借りぐらしのアリエッティ感想

July 19 [Mon], 2010, 1:29


試験明けのお休みは気持ちがいいですね〜
こんにちは、みなみです(^・ω・^)


今回はジブリ最新作「借りぐらしのアリエッティ」について記述したいと思います

上映開始2日目にして鑑賞してきましたよ〜( ー`дー´)キリッ


ネタバレを含みますので、ご注意下さい><


今作品もジブリ映画の魅力が存分に発揮されていました!
相も変わらず風景描写がずば抜けていたのはもちろんのこと、
今回はほとんどが”小人”アリエッティの視点から描かれているので、
私たちから見た風景とは全く違ったものとして感じられました。
序盤、アリエッティがゴキブリと遭遇するシーンがあるんですが…想像するだけで身の毛がよだつ…((-_-;))ブル

人に見つからないよう隠れながら生活している小人たちは、
自給自足の日々の中で高い運動能力と生活能力を身につけています(・・´)
コオロギと同じスピードで走っちゃうアリエッティ…(笑)
食器も、家具も、道具も、ぜ〜んぶ手造り(素材は狩り?借り?で人間の家などからとってくるもよう)。
アリエッティが14歳になり、初めて狩り(借り)に出る様子は
観ている方がハラハラし、またワクワクする光景でもあります。

この映画で、管理人がもっとも注目したのは、
作中の様々な場面でアリエッティを手助けするの存在です。



彼、若干12歳にしてあらゆる場面で既にこの世を達観している感が否めません…。(笑)
自分は心臓病を患っているのだが、次の手術でも、きっと自分は助からない…なんてことをアリエッティに語りかけます。
君たちは滅び行く種族なんだ…なんてことまで。
ですがそんな彼も、アリエッティと仲良くなるにつれて、
小人たちを助けたい、そんな想いが強くなっていきます。
冷静沈着な彼は、小人たちを捕まえようとする使用人ハルさんの妨害にも決して慌てず、アリエッティたちを救ってくれます。
最後の場面で、心臓をおさえながらアリエッティを追いかける翔の姿は、
すごく切なくて、温かい気持ちにしてくれました。


鑑賞直後に思ったことは、
先祖代々小人のために受け継がれたあのドールハウスの中で、
アリエッティの家族が楽しく暮らしているのを観たかったなぁ…ということと、
翔の手術は成功するのか?アリエッティたちは今後、どう生きていくのか?
とにかく2人はどうなるの〜!?ってことです(笑)


鑑賞前は、2人とも幸せに身近な距離で暮らしていくのかな…と思っていましたが、
そうもいかず、離れ離れになってしまいます。


切なすぎて涙が出ます(;д;)
今回のジブリも泣かせてくれるぜ、そう思った管理人でした。
あと、志田未来ちゃん天才!(笑)



ところで、10月3日まで借りぐらしのアリエッティの展覧会が開催されるみたいですね〜!
是非とも行きたいと思います><


【参照:借りぐらしのアリエッティ×種田陽平展
  • URL:http://yaplog.jp/hana06_0111/archive/222
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
ぺろ
こんにちは(^-^)
私のブログに来てくださってありがとうございます。早速遊びに来ました☆

みなみさんの感想読んで私もアリエッティ見たくなりました!
July 19 [Mon], 2010, 10:12
yaplog!PR
http://yaplog.jp/hana06_0111/index1_0.rdf
2010年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:みなみ
読者になる
現役女子高生。漫画をこよなく愛す。基本、まぬけ。アレルギー性結膜炎。
月別アーカイブ
最新コメント
アイコン画像ぺろ
» 借りぐらしのアリエッティ感想 (2010年07月19日)
アイコン画像マシー
» FREEDOM (2010年07月18日)
アイコン画像まろ
» 後半戦 (2010年07月16日)
もふもふ
 


オトフレーム