ハムスターを触りたい 

2009年01月28日(水) 12時49分
うちのシュシュ(ハムスター)を飼っているケージは
ホームセンターで売っている、ハムスター用というもの。

横が網になっていて、いつもそこからえさをあげてます。

初めてうちに来たときから
網のところをガジガジ噛んでいた。

それは今も変わらない。


えさが欲しいのか
どうにか脱出したいと思ってるのか


それはわからないけど
そのせいか

―触ったら噛まれるんじゃないか―

と、いつも思ってしまう。


きっとシュシュのほうが
触られることを怖がっているんだろうけど

やっぱり手に持ってみたい…
抱っこしてみたい…


とっとこハム太郎のテレビで
ビデオで応募してた人のハムスターが見れたんだけど

指にクリームみたいなのをつけて
それをハムスター(ジャンガリアン)がペロペロなめていた。

あんなことをしようものなら
ガブガブされるのは間違いない。



網のところに、噛めないように何かつけても平気かなぁ
そうしたら、噛むのは減るかなぁ


でも、そんなことしたらかえって
ストレスになっちゃうのかなぁ


生きものって むずかしい

ハムスターお家崩壊! 

2009年01月16日(金) 13時06分
シュシュ(ハムの名)が、木のおうちに引越してから2週間
恐れていたことがおこってしまった。


というか、木のおうちに住むようになってからというもの
ほとんど出てきてくれなくなってたのだ。


木のおうちが居心地よかったのか
ボクたちが怖かったのか

ボクたちが寝た後に動き出していたんだから
たぶん、怖かったのが原因かな。


で、木のおうちだけど
まず、シュシュがトイレに決めた場所が大変なことになっていた。


最初に牛乳パックを敷いて、おしっこをしたら拭けばいいようにしていたのが


牛乳パックがかじられて、じかにおしっこされていた。


しかも、かじった跡があった。
おしっこした後にも、かじってるから汚いし
このままいったら、穴が開きそう。


しかもしかも、おしっこしたすぐ横にえさを貯めていた。


キチャナイ ><


クチャイ ><



とりあえず、かわいそうだけど
一度、木の地下型巣箱を撤去することにした。



穴をふさいだら
しばらくうろうろしていたけど

無事に、前使っていた巣に入ってくれた。
そして、トイレでおしっこしてくれてた。


衛生的には、こっちのほうがぐっといいはず。


にんじんをあげたら、喜んで食べてくれた。
大根は、かじるだけで食べなかった。

ハムスターの散歩 

2009年01月16日(金) 11時35分
今日、初めてシュシュ(ハムの名)を散歩させてみた。
部屋の中で、テレビの横とかの隙間は
おもちゃの箱で埋めて、入れないようにして。

カーテンは登るとあぶないから
洗濯ばさみでくるくる巻いて止めて。

部屋の真ん中にケージを置いて
好きに出られるように、囲いをとってあげたら…


おそるおそる出てくるシュシュ。


そして一歩

また一歩


もっとピョンピョン走るかと思ったら
お腹をくっつけるようにして
のっそりのっそり歩き出した。


そして、部屋の隅っこを2週した。
途中、Wiiのソフトがおいてある棚で
隙間に入ろうとして、フガフガもがいたりして・・・


かわいい〜♪♪


かわいい~♪♪♪


けど・・・


さわってみたい・・・



けど・・・


噛まれたら怖いし・・・

結局、そぉ〜っと“なでなで”するくらいしかできなかった



そして
10分くらい散歩させたら
ケージに帰してあげた。



そうしたら、
疲れたみたいで、巣に戻って寝ちゃったよ。

ハムスターが噛む 

2009年01月13日(火) 17時19分
一番最初にシュシュ(ハムの名)に噛まれてから
正直えさをあげるのが怖いときがある。

ケージが金網になっていて、うちに来たときから
ガジガジと金網をかじっていたんだけど、
そこからえさをあげてからというもの
えさを欲しがって余計に噛んでいるようだ。

ハムスターは実は頭がよくて、一度覚えると忘れないんだって。
だからトイレも一度覚えたら同じところにずっとするらしい。
で、金網越しにえさをもらえることを覚えてしまったのかな。

金網を噛んでいるから、指もまた噛まれるんじゃないかと思ってしまう。
えさをあげても、その場で食べないで
頬袋につめるだけつめこんで、巣に持って行ってしまうのだから
まだ慣れてくれてないんだとも思う。



極めつけは、パパだ。

『なんだー、まだ触ってないのか?』
って言うと、シュシュをガシッと掴んだのだ。
頬袋にえさを溜め込んでいたから、それはそれはおかしな顔になってて
ボクも弟も大笑いして喜んじゃったけど
隣でママが怒ってた。


それから余計に巣から出てこなくなっちゃったんだ・・・

いつもなら出てくる夕方、6時を過ぎても静かで
僕達が寝る9時になってもまだ静かで・・・


ママが言うには10時くらいになって巣から出てくるらしい。
そこでママがえさをあげて、水を取り替えて、お世話をしてくれているんだけど
本当はぼくがお世話したいし、僕がやらなきゃいけないことなんだ。


シュシュ、ごめんね
怖がらせて、笑っちゃって。

ハムスターのトイレ 

2009年01月13日(火) 17時07分
地下型巣箱に移って、1週間が過ぎる頃
大変なことになっていた。

トイレの場所だけ牛乳パックの紙が破られ
更に下の木材までむしりかじられていたのだ!

そして、そこにおしっこ。。。
おしっこしたところを更にかじってるし。。。
うぉー!!!

これって、かなりやばいんじゃない?
木に染みこんじゃってるし、そのうち穴も開いちゃいそうだし。

そしたらママが
「あららーまぁ・・・」


って。



・・・それだけかい!!!



せっかくおじいちゃんに作ってもらったのに
これじゃぁ、ダメじゃ〜ん。


もったいないし
おじいちゃんに悪いよなぁ


また、前の巣を使うことになるのかなぁ。

ハムスターのおうち 

2009年01月13日(火) 16時21分
さて、ママが調べたハムスターの地下型巣箱

ぼくのおじいちゃんに頼んで作ってもらったのだ。


それはもぉ・・・すごい!
作ってるのを見てたけど、楽しそうだった〜!

おじいちゃんは汗をかきながら大変そうだったけど
ぼくも作れるようになりたいなぁって思ったな。


そして、おしっこをしてもだいじょぶなように
牛乳パックを敷き詰めて、いざ新しいおうちへ。



・・・なかなか出てこない・・・

  ↓  ↓  ↓  ↓

気に入ったということ・・・?


そぉっとのぞいて見たら、入り口から一番奥の部屋で丸くなっていた。

そして、しばらくすると出てきて
ティッシュをほおばり、巣穴へ
ティッシュをほおばり、巣穴へ

その繰り返し。

えさもほおばり、巣穴へ
えさもほおばり、巣穴へ


気に入ってくれたのは嬉しいけど、
巣からほとんど出てこなくなった。

寂しいなぁ


そしたらママが、また
「だーいじょーぶよー!!
シュシュ(ハムの名)だってずっと巣にいたら退屈になって
そのうち出てくるわよー」
って。


そっか。よかった。


ボクとママがいつも見ているハムスターのページに
≪巣の素材にティッシュは不向き≫
と書いてあった。
ハムスターのツメが引っかかり、危険ですし、
湿気を吸いやすく、細かいホコリが出るので不潔になりがちです。

だって。。。

でも、もう一つの地下型巣箱のページにはティッシュがよくないとは
書いてない。

どっちがいいんだろう。
最初、新聞をひいてその上に
ウッディマットというハムスターやうさぎ用の床材を敷いてたんだけど
新聞紙を引きちぎってそれを巣に溜め込んでたんだ。

そこにティッシュを入れてみたら
今度はティッシュだけをあつめて巣に持って行ってたから
たぶんウッディマットよりも新聞紙、新聞紙よりもティッシュ
が好きなんだと思う。

いったいどれがいいのだろう。

初めて知ったハムスターについて 

2009年01月13日(火) 12時27分
さて、シュシュ(ハムスター)を飼うようになって知ったことがたくさんある。


昼間はほとんど寝ていて夕方から動き出す夜行性だということ
おしっこは決まったところにするということ
ひまわりの種がご飯だと思っていたら、そうじゃなかったということ
野生のハムスターは地面の中に巣を作るということ


他にもちょこちょこあるけど、へえー!と驚いたことはこれ。
夜行性だから、昼間はほとんど巣から出てこない。
シュシュ(ハムの名前)はティッシュが好きみたいで、
新聞紙や木屑には目もくれず、ティッシュばかりをせっせと巣に運び
そこに隠れるように埋もれて寝ている。


おしっこは、くさい。
「ぅっわー!!!くっさー!!!」
そう言ったらまたまたお母さんが

「あーら、あんたのおしっこだってくさいじゃない。
いい匂いのおしっこなんてないわよー」

だって。


そりゃそうだ。


それからご飯。
「♪だーいすきなのはー ひーまわりのたねー♪」だと思ってたら
ひまわりの種はおやつなんだって、初めて知った。
そこで、ペットショップに行ってペレットというものを買ってきた。
そして、野菜もあげていいことも知った。
シュシュはどんなものが好きなんだろう。


それから、巣について。
もらったときに、ケージも一緒にくれたんだけど
コレ、おしゃれな2階建て風。
巣を2階に置くようになってるんだけど、シュシュには狭そう。
2階の自分の巣に行くとき、巣から出たとき、落ちそうになることしばしば。
実際に落ちることもしばしば。

ママがパソコンで調べたところ
地下型巣箱というのがいいらしいとわかった。

でも、作れるのかな・・・

ママは作る気マンマンになってるけど・・・

ハムスターを初めて飼うことに 

2009年01月13日(火) 11時56分
今から2週間前。

ハムスターがぼくんちにやってきた。
飼えなくなった友だちが、飼い主を探していたところにぼくへ声がかかったのだ。
ぼくはペットを飼ったことがない。
犬も、猫も、鳥も、ましてやハムスターも。

お母さんを一生懸命説得して、ぼくがちゃんとお世話をするからと約束して
飼えることになったのだけど・・・。

初めてハムスターがやってきた日

嬉しくて嬉しくて
触ってみたくて手を伸ばしたら


・・・噛まれた。。。


めちゃくちゃ痛かった。
噛まれた指もそうだけど
噛まれたっていうこと、そのこと自体が痛かった。


そうしたら、お母さんに言われた。

「噛まれたあなたも痛かった
でも
ハムスターは、怖くて怖くて仕方ないのよ。
知らない大きなあなたに見つめられ、知らない大きな手が近づいて
食べられてしまうんじゃないかと怖かったはず。
仲良くなるには、あせらずゆっくりと・・・ね」


そうか、そうだよね
僕だって、知らない大人に突然「かわいいね」なんて触られたら怖い!!

ゆっくり時間をかけて仲良くなろう。
ごめんね、ハム。


さてと、何からしよう

まずは名前を決めよう。


友だちは『ハム』と呼んでたらしい。


僕は・・・



シュシュ・・・と名づけた。
なんとなく
気に入ったから。



シュシュ


おーい、シュシュ


仲良くしような^^


これから、よろしくな〜^^