09月17日)
アイコン画像えびふりゃー
今日が1日後なのは僕しか知らない (2008年09月14日)
アイコン画像みゆ
今日が1日後なのは僕しか知らない (2008年02月11日)
Yapme!一覧
読者になる
今日が1日後なのは僕しか知らない / 2007年11月02日(金)
学校は日常ではなくて、日常に平行しているものなわけだ。

学校にいくのをやめてミヤとフェリスの文化祭にいくわけだ。
こう、黒い髪が綺麗な女の子が多い。
気分がよくなる反面、こう、嫉妬みたいなのがするわけだよ。
別に女の子いいなぁ。とかじゃないんだけど、彼女達の人生は少なくともぼくより素敵なものになるのが、いいなぁ。って。

さちこにあって、話して、こいつはボクを認識して話しをしてるのかいつも不安になる。
花子にあって、ちょっと話して、勝手な推測なんだけど、すごい合うと思うんだ。花子とは。
もうちょっと話したかったな、と思うな。
メールアドレス登録すんの忘れちゃったのってこういうときに後悔するね。

あずはよくわからないだろうな。

むたは、宮主体だけど、それなりに話してくれるからすごい好感がもてる。
前よりも当たりが弱くなってるのは、つくってるんじゃないよな。

こう、人の気持ちに外骨格があるように疑うのは、自分がそうだから。
それやめたいんだけど、なかなかできないんだよね。
みんなに猜疑の目。ただ、色んな面があるからあながち100%間違いではない、ってことは知ってるんだけどさ。


あ、それで、ちえに会って、顔しかわからないであろう関係の男の子や女の子7、8人に会った。

岸アセイにもあったな。相変わらず、利発な顔つき って感じ。
物腰が柔らかなのは最近になって気付いたな。

おぎわらはかわいいし、ゴッテスもうぬぼれが強かった。
どっちも相変わらず。

そして、あきむと喋った。
変わっていたけど、そんなのは関係なかったんだよね。
なんていうか、あきむねみきの存在は大きかったわけだ。

好きだ。



ZAIMで見たさがっちは相変わらず。
そうなんだよね、人間ってそんなに変わったりはしない。
そういう意味であきむねは面白かったかな?
メール返してくれるかな。

他のアーティストも大変そう。やっぱり不安のぬぐえない未来だけど、しゃあない。
選んだ道だ。


じゃあ夜からのことは明日書こう。
 
   
Posted at 20:35 / Holiday / この記事のURL
コメント(12)
今日が2日後なのは僕しか知らない / 2007年11月01日(木)

さてと。

今日はバイトをしようと思ったんだけど、やっぱり連絡するのが遅かったみたいでいれてくれなかったよ。
だから派遣ってよくないよね。
お金ないってきついなぁ。

17にして親に頼ってるのは秘密。
自立してるふりがカッコイイ。


それで昼から光ちゃんと会いました。
やっぱり空間をつなごうとするわけだよ。自然っちゃ自然だよね。
まぁあの子はぼくのことが好き。だからいいのだけどさ。
「適当にいつもみたいにぶらぶらしてお話しよ」
って嬉しいよね。

光のことはもちろん好きだ。

午後は、えっとなにがあったけ。
あ、そうだ。時間があまったからどうしようかと思ったけど、
早めにこうじの家にいってお酒を飲み始めました。

よく思うんだけど、あいつ、やるよな。
去年のぼくにそっくり。
とっても。
そしてぼくよりも実行力がある、のかな。
きっとそのぶんないものもいっぱいあるんだろうけど、羨ましく思うよ。

あ、こうじがカラスを先に犯したのには嫉妬。
初めてぬけがけされた。
(顔文字や絵文字をつかわないっていうのは凄い。感情があらわだ。)

それで、泊まる気にはならなかったから一人だけ帰宅。
やっぱりダブった子には興味があるみたいね。みんな。
なんか劣等感とか、なにもないから、逆に不思議。
こうじには感謝するところはおっきいね。

お家に帰ってシャワーは次の日にしておやすみ。

正直に書いて薄っぺらくなるのが怖かったから、書かなかった一日一日を書いてみるっていう。

なにか崩れるかな。誰に見てもらおうかな。

 
   
Posted at 20:14 / Holiday / この記事のURL
コメント(0)
good luck! / 2007年06月13日(水)
別になにが羨ましいわけではありません。
むしろ昔ほど劣等感は感じなくなりましたし、
けれどひとりよがり優越感に浸るような、

イドノナカノカワズタイカイヲシラズ。

みたいなのも随分前に消し去ったつもりです。


「ねんど」
『喋る男』
1日に窯にいれるそうで、順調に乾いているみたいです。
たのしみたのしみ。
 
   
Posted at 23:16 / Study of art / この記事のURL
コメント(0)
そういえば高校生にはテストがある / 2007年06月12日(火)
明日から俗に言うテスト週間なわけです。


だるだる。
だらだら。
動くに動けず。
自主性にまかせ。
世界は廻る。廻る、廻る。

そして黒々。
なにも残らず、滑り転がり薄皮むける。

そして大きさとバランスを追い求めると、
あなたにたどり着くのですよ。
 
   
Posted at 23:59 / Alone / この記事のURL
コメント(2)
何もない日、はないはず / 2007年06月11日(月)
社会とは規則正しいものです。
一定の広さの柵があって、その中での自由を
感じるのはすることをしなきゃいけないからで

つまり言いたいのは

月曜日、はだるい。


なんていってられないのも月曜日です。




















月曜日は週に一回のバンド練習の日なのです。

音楽はとても楽しく、今一緒にバンドをできている仲間は仲間と呼べるようになりました。
帰りの電車で、ベースと話していたことです。

音楽は、媒介である。
という話し。

綺麗なメロディを作りました。聞いてください。
だったり、
こんな思いを歌詞にしました。聴いてください。
だったり。

そうすると単体の音楽はないんだと

もっと考えられるかな。

 
   
Posted at 22:38 / Band activity / この記事のURL
コメント(0)
象に見る感覚 / 2007年06月10日(日)

サルバドール=ダリの描いた象は、宇宙からきたものであったり、悪魔であったりするそうです。



駅をぬけて見た、お台場の空は灰色でした。

ちょっとぬめりのある、土砂降り。
足元はすぐに濡れてしまいましたが、雨は嫌いじゃないんです。

グレゴリー=コルベールの写真を見てきました。
お台場駅を出てすぐにある、ノマディック美術館
仮設移動式の美術館なのですが、これが素敵!

移動先で借りたコンテナ(152個!)で出来たソレは、
ゴツゴツとした外観とは違う、静かな佇まい、内部。
雨音が更に、更に。

ヒューマニズム、みたいなものは若いせいかもしれませんが、
こんなもの!と思っていたのですが、

写真と、そして映像と。
流れる川、佇む人、本は何をイメージするのかな。
象は優しい目をする、類人猿は人と手をつなぐ。
彼らはいかに。象徴の翼。
眠る少年。微笑まない少女。
小船に乗るチーター。

猛々しくはなく、雄雄しくもない
ひたすら優しく、静かな動き。

それは時間を区切り切り取る
残酷にも見える方法で、
けれど伝えるには十分



外に出たら雨は上がっていました。
静かな成長。
 
   
Posted at 23:11 / Study of art / この記事のURL
コメント(0)
折からの雨 / 2007年06月09日(土)
夕方からの雨は客足を増やすでも減らすでもありませんでした。

目っていうのは生活に大きくかかわるんですね。
最近よく乾くマイアイ。コンタクトがかぱかぱしているんですけれど、
伝票が見れない、お客さん見れない、ケーキが見れない。

そしてなにより、

君の顔がみれない。
てへへ。

あれ、なにこれ。


とりあえず、最近鎌倉のよさに気づいたわけです。

あ、それは別にお昼休み一人でマックでお持ち帰りで買って、
バイト先には帰らず(別にいずらいわけじゃなくていじめられてるとかじゃなくて)ちょっと歩いたら雰囲気の落ち着いた、そして静かな場所があって、
一人でもくもくとハンバーガを食べていても誰にも邪魔をされず(別に一人で飯食ってる俺かっこいいとかいじめられてるとかじゃなくて)ああ、すごい気持ちが良いと思える空気を作るのは、
いいくにつくろうかまくらばくふ

から始まる、源家の力のおかげかなと思い日本史の教科書にお辞儀をしました。
 
   
Posted at 23:44 / Part-time work (at cafe) / この記事のURL
コメント(0)
よろこびとは / 2007年06月09日(土)
師と仰ぐ人がいます。

彫刻家のその人の生き方に感銘をうけ、
私の人生は揺らぎ傾き、
姿形を変え続けています。

コンセプト、そしてこれから生きる為の話しです。


今まで、小さい頃から創ってきたたくさんのものを思い出し引っ張り出し、共通の何かを探しました。
ゼロから考えることはとても苦手です。
創ってきたたくさんのものから、探しました。

無理矢理ひねりだしたソレは、
「存在への慈しみ」でした。

そこにあることが素敵で嬉しい、
そこにあることが脆く汚く悲しい。

起源をたどる必要も、
過去を知る必要もなくて、
視界をせばめ、
それだけを見る。
ただそれを認める。

それを表す。







とても難しい、話しだと一人感じて、
これはこれからも、
姿形を変え続けていきます。

 
   
Posted at 23:23 / Life concept / この記事のURL
コメント(0)
意外とこんなに / 2007年06月08日(金)
根暗で根性無しですーぱーへたれなよういちーなですどうも。

二ヶ月と少しが過ぎましたが、意外にも新しい環境には慣れております。
別に慣れるつもりがなかったとかではないのですけれど、
これは一生身を潜める生活だと、心の隅で感じていた私は、
きっと今とても幸せなのでしょう。


さて工芸の時間に作っているスポンジと綿のきのこ人間ですが、
携帯会社のキャラクターみたいになっているのは若干いなめない気がします。

刷り込みサブリミナルのせいにして上手く切り抜けようとは思いますが、
そんなんじゃモノは創っていけないと、心の誰かはいっています。
 
   
Posted at 23:04 / High school / この記事のURL
コメント(0)
揺れながらスライディング / 2007年04月01日(日)
風と雨にたたかれ続けたよういちーなです。どうも。
桜が咲き始めたみたいですね。
鎌倉のバイト先のカフェも、桜のおかげで大変繁盛しています。

その桜ですが。
毎年毎年日本人はようも、桜のご機嫌をうかがってばかりな気がします。
やれ二分咲きだ、八分咲きだ、開花宣言がどうのこうの。
桜でもソメイヨシノなんかは輸入物なわけで、原産はアメリカ。

とかなんとかいっても、キレイですけどね。満開の桜。


ところで、デッサンの方は踏み込みが甘いと言われました。
つまりのめりこむ具合ということだろうね。
そんなもの、建前だけで生きてきたオレには無理だ!!!
とは言えなかったですけど。

まだまだがんばらなきゃいけないみたい。


終電間際の駅はいつも静かです。
電車の中は独特な臭いであふれかえって、それはそれで。
 
   
Posted at 03:05 / Study of art / この記事のURL
コメント(1)
P R
who am I
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:よういちーな
  • アイコン画像 職業:フリーター
読者になる
自己満足とart。
反応が欲しいときもあります。
高校生になったニートは、親のスネをかじりながら生きています。
mail→me
タイトル

内容
  | 前へ  
 
Powered by yaplog!