境界性パーソナリティー障害の私

September 19 [Sat], 2009, 1:14
病名は うつ病 精神不安症 だった。 最初は

後から、診断名 境界性パーソナリティー障害に変わった。
 
私の人生を受け入れられずに、人を信じることも出来ない。

「見捨てられ不安」「しがみつき」「共依存」「勝ち・負け」

とっても厄介な病気になれたもんだ。

3年たつけど、症状はひどくなったり、落ち着いたり、繰り返す。

私の、一番の厄介な問題は、

「私は女として生きてなければいけない。」
「女でなければ、愛してもらえない。」
「自虐的でなければ、愛されるハズがない。」


この 思い込みが、激しかった。

愛されたいのは、「父」だったんだと気づいてから、仲間と分かち合ってきた。

今は、スポンサーと共に回復と成長していこうと思ってる。

バウンダリー。、怒りの感情。依存。白黒思考。見捨てられ不安。承認欲求。妄想。思い込み。その他沢山・・

問題は山積み。頭に擦り込まれた「思考」は、書き変えては、また違うところが出てきて・・とすべては無くならないものなんだと思ってないと辛い。

私にとって、今一番問題なのは、「寂しさ」と「愛情」。

今は、仲間に「家族を求めて」いる。

本当に、病気だと感じるのは、「愛してほしい。愛情ちょうだいって仲間に飛び込む。が、いざ「愛情」を感じると、信じる事ができない。怖い。そして「仲間に対して、こんな私でも?と「試し行為」を繰り返す。
無意識なのだ。自分が自分で理解できないと思うと「私が怖い」って思う。「自己否定」になると、「自死願望」になるのがパターンである。

自分で、後から自分のしてしまった事を気付くと「罪悪感」で支配され、その後、自分に怒る。
「自分の事が嫌い」になる。

そんな事をする「私」は、「私」が許さない。
自分では、認めたくないという「私」

時には、そんな自分も「私」なんだからしょうがないよ
「生きてるだけで、いいよ
って言ってくれる「私」もいる



「私の中」では「私の存在」は邪魔なもの。

「私」は「私の中の私」と許せるのか、勝負するのかどちらかである。

人の事を、信じたいのに信じる事が「怖い」と思ってしまう。

今まで、沢山の人を、私の身勝手な行動や、発言によって傷つけてしまった。と思っている私が確かにいる。

拒絶や拒否は、私の存在を否定する。と思っている。

私の、感情は「怒り」を認識しないように生きてきた。

悪い感情だと思ってきてたから、気付かれないように、出さない様に、怒りは自分にむけて生きてきた。

怒ってる人は嫌いだ。それは「父」だった。







2009年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新コメント
日別アーカイブ
プロフィール
  • アイコン画像 ニックネーム:hana_kaoru
  • アイコン画像 性別:女性
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/hana_kaoru/index1_0.rdf