思ったことや好きなものを突発的に書きます。自己満足です(笑)

2005年03月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:hana_ve
読者になる
Yapme!一覧
読者になる
ファイル@ ばくだん? / 2005年03月05日(土)
保育園に通っていた時のことです。

その日、同じ青組だった子が
紙のようなものに包まれた何かを差し出して言いました。
「これあげる。」

あたしがそれ受け取るとその子は言いました。

「これ、爆弾だから開けちゃダメだよ。」

その瞬間、あたしは凍りつきました。

ば、爆弾っ?!
この中を開けると爆発しちゃうの!?
どうしよう!どうしよう!

あたしの頭の中は大パニック!

でも受けとってしまった以上、返すわけにもいかず
先生に呼ばれてしまったので
あたしはその「爆弾」をポケットにしまって外へ行きました。

その日は綱引き大会がありました。
あたしのチームは見事優勝。

みんな喜んでいる中
あたしは憂鬱でたまりませんでした。

だって、あたしのポケットの中には爆弾があるんですよ!

どうしたらいいか分からず帰る時間。
母が迎えに来ました。

あたしは母に例の爆弾を見せて言いました。
「ねぇ、これ、ばくだんなんだって・・・あけるとばくはつするんだって・・・」

母はそれを聞くと言いました。
「それゴミじゃない。ちょうどここにゴミ箱あるから捨てなさい。」
そう言って、あたしの横にあるゴミ箱を指差して言いました。

あ、そっか!捨てちゃえばいいんだ!
捨てちゃえば誰も開けないから爆発しないんだ!

そう思うと保育園の外のゴミ箱に爆弾を捨てました。
その時、母は強いな、となぜか思ったのを覚えています。

ちなみにその爆弾の正体は今よく考えると
カイロの中身なんですよね。

幼かったあたしは爆弾だと信じこんでいました。
保育園の思い出で一番印象的な出来事です(笑)
 
   
Posted at 00:25/ この記事のURL
コメント(4)
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
 
 
Powered by yaplog!