2つのヤーチャイカ 

2008年06月24日(火) 23時59分
最近、2つのヤーチャイカを体験しました。

ひとつは、黒川創さんの小説「かもめの日」です。表紙は、ロシアの女性初の宇宙飛行士テレシコワで、宇宙からの第一声は、ヤーチャイカ(わたしはかもめ)。このテレシコワとチェーホフの戯曲「かもめ」と、現代に生きる人たちが、読み進めていくうちに、絶妙に絡んでつながる小説です。読み終わって、ほわああ!ってなってもう一度最初から読んでしまいました。何度でも読みたいです。

もうひとつは、覚和歌子さんと谷川俊太郎さんが監督を勤める写真映画「ヤーチャイカ」。普通の映画ではなく、写真を繋げて物語になっているというもので、写真絵本のような感じで、映像が素晴らしく美しかったです。テレシコワの言葉が随所に出てきますが、宇宙関連のNASA的な映画ではなく、現代の男と女の映画です。男と女で宇宙とも言えるけど。

偶然、同じ時期に2つのヤーチャイカを体験できて良かったです。ちなみに映画の方は、東京では6月27日までです。



 

ゆめ 

2008年06月24日(火) 23時20分
今日はいい天気だったけど、最近朝方に雨が降ったりするのでそれで目が覚めてしまい、2度寝したりするせいか、夢をよく見ます。たいていは忘れてしまいますが、たまに印象的な夢を覚えてる時があります。

これはちょっと前に見た夢ですが、お父さんが出て来る夢でした。私のお父さんは、すい臓ガンで亡くなっているのですが、夢に出てくるのは久しぶりでした。

家族4人、お父さんとお母さんとお兄ちゃんと、どこかで食事をしていて、お父さんが別の場所に移ろうと言い出します。お父さんが行こうと言ってる場所は、私も知っている場所で、ものすご〜くなつかしくて、とてつもなくなつかしくって、それはもう涙が出そうなほどで、そして、とても安心できるところで、とにかくものすごく良い所です。

わああ!行こう行こう!!とみんな賛成しました。どうして今まであの場所のこと、忘れてたんだろう…あんないい場所行きたくってしょうがないよ!!って気持ちでいっぱいになりました。

お兄ちゃんとお母さんは後から行くよって言って、私とお父さんが先に歩き始めました。季節は冬でした。お父さんは、私の好きな深い緑のコートを着ていました。少しふわふわしたとても手触りの良い、あたたかいコート。私とお父さんは腕を組んでいました。

君は結婚とかしないの?とお父さんに聞かれました。う〜ん、今のところ、その予定は全然ないよ、と答えると、そうか…そのことを考えると心配で心配でしょうがないよ、とお父さんは言い、そこでちょど分かれ道になりました。

じゃあ、先に行って待ってるから、と手を挙げて、お父さんは行ってしまいました。私もそっちへ行きたいのに、何故か足が全然動きませんでした。私は、お父さんに向かって、ぜんっぜん心配しなくっていーよー!と声をかけながら、目が覚めました。

あれは本当のお父さんが夢に出てきてくれたのかな?分からないけど、死んだ人に心配されちゃあいかんな、と思うと、なんだか不思議にエネルギーが湧いてきました。


たいやき 

2008年06月16日(月) 23時33分
お母さんが、四谷にあるたいやき屋さん「わかば」のたいやきを買ってきてくれました。ここのたいやきは、あんこが異常においしいです。包み紙にかわいいことが書いてあったので、ご紹介します。

たいやきのしっぽには いつもあんこがあるように
それが世の中を明るくするように


ふたりはともだち 

2008年06月06日(金) 0時16分
さまぁ〜ずが好きです。さまぁ〜ずさぁ〜ずモヤさま2は必ずビデオ録ってます(未だにビデオ…)さまぁ〜ずが好き、というと、大竹が好きなんだ、と勝手に解釈されますが、私は三村派です。三村あってこその大竹のボケなのです。でもまー2人揃ってるのが好きなんですけどね。

さまぁ〜ずさぁ〜ずは、まるで中学生男子がそのまま40歳になったみたいな史上稀に見る下らない話が満載です(誉めてます)。

モヤさまは、さまぁ〜ずと大江アナが普通のテレビ番組には取り上げられないようなマイナーな街をダラダラ歩いてるだけの、裏アド街的な番組です。でもさまぁ〜ずと散歩したら、何の特徴もない街がこんなに面白い!という事でもあると思います。まるで、付き合い始めた人と散歩したらその街が輝いて見えるみたいな。ある意味マジック。

さまぁ〜ずの良い所は、さまぁ〜ずを好きで良かったな〜って気分になる事がたびたびある事です。こないださまぁ〜ずさまぁ〜ずで、大竹が、三村が投げたボールが腕に当たって、それからだいぶ経つのに未だに痛いんだよ!!と抗議すると、三村が笑って、「友達だからだよ」って答えたんです。それで大竹も笑顔になってしまっていたのです。(友達だからつい本気になって思いきりボールを投げちゃったってことらしい)

2人は、仕事仲間である前に、お笑いコンビの相方である前に、ふたりはともだちなんだなあと、とてもふんわりした気持ちになって、さまぁ〜ずを好きで良かったなあと心から思いました。


はやい 

2008年06月03日(火) 23時59分
うううむ!時が経つのが速い。しかも年々速くなってる気がします。しかもここ数年で急速に。そう感じるのは、年をとったせいじゃあない。気のせいでもない、と思います。大好きな谷川俊太郎さんも、「シャガールと木の葉」という本の中でそういうことを書いていて、おおやはり!と膝を打ちました。

時が経つのは速いので、濃くなっていってると思います。今までだったら、3,4ヶ月かかった事が、3,4日で終わってしまったりするので、濃くなってるように感じるのかなと思います。物事のサイクルが速くてあっという間だなあと思います。

1ヶ月前ですら、けっこう昔に感じるし、1年前なんて大昔すぎて気持ち悪い程だし、2,3年前なんて、いつ何したか年順に言うのはもう難しくて結構忘れてる事もあるし、何しろ空気がもう違う感じがするし、でも印象的な事などは、まるで昨日の事のように匂いまで覚えてたりもして、時間の感覚そのものが変わってきてるのかなとも思います。

10年ひとむかし、と言ったけど、今では、3年ひとむかし、ぐらいの感覚になってると聞きました。そのうち時代とか関係なくなるかも。だからもー時間は関係ないか!ということで、2月に見つけた新聞記事をアップします。




米朝会議 ジュネーブで って桂米朝が?!ジュネーブで会議?!何の?!って思ってびっくりしましたが、普通に、アメリカー北朝鮮のことでした。そりゃそうか。桂米朝さんといえば、「米朝よもやま噺」という本が読みたいです。あとちょっと前に京都に行ったんですが、南座の前を通ったら、ちょうど桂米朝さんとざこばさんの高座の日で、うわあ〜って思いました。

FREE TIBET 

2008年03月25日(火) 10時08分


22日に六本木で行われたFree tibet Peace Walkに参加してきました。

私がはじめてチベット問題に触れたのは、ビースティーボーイズ主催の99年のチベッタンフリーダムコンサートに行った時です。あの時はライブが見たいという気持ちがきっかけだったけど、その後、チベットの事をよく調べたり、ダライラマの本を読んだりして共鳴するようになりました。あれから10年経ったけど、状況は何も変わっていません。むしろ悪化しているのかもしれません。

そんな時に今回の3月10日の事件(ダライラマの非難を紙に書かせることを強制するなどの政治的プロパガンダキャンペーンを緩和するよう要求する僧侶たちの平和的なデモ行進に中国政府が軍隊を使って弾圧した)を聞いて、状況を変えるなら今しかないのでは、と思っている時に、友達からこのデモに誘われ、すぐに行くと決めました。

このようなデモに参加するのは、初めてでしたが、行ってよかったと思いました。六本木の公園から、ヒルズなどを経て、多分3キロぐらい、ずっとFREE TIBET!と叫びながら歩きました。不思議そうな顔の人、写真を取る人、応援してくれる人、笑ってる人、関係ないって感じの人…たくさんの人達に少しでもこの事件のこと、チベットの状況を知って欲しいと思いました。

先頭には、チベット人女性がいましたが彼女は、魂の叫び、と表現するしかないような、あらんかぎりの声を張り上げていました。彼女が私の前を通った時、思わず涙がこみ上げてきました。私には想像もできないような悲しみをいっぱい抱えているのだな、ということが、彼女の存在だけで、ぐわーって伝わってきました。存在が本当に切実でした。

本当は、中国大使館の前や国会議事堂に行けたら良かったのでしょうが、それは規制があったみたいです。それでもこうやって、意見を述べてデモ行進できるのは、平和なことなんだと感じました。そんなの当たり前と思っていたけど、それが当たり前じゃない人達も今いるのだと感じました。チベットでは、ダライラマの写真を持っているだけで逮捕・投獄されているそうです。

1日でも早く対話が行われますように。チベットに自由を、世界に平和を!

リンク 

2008年03月14日(金) 12時33分
お久しぶりです。
久しぶりにリンクをアップしました。
べるみさんのオージー話楽しみです。

久しぶりのブログを書いてたら緊張してしまいました。
最近はパソコンを開くということすら、あまりしてませんでしたが
最近見たライブの話とか書きたい事があったので、
また近々アップする予定です。

やっほ 

2007年12月22日(土) 12時55分

▲ごきげんな看板を見つけました。どんな説教だ?
おまえらな〜!人生なんて愛し愛されてなんぼなんだよ!!
愛してるだけでも愛されてるだけでもダメじゃ!!
わかったか!!
というような熱い説教かと思います。

あと、右横にシンプソンズのホーマーの声が聞けるパーツをつけてみました。レッツクリックリ!私はシンプソンズ大好きなのですが、この映画、今の所、六本木とお台場での上映らしいです。もっとうちの近所でやって…ちなみに、私はホーマーの奥さんのマージの声マネが上手です。本当です。

かわいいシャコちゃん 

2007年09月01日(土) 22時29分
こないだ、お母さんと話していると、

「テレビに出てる、ええと…しゃこちゃんっているじゃない?」

「??シャコシャコちゃん?知らないよ。」

「えー知ってるわよー、最近よくテレビ出てる」

シャコ…何かのキャラクターとか?」

「違う違う。アイドルの。かわいいしゃこちゃん。」

「アイドル?!アイドルでシャコ??

ああ、私は最近あんまりテレビ見ないから、最近の人を知らないんだなあと思っていると、

「ほらー、アニメとかが好きな、アニメに詳しい、アニメみたいな言葉でしゃべる、かわいい、しゃこちゃんよ!』

「ああ!しょこたんね!!」

「そうそう!!」

アイドルでシャコは無いよなあ。やっぱり、のらくろ世代は言うこと違うよなあ、としみじみ思いました。

もうすぐ 

2007年08月31日(金) 17時26分
洗濯物を取り込んでいたら、足下で、“バリッパリッ”と、誰かが大きなおせんべいを口に入れた時みたいな、いい匂いただよってきそうな音がしました。

足下をよく見ると、せみの死骸を思いっきり踏んでいました。バリバリの粉々になってしまいました。

最近、道ばたにせみの死骸が転がってるのをよく見かけます。あと、せみが、ぶびっびびびび…と死に物狂いな感じで必死に飛んでる後ろに、鳩がこれまた必死に羽をバッタバタさせながら追いかけて行くのをよく見かけます。

もうすぐせみがいなくなります。

ABOUT
R.I
R.I 
深くて濃いものが好き
1978年生まれ
mail me!
hamidasenippon@gmail.com
COMMENS
アイコン画像RI
» ゆめ (2008年06月26日)
アイコン画像ルン
» ゆめ (2008年06月25日)
アイコン画像kurz
» ゆめ (2008年06月25日)
アイコン画像RI
» たいやき (2008年06月24日)
アイコン画像tootie
» たいやき (2008年06月20日)
アイコン画像RI
» たいやき (2008年06月18日)
アイコン画像ぼの
» たいやき (2008年06月18日)
アイコン画像ぞう 
» たいやき (2008年06月17日)
アイコン画像ルン
» たいやき (2008年06月17日)
アイコン画像せい
» たいやき (2008年06月17日)
きのこ
http://yaplog.jp/hamidasenippon/img/25/a_kinoco.gif