大伯皇女 

2006年01月27日(金) 14時46分

狭野茅上娘子と中臣宅守の相聞歌 

2006年01月22日(日) 22時59分
〜中臣朝臣宅守と、狭野茅上娘子との贈答の歌〜

あしひきの 山路越えむと する君を 心に持ちて 安けくもなし

明日よりは 山路を越えて 行く君を 心に抱き 現にあらず

君が行く 道の長手を 繰り畳ね 焼き滅ぼさむ 天の火もがも

君が行く 遠き道をば 手繰り寄せ みな焼き尽くす 天の火がほしい

我が背子し けだしまからば 白妙の 袖を振らさね 見つつ偲はむ

もし君が 行かれるのなら 白妙の 袖を振っていて 見えうる限り

この頃は 恋ひつつもあらむ 玉櫛笥 明けてをちより すべなかるべし

今はただ 恋い焦がれつつも 生きている 明日からはもう 為すすべもない

↑右4首は、娘子が別れに臨みて作れる歌。

塵泥ちりひぢの 数にもあらぬ 我故に 思ひわぶらむ 妹がかなしさ

屑みたいな つまらぬ我を ここまでも 思い悩める 君が切ない

あをによし 奈良の大路は 行き良けど この山道は 行き悪しかりけり

山道の 悪しく険しく つらい旅 奈良の大路が ただ懐かしい

うるはしと 我が思ふ妹を 思ひつつ 行けばかもとな 行き悪しかるらむ

愛しいと 君を思いつつ 行くせいか やたら山路の 行きづらいのは

恐みと 告らずありしを み越路の 手向けに立ちて 妹が名告りつ

胸のうちに 秘めた君の名 山越えて 恋いに耐えかね 洩らしてしまった

↑右の4首は、中臣朝臣宅守が道上りて作れる歌。

もーすぐ試験だぁ 

2006年01月21日(土) 22時12分
ブログ始めました
といっても、実は一昨年ひそかに少しばかりやってたのですが・・・。
他のことにうつつを抜かしてるうちに、すっかりこのブログの存在を忘れてました(笑)
あ、以前の記事は今見ると・・・(^_^;)な内容だったんで、消しちゃいましたよ〜。
んで、素敵なプログパーツを見つけたので、早速貼り付けちゃいました!遊んでいってねvv

「和歌絵巻」に載せるために日々描きとめておいた「源氏和歌すさび」がいつの間にかなくなってしまったのですが、春休みから復活させる予定です
その際、このブログを日記に使って、今まで書いてた日記ページは「源氏和歌すさび」に移行させようかと。絵も描けるし、消される心配もないしね(笑)
それに、このブログは携帯からも書き込めるみたいなので、今までよりも気軽に日記が書けそうです

あう゛、試験勉強にもどらな。。。
昨日まで期間外試験が3日も続いて疲れたー。ジャーナリズム論や文学史はぼちぼち出来たかな。せめてC以上は下さいな、先生様々。
プログラミングの課題出せなかったけど、、、まぁいいや。それに試験内容も意味不明で全然できんかったわ!! 免許科目として登録したから受かっても落ちても単位に参入されないのが救い。(受かってもDやろうし・・・)
レポート2個出して、あと8個・・・頑張るっきゃねぇ

そうそう、ゼミの発表があったけれど、人数のみで自分がどこに所属されたかは不明(^_^;)
一応私の希望するゼミの人数は5人でした〜♪中古が5人、上代が5人。中には20人位のゼミもあったようです。
春が待ち遠しいですね
2006年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31





プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:hana-tea
読者になる
Yapme!一覧
読者になる