HとのつづきF 

March 09 [Tue], 2010, 11:09
で、バレンタイン。
1年前、川に浮かべたあの日から、あっという間に1年が経った。

Oにあげたよ。一応食べてた。ははは。見張ってたからねぇ。

で、Oがチョコもらって来てた。
O「オフクロからもらった。」
とのこと。高級そうなチョコだなぁって思った。

後でわかることなんだけど、このチョコは私ではない、もう一人の
彼女からもらったものだった。
ホント、これ書いてて苦笑いしてしまう。。。

忘れもしない次の日の15日。
私はHに電話した。
クレイ「今日仕事?」って。

休みだったみたい。

私は、迷ったけどどうしてもHにチョコをあげたかった。
今年こそチョコを受け取ってもらいたかった。

クレイ「ねーねー、昨日Oに作ったチョコさ、いつくつか作ったのが
    まだ余ってるんだけどいる?余りもんだけどぉ。」
今思えば、可愛くない言い方だなぁと思う。。。
実は、初めからHの分も作っていたのだった。

H「おお。オレ、まだ誰からも貰ってない!いるー!」

って。。。ウソばっか。。。って思いながら、お互いの家の中間地点
あたりで夜待ち合わせした。




HとのつづきE 

March 08 [Mon], 2010, 0:35
同棲相手のOは、相変わらず。
女の影を日々感じながら、グレーのまま私もしつこく同棲生活を続けてた。

で、それからHとはたまに「氣志団」のこととかで電話したりしてた。
衣装のこととかね。
関係ないけど、私たち女ん子は学ランの長ランっての?
それを着るようになってたんだけど、
Hたち男ん子は、HGのカッコして出ることになった。ぷぷ
ハードゲイ・・・最近テレビに出ないけど皆さん覚えてる?

ま、氣志団以外のこととかも話したりしてた。
何度か練習とかでHと会ったり、電話で話したりするようになってさ、
過去の話もしたりしたなぁ。
M子の話題とかねぇ。
びっくりすることに、M子はまだHに連絡していた。あはは
びっくりだったよ。
1カ月に1,2回はメールが届いたりしてたみたい。

Hとバレンタインの話とかにもなったよ。

クレイ「あの時、ホント私悲しかったよー初めてチョコ作ったのにさー
    川に浮かべたしさーぷぷ」
H「あの時は、ホント悪かったな。。。だけど、時間が経った今、
 会ってるから、楽しく話せる今がある。あれでよかったんだよ。」
クレイ「www。。。ホント、Hの口。。。縫ってあげたいわ。。。」
H「クレイは、ホントに縫いそうだ。。。ぷぷ」

こんな会話をしてた。

クレイ「今年のバレンタインも、彼氏にチョコつくるんだよ。」
H「ほー。俺も食べてみたいなぁ」
クレイ「またまた。。。ホントに縫うよ?自分の彼女からもらいなさい」
H「は?俺今彼女おらんよ?」
クレイ「・・・。H−−−−!!縫うよ!?マジで?!」
H「は?いやいや、マジおらんって!」

こんなやりとりをした。
彼女と同棲してるくせに、わかりやすいウソつくし、ムカつくから
私は適当にながしてた。

HとのつづきD 

March 06 [Sat], 2010, 18:47
1年ぶりに再開したH。

1年ぶりに再開したときは、お互い彼氏・彼女がいてさ。
お互い同棲しててさ。

でもね、Hはとっても普通に私に接してきたよ。
M子が現れる前のようにさ。

恥ずかしくって、目なんて見れなかったような気がする。

H、もしかして・・・1年前の出来事忘れてる?

って思うほどフッツーーーに接してくるのよ。ホントびっくりするくらい。

同級生の2人の女ん子は、私とHの過去を知ってるから
私とHが話していたらHの同僚と3人で盛り上がってるし。。。

大ゲンカして、バレンタインも受け取ってもらえなかったことなんか、
忘れてしまうほど、優しくて以前のHだった。

お互い、1年前の出来事については全くふれなかった。
かつ、お互いの彼氏彼女の話題は全く出さなかった。

同棲している私の家で出し物の打ち合わせ&次回の練習日の
日程決めがすんだら
みんな、「じゃ、クレイ、まったねーーー♪」
って、ソッコー帰ってるし。。。

飲み物とか出してたカップとか置きっぱな。。。

で、私が「はいはい、またねー。次の練習でねー」
とか言いながら片付けようとしたら、
H、まだそこにいるしwww

H「・・・。片付け、俺も手伝おうか?」

私。。。正直もう少し一緒に居たかったけど、ダメダメ。
私、どうしようもないけど彼氏いるし、Hも同棲してるじゃん!!
と、心で思ったのを覚えてる。。。

クレイ「あはは、いいよー。片付けくらい出来るしー♪」

って言いながら、Hの背中を押して玄関まで連れてった。

クレイ「ばいばーい。また次回ねー♪」

明るく言うのが精いっぱいだったよ。。。



HとのつづきC 

March 05 [Fri], 2010, 15:23

そんなこんなで、披露宴時の出し物を担当することになった私。

で、結婚式に呼ばれる人をSちゃんに聞いた。
Sちゃんとは高校の同級生。同級生があと2人いたー。
その同級生ってコンパに来てたのよ。あはは
その2人は、M子のこととかも見てたから、事情をよく知ってるのよねぇ。
で、3人で出し物やろうってなってさー。

で、何をするかっ?ってなったのよ。
笑えるんだけど、「氣志団」。こんな漢字だったけ?

「オレンとこ来ないか?」から始まる歌。
それを踊りながら歌詞をアレンジして歌おうってなったのー。

で、なんでかわからないけど、3人じゃ寂しいってなってさぁ。

Sちゃんに内緒で、HとHの同僚を誘ってもらって5人で出し物を
しようってなったのよ。。。
なんで?って感じだけど。。。www

で、年明けてから、出し物の氣志団の練習になりました。。。
メンバーは、私を含む女3人とHとHの同僚の男2人。
(まぁ、新郎Tの同僚でもあるけど)

で、5人で集まりました。
私の同棲してる家で。

同棲しているOが仕事でいない時間帯にあわせて。。。

約、1年ぶりにHと会った瞬間です。。。


HとのつづきB 

March 03 [Wed], 2010, 12:23

こんな、ストレス満開のまま同棲始めて1カ月後の10月くらいかなぁ。
Sちゃんから、電話が来た。

Sちゃん「クレイ。私、Tと結婚することにしたんよ。」
クレイ「えー!やったじゃーん。おっめでとー♪名字変わっちゃうね♪うふ」
Sちゃん「ありがとー。ところでさ、婚姻届の証人のとこさ、クレイと
     Hに名前書いてもらいたいんだけどいいかなぁ??」
クレイ「えええ!そんな大役引き受けられなーい!」

Sちゃん「あと、クレイとHに式の時の立会人やって欲しいんだよね」
クレイ「そーーーれは、マジ無理!!」
Sちゃん「えー。いいじゃーん。てか、披露宴の時出し物もして欲しいんだよねぇ」
クレイ「あ、出し物はいいよん♪任せて!」

Sちゃん「クレイとHがいたから私たち出会えたからさ。感謝マジしてる。」
クレイ「いやいや、結ばれてホントによかった。私とHはSちゃんとTを
    くっつける為に知り合ったんだよ。うんうん。」
Sちゃん「Hの件はねぇ。。。M子がグシャグシャにしたもんねぇ。M子沈めたいわ」
クレイ「あはは。ま、Hも女好きだからねぇ。
    ご縁がなかったんだね。私とHはねぇ・・・」

こんな会話があったと思う。

ご想像がつくと思いますが。。。あはは

自分たちがひらいたコンパで、自分たちはぐちゃぐちゃになって
一組のカップルがゴールインすることになって
また、Hと結婚式で再開ってオチ。www
今、思い出しても笑えるわ。。。
ちなみに、結婚式は2月の終わりくらいだったよ。

HとのつづきA 

March 02 [Tue], 2010, 18:48
私とOが同棲を始めて楽しかったのは初めの1カ月くらいかなぁ。
うーん。1カ月もってなさそう。。。2週間??

同棲していた記憶で楽しかったのは、家でぷよぷよの対戦していた時かなぁ。
これくらいしか、楽しかった記憶がないのよ。。。
ホントびっくりだわ。
文字にすると、自分でも笑えるワ。

ほとんど、家にも帰って来ないくせに、ご飯の文句はうるさいし、
さらに、帰って来たと思えば、家の中を散らかすわりに、掃除について
文句タラタラだし。

ほとんど家に帰って来ないOのために、ご飯も頑張りたくないし、
家の掃除だってやる気は起こらなかった。

今はよく思う。
私は家事は得意ではないけど、今、主人の為にご飯を頑張って作ってるし、
掃除だって、嫌いだけどやってる。
主人が私を大切にしてくれてるから、それを感じれるから
私も何かで返そうって素直に思えて頑張れる。
頑張ってご飯作った時は主人から

主人「今日は、料理頑張ったねぇ」
クレイ「あ、わっかるー??うふ♪」
主人「味はともかく、頑張ったのはわかるよ」
クレイ「www!って、マズイんかーい!」

こんな会話して二人で爆笑してる。

世の中のご主人様たち。。。よく奥さんが料理をしないとか、掃除をしないとか
ケチだけつけてる男性を目にするけど。。。
私は、あんたが、嫁さん大事にしてないからだろ!って心底思う。
女一人、幸せ出来ないで威張ったこと言ってんじゃないよ!と思う。

たまに、思ってるだけじゃなくて、言ってしまう時がある私。。。あはは
ま、他にも理由は家庭内でいろいろあるんだろうけどね。
だから、一概には言えないけどね。


こんな、Oとのダラダラになった同棲生活。
Oには他に女がいるだろうなぁと感じる日々。でも、グレーでハッキリしない。
毎日ストレスの日々。面白くない。イライラする。

Oが他に女にあててうったであろうメールが私の携帯に届いたりする。。。
ありえんし。。。こんなことがよくあって大ゲンカの毎日だったなぁ。
完全黒だろうけど、私は何も決断出来ないままでいた。
ストレス満載の日々を過ごしていた。


Hとのつづき1 

March 01 [Mon], 2010, 15:18
@
Hにバレンタインでチョコを受け取って貰えないまま、私とHの仲は終わった。

その後、私は3年付き合っていた元彼Oから猛アピールをくらった。
とっても迷ったあげく、再度付き合うことにした。
この時もいろいろとあったが、省略。

正直、Oとのことはあまり記憶に無いのよねぇ。どうしてだろう。

よく言うよね、あまりの恐怖に耐えきれなくなったら意識が飛ぶとか。
あまりにも泣かされて、記憶を残して生きて行くには辛すぎたから
忘れちゃったのだろうか?

違うな。。。もう、どうでもいいんだろうね。
私の中では、覚えておく必要すらないんだろうね。
だから忘れているんだろうね。

とにかく、元サヤになるまで2カ月くらいは迷ったと思う。
正直、覚えてないwww

Oは仕事で半年間県外に出ていたので、地元に帰って来てから
同棲を始めた。
9月くらいからかな。まだ、暑かったような気がする。

そして、Hと主催したコンパで友達のSちゃんとTが付き合い始めた。
(Sちゃんは、S子とは別人です)

ちなみにSちゃんは、超ギャル。今は2児のママになって独身時よりは
落ち着いたけど、やっぱわっかーいよ。
羨ましいくらい若い。で、酒豪だねぇ。あはは
かなり呑む。男らしいほど強い。ぷぷ

Hの情報はイヤでもSちゃんから入って来た。
Hが、同棲を始めたらしいと。。。
私がOと同棲を始めた時期と同じくらいだった。

Hとのつづき 

February 28 [Sun], 2010, 0:44
どうやら、M子はHの家でHから電番を聞き出していた。。。すっごーい。
このころ、何月だっけ?12月くらいだね。
M子は、Hに猛烈アピール。。。

だいぶ省略するけど、私とHの仲はもうグッチャグッチャ。あはは

一度Hのプライドを傷つけた代償は大きかったねぇ。
Hのこと頑張ったけど、もう駄目だった。

何度も悔やんだね。なんであの時、ひとまずでもOKを出していなかったんだ?と。

1月もまだHをおっかけてた。女が追いかければ男はホーント逃げるんだよね。
あの、一言の電話で私とHの立場が逆転したね。
女が追いかけてはいけないと、わかってたけど、ひたすら追いかけた。
逃げられると追いたくなる人間の習性。。。ぷぷ

1月の終わりくらい。Hと大ゲンカした。ぷぷ

それから連絡はとらなかった。

けど、私はHが好きだった。どうしても諦めきれなかったのよねー。

私はバレンタインにかけてみた。

2月14日、ちょこ持ってってなんとかこの状況を改善しようと思った。

コンパに来てた友達たちとちょこ作った。(M子以外ね。M子とは縁切った。あは)

縦、横30センチくらいのでっかいのを。
てか、私、初めて作った。手作りとかめんどくさくてしたことなかったしー。

頑張った私。14日に持ってった。


いない。いない。いない。


どこを探してもいないの。電話も圏外。あはは

なんとなく、気付いてた。女が出来てるんじゃないかな?って。
後で聞いた話では、私と2次会の幹事する前にあった、別の結婚式で
女ん子と出会ってたみたい。あはは

その子とバレンタインから半年後、同棲を始めたみたい。

私?そのあと、3年付き合った元彼から猛烈アピールくらって、元サヤに。

で、Hが同棲を始めたくらいから私も3年の男と同棲を始めた。

え?チョコ??どうしようもないじゃん。本人いないし。
え?食べたかって?悲しい思いで作ったチョコなんて食べたくないよ。
え?どうしたかって?

捨てるのもったいなかったから、川に浮かべた。

ホントにゆっくーりと、流れて行ったよ。
一緒に作ってくれた友達、最後までいてくれたよ。流れていくのを一緒に見たよ。
涙は出なかったなぁ。

で、最悪な苦いバレンタインは終わり。

初めて作った手作りチョコは、受け取ってもらえませんでした。

これで、Hとは完全に終わったように見えるでしょ?これがね、終わらないのよ。
また、1年後に会っちゃうのよ。。。
また、結婚式でね。。。あはは
で、また、はじまっちゃうのよ。。。ガッハッハ


続きを書こうか迷い中www

Hとのつづき 

February 26 [Fri], 2010, 11:21
つづき

それから私とHはご飯食べに行ったり、ドライブしたりとけっこう楽しんでた。
そんな中、Hの職場とコンパしてって友達から言われた。
(Hの職業は、今大人気の職業なのよ。わかるよね?)

いいよー!みたいな感じで適当にOKした。

6対6でコンパは行われることになった。

一人だけ、どうしても人数が足りなくて困ってたら、
彼氏と同棲中のM子が、人数合わせに行ってもいいよと言った。
クレイの彼氏になるだろうHも見ておきたいしーとのこと。
1軒目で帰るけどねと言って。。。


コンパの直前も二人でHと会ってた。電気屋行ったり、家具見たりけっこう楽しんでた。
コンパに二人で向かう途中、Hが何かを言いかけた。


私は何を言いたいのかすぐ察したけど、適当にその場はながした。


その時の私は、3年付き合った元彼のことをスッパリ諦めきれてたわけじゃ
なかったから、次の彼氏を作るまで、まだもう少しだけ時間が欲しかった。

だから、話題を別のものに変えた。


で、コンパが始まった。みんなは、Hを見て、こっそりと
「クレイ、上玉捕まえたね♡おめでと♪」
って、みんなH以外の人にターゲットを定めてた。M子を除いて。。。


これまた困ったことに、M子はHにべったり。。。で、気に入った男の前でしか
出さない上目遣い&チョーぶりっこ。。。


友達もビックリしたみたいで、M子とHを離そうとその他の友達も頑張ってた。
磁石みたいに離れなかった。。。

まだ、私は余裕かましてた。Hの気持ちがわかってたから。


んで、コンパは終わったけど遅くなったからHの家にみんな泊まることになった。
(その時、Hは同僚とヤロー二人で住んでた)
M子は、1軒目で帰宅するとかウソばっか。。。ちゃんとついてきた。。。あはは


私はすぐ寝ちゃって。。。
後で聞くとM子は最後まで起きてたらしい。Hが寝るまで。
友達は、クレイのためにって意識飛びながら起きてくれたらしい。


次の日、Hは女ん子を乗っけて、まず私を家までおくってくれた。
で、その他の女ん子はまとめて駅でおろしたらしい。

で、私はHが家に着くくらいに電話した。

クレイ「昨日も今朝もありがとー♪ごめんねー」
H「いやいや、風邪ひいてないか?」
こんな、会話だったと思う。


H「昨夜の話の続きなんだけど、オレ10のうち、10対0でクレイが好きだよ」


(昨夜、ずっと何対何でこれは、好きとか嫌いとかでみんなで盛り上がってたんよ。)
私は、まだ時間が欲しかったのに。。。


クレイ「・・・。まだもう少し。。。今はまだ付き合えない。。。」
H「わかった」


これが、Hのプライドを傷つけたらしい。。。あはは
私は、もう少しだけ待って欲しかっただけなのに。

次、ラストね。

Hとの出会い 

February 25 [Thu], 2010, 21:40

この時は3年程度付き合った男ん子と別れたばかりで。。。
そんな中、友達の結婚式に出席。

その友達から2次会の幹事をしてって頼まれてたー
で、男性の方からはHくんって人出すから、あとは二人で適当に2次会
盛り上げてねーって言われた。

その友達、私が3年の男ん子と別れたばかりなの知ってたから
友達「バツイチだけど、今彼女いないらしいよ。一応報告まで♡
    おそらく、クレイの好みよー」
とか言ってた。

クレイ「バツは、遠慮しとくわぁ。ま、2次会は任せてね♪てか、その人子供は??」
友達「ぷぷ。なんだかんだで、確認してるし。。。いないよー」

こんな会話してたのは覚えてる。

で、式も無事に終わって2次会ね。
私さ、自分に男ん子がいなかったから、せっかくの出会いの場じゃーん。
だから、彼氏・彼女が欲しい人は、洋服に花をつけようってしたの。
花は大・中・小とあってね。

大の花は、ものすごーく、お相手募集中。
中の花は、ふっつーに、お相手募集中。
小の花は、そこまでないけどお相手募集中。
で、既婚者・お相手がいる人はつけちゃダメ。

大の花が売れるだろうといっぱい作ってたのに、大の花をつけたのは
私と、Hくんと、もう一人誰か男ん子の3人。。。

けっこう、みんなテレやだねぇ。
で、2次会も無事に終わってさぁ。出席してくれた人にありがとーんとかって
私あいさつしてたのー。

ある、男ん子がさ、
「幹事さん。。。大の花つけてたのに、出会いありませんでしたね。ぷぷ」
って。。。おい!なんじゃ、そのイヤミは?ってかんじー
そんなことしながら、終わった。

ま、私がホントに何も出会わないまま終わるわけないじゃーん。えへ
もう、目をつけてたの。ぷぷぷ
Hくんに。
だって、かっこいいんだもーーん。ガハハ♡

ソフトモヒカンで175センチ。けっこう、スラッとガッチリで、体系も顔も
クレイのタイプ♡

イヤミな男ん子はほたって、
クレイ「Hくーーん。今日はお疲れーん♪」
H「おぉ、お疲れやったねー。クレイ、よく飲んでたなぁ」
クレイ「ねぇ、今ね、イヤミ言われたぁ。大の花付けてたのに、出会いなくて
    残念だったねーって。ブーブー」
H「あはは。ま、幹事してたら出会えないからねー」
クレイ「ホーント、ざんねーん!飲み足りないしーぶーぶー」
H「よく飲むなぁ。ま、今度俺がおごってやるよ!」

(待ってました、そのお誘い!!!)

クレイ「えーー。ホントにぃ?んじゃ、お金おろしといてねーぷぷ」
H「定期預金を解約しとかないけんやか?!」

あははってな感じ。こんな会話だったとおもう。

私のお仕事の、2次会の幹事と大事な出会いをちゃーんとやり終えた時でした。

この後、Hくんとの仲があんな風になるとは、思いもせず。。。

このHくん。今だに思い出すし、生涯忘れることが出来ない男ん子になるだろうとは。
この時は、思いもしなかったわ。。。だから、けっこう詳しく書くわ。
だから、明日に続きを書くね♪
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:クレイ
  • アイコン画像 性別:女性
読者になる
クレイの恋愛記録

本気で異性を好きになったことは、ありますか?
女の私が感じた恋愛記録。

2010年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31