(無題) 

2007年06月22日(金) 8時54分
好きな気持ちがあって

環境とか現状を考えると
ためらってしまうけど

でも、言っちゃいけない言葉じゃない

タイミングを考えていてもいえないなら

きっかけをつくってもらう?

今年のこりの時間だけでも

あなたといた思い出をつくりたい

(無題) 

2006年09月11日(月) 0時00分
ん〜 深く考え過ぎか?

時の流れを待つのか

出会う人すべてを好きになるわけじゃないし、でも友達は友達?

愛してるって思わなければ恋人になれないのか?

私だけ望んでいるのか?
じゃあ彼女ってなんだ?

いや、私に魅力があれば恋愛対象になるんかな

そうだな

(無題) 

2006年03月30日(木) 7時37分
浜松にいれば、何かかわる?


距離が近づけば、私のことを考えてくれる?


会いたかったな。


ずっと我慢してたのに。


あ〜あ。


いつもあの子じゃん


お互いの予定もあわないし。

そんなに会いたくないのかよぅ

誕生日 

2006年03月17日(金) 22時33分
今年の誕生日はとってもたのしかった。

今年もか。

きょねんはわざわざ友達がきてくれた 今年は朝から祝ってくれた。

去年は風邪を引いて体調が悪かった。

じぶんの誕生日を祝ってもらうのが、幸せになるのが嫌だったからだろう。

今年は、自分が幸せになるのを許した。目一杯遊んだ。

素直に、自分が生まれてきた瞬間を喜べた。

お母さんの腕の中で、一生懸命ないてる自分が想像できた。

『愛して!!暖めて!!』って一生懸命ないていたあの日。

大人になるって言うのは泣けなくなることなのかもしれないけど、
私は毎年毎年わがままに生きたい。自分のやりたいことを、気持ちいいことをしていたい。

もちろん、全てがいいことではないだろうけど、自分の体に優しくしてあげたい。

熱が出たら体を休め、寒かったら暖かくしてあげる。

当たり前だけど、今まではなんとなく我慢していた。
でも、それは我慢しなくていいことなんだ。

あたりまえだけど、できていなかった。

人に優しく、自分にも優しく

(無題) 

2006年03月06日(月) 13時27分
今、ごきけんようで

「健康ならなんでもできる」
っていってた。

アントニオ猪木も

「元気があれば何でもできる」

っていってて、ちょっと前に口癖でこれをいってみんなで笑ってたんだけど、
病気だといろんな制限がでてくる


あれしちゃだめ、これはできない

健康って大切だなぁ。それを支えるのはやっぱり医食同源っていうように食だし、体にいいものを入れるのはもとになるんだよなぁ。
社会人になったらどうかな。

バイトも忙しかったし、逆に夜の時間はできたりするかなぁ。


ゆっくりしたい。

鏡の法則 

2006年02月28日(火) 22時06分
6年目の答えを出しました。

今、鏡の法則のことを実践しました。相手は、高校のときに付き合った子。

短い時間だったけど、すごく楽しい恋愛だった。ただ、終わりかたが残酷だった。

その子は夢があって、それに集中したいっていって、私はそれを受け入れた。もともと仲が良かったから、別れてからも話はしてたけど、そのときの私は、やっぱりまだ好きだった。

3月に別れて、5月の文化祭に、その人が出ていたバンドのボーカルの子が、突然

「○さんと○さんが付き合ってます、みなさん祝福してください」って、いった。

みんなの前で、私は、それを、聞くだけだった。



あれ?こんなことってあり?信じたあの言葉は嘘だったのか?

それから、距離を置くようになった。信じられなかった。

ありえない。なんで?うそつき。



憎んで、ねたんで、怒りや、許せない気持ちでいっぱいだった。

大学に入って、同窓会にはちょくちょくあっていたけど、二人で話すことは無かった。



今年の正月、久々にあった同窓会で、2次会、3次会と進むにつれて、人数が減ってって、最終的には二人が残った。

そのときに、私がずっと考えていたこの気持ちを伝えれなかったけど、その後もちょくちょくメールをするようになって、でも気持ちはすっきりしなかった。



今日、友達が一通のメールをくれた。何気ない、メール。



今日は如月。

明日から弥生。


君のマンスがきた。

グッドラック。


このメールが、勇気をくれた。

鏡の法則を読んだ後、私は幸せになるために、電話をした。



「あのときのことを話さないで、友達を続けられない。あの時はかなしかった、悔しかった。」



どこまで、向うに響いたかはわからないけど、私はすごくすっきりしたし、やっと言えた。



心から相手の幸せを願う。これが、幸せになる法則。

ありがとう お幸せに。

大切な友達・・・? 

2006年02月28日(火) 2時04分
好きな人のために、今の状況をすてて、いく。

捨てるもの、失うものがない人って強い。

その潔さが うらやましい。




きみは大切な

友人だ


私は、このことばを聴くために、がんばってきたのだろうか・・・

励まし、相手の幸せを願う。



何年たっても気持ちっていうのは変わらない 変われない たぶん、ずっとすきなんだろう。


それが、前に進むための気持ちであればいいのだと思う。

人間だ。灰色の部分もあるとおもう。


ただ、ないものを求めては前に進めない。

違う人に求めなきゃいけないんだ。

きっと、これでよかったんだ。 近くにいたら、私は、また好きになる。

でも、先の見えない、そんな気持ちは、自分を幸せにしない。


みんな次へいってる。



遊び相手をさがして、遊んでいても、その人に相方ができたら、やっぱり自分よりも
優先するものが出来てしまうわけで。


仲がいいから一緒に遊んで、いいなとおもっても、向うは相方をつくってしまったら、

いつも同じ、寂しい気持ちになる。


束縛されるのがいやなんじゃなくて、

一人の人と向き合う勇気が無いだけだ。


相手のために、何かをしたいと思えるような、この人無しでは生きていけないっていうのは、

本当にすばらしい恋愛だと思う。


そんな人と、出会いたい。そんな人になりたい。

(無題) 

2006年02月14日(火) 0時40分
今、引っ越しのためちょこちょこと片付けをしてました

昔のタイムカプセルがみつかりました。それは何年かに一度、自分の分岐点に未来の自分に向けて手紙を買いてた。

14才の時、未来の私に 私は英語を勉強して世界の人のために働きたい ってかいてた。


今の私はなにをやろうとしてるんだろう。


そんな時、今日のあいのりはアフリカのスラムに住む子供たちが 学びたい っていうことだった。


私たちは当たり前のように学ぶ場所があり、ごはんがある。

でも、そのこちはゴミをあさる生活だった。

そんなまま生きたくない 学びたいという、心からの欲。

学びたいんだ そんな僕を見て、みんなが幸せになろうと思ってくれればもっといい

貧乏な家に生まれたのは神様が決めたことなんだ こんな運命なのは神様が決めたことなんだ 僕を学校に通わせてくれることも神様が決めてくれたことなんだ

学校で勉強して人のためになることをしたい いっていたのは10才の子だった。


私が14才で抱いてた夢をテレビで言われてびっくりして、なぜか涙がでた。


いらないものを片付けてるとき、紙やファイルがもったいないなぁと思いつつ、何かに生かすこともできないからなぁとぽいぽい捨ててた。


なにかできないだろうか。

誰かにきいてもらいたい 同じクラスに海外協力隊に受かった子がいた。
滅多にしないそのこに電話をしてみた。 話してて泣けてきた。


その子が羨ましかった。

クラスではすっごくおとなしい子だったが、こんな熱いものをもってて、実現しちゃうなんて。


その子がさらっと「できるよ、受けてみたら?」

いつも私がみんなにいってることばをその子が簡単に言ってた。

こんな小さい体の中に秘めた強いパワー。

いまの私はどんな顔をしてるだろう?



一歩踏み出した彼女を見て、びびってるだけじゃいかん。

私も、動こう。


必ずいく!

情熱のバラ 

2006年02月12日(日) 21時18分


永遠なのか 本当か

時の流れはつづくのか

いつまでたってもかわらない

そんなものあるだろうか

みてきたものや きいたこと

今まで覚えた全部

でたらめだったら おもしろい

そんな気持ち わかるでしょう

答えはきっと 奥のほう

こころのずっと 奥のほう
涙はそこから やってくる
こころのずぅっと 奥のほう

なるべく小さな幸せと

なるべく小さな不幸せ

なるべくいっぱいあつめよう

そんなきもちわかるでしょう
答えはきっと 奥のほう

こころのずっと 奥のほう
涙はそこから やってくる
こころのずぅっと 奥のほう

情熱の 真っ赤な 薔薇を
胸にかかげよう

花瓶に水をあげましょう

心のずっと奥のほう


真っ赤な薔薇をみて、思い出しました。

中学、高校の時にず〜っときいてたブルーハーツ。

もちろん、いまでも大好きで、胸がきゅんとなる。

 

2006年01月17日(火) 20時23分
4月から就職のために東京(近辺)に移ることが決まっている今、国試とかよりもなによりも、ぶっちゃけかなりナーバスになってる

就職で地元に戻った子は何人かいる。
東京には友達もいる。
でも、なんだか本当に、不安で不安で。

便利なとこなのはわかる。でも、私情報がたくさんあるとなかなか選べません。
満員電車、あんなに近くに人がいるのに、みんな遠い気がします。

たま〜にくる欝期をうまくのりこえなきゃな〜

人間は弱いものなんです。それを隠すか、癒し合うか、全面に出すか。

出せる人のほうが強い気がします。

さみしいという言葉すらいえない。なさけない。
2007年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:hana647162
読者になる
Yapme!一覧
読者になる