女學生手帖 

2005年06月07日(火) 0時48分

『女學生手帖』弥生美術館・内田静枝=編 を読む。
内容は、少女小説の紹介や、当時の女学生のファッション、学生生活、悩み相談、などなど。多様で面白い。
個人的にうれしかったのは、大好きな松本かつぢの絵が表紙だったこと。
…エスってちょっと憧れる。 こんな乙女時代を過ごしてみたかった。
もちろんその影には戦争というものがあったのだけど。卒業後はすぐに結婚という時代だったからこそ?こういった濃い文化(って言っていいのか分かんないけど)があったのだろうし。

母方の祖母が近くに住んでいるのでたまに訪ねていく。
私は昔の話を聞くのが好きで、それはとても興味深いからでもあるし、聞いておいていつか自分の子供にも伝えたいと思うからでもある。
この前は戦争中の話を聞いた。当時の祖母はまさに女学生。空襲のとき線路伝いに家に帰ったという話の時には涙ぐんでいた…。

エスについてはまだ聞いていないので、今度はこの本を持って行こうと思う。
ちなみに…祖母はその当時にしては長身で色黒だったため、あだながエチオピアだったそうだ。これには思わず苦笑。



やる気を出す方法 

2005年06月07日(火) 0時32分
最近生活することに対してなかなかやる気がでなかった。
部屋も散らかってきているし、自炊もしてないし、仕事も遅刻しないようにするのが何とか…という状態。
このままじゃ駄目だ!とは思うんだけど、明日からがんばればいいかーぁ。。というのが毎日続いていた。

この状態になってしまうと抜け出すのが難しい。楽なほうへ楽なほうへと流れいていってしまう。悪循環。

さすがにまずいと思い、明日は休みなので部屋を徹底的に片付けることにした。
というか、8日に人を呼ぶのでそれまでにきれいにしないとやばい。

明日やること→朝ジョギングする。部屋を片付ける。洗濯物干す。ちゃんとゴハンつくる。

今の時点ではやる気あるけど…明日はどうなっていることか。
やる気を出す方法ってなかなかないけど、私の場合部屋をきれいにすると「ちゃんと生活しよう」という気分になる。なので部屋の片づけを最優先事項にしようと思う。

地震と金縛り 

2005年06月03日(金) 4時45分
恐怖の二夜…。

一昨日は地震。Tシャツにパンツ一丁という姿で寝てたので、もしこれが大地震だったらこの格好で逃げ出さないといけないのね…などと冷静に考えてしまった。これからはきちんとパジャマを着て寝よう。

そして昨日は金縛り。しかも幽霊(の幻覚)まで見てしまったよ。幻覚だと分かっていても怖いもんは怖い! 
体が動かない状態であせっていると、白いシーツみたいな服を着た男か女か分からない人が「眠れ……!!」と言ってくるというもの。もうね、泣きたくなる。
無理やり体を動かすと、幽霊も消えた。
疲れてるのかな。

昨日購入した本 「女學生手帖」 弥生美術館・内田静枝 編 

*久々の実家* 

2005年05月30日(月) 19時10分

2ヶ月ぶりに実家へ帰った。
弟には会えなかったけど、特に変わったこともなし。なめらかプリンをおみやげにした。

来月親と一緒に山登りすることになった 日にちは未定。父親はすっかり張り切っている・・・。雨降らないといいな。

昼ごろ外に出たら雨は降ってるし、すごく寒い。薄着してたので買いたくもないカーデを買ってしまった。
そのあと本屋で、花輪和一「コロポックル完全版」 山本周五郎「青べか物語」を買う。
2005年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:hamatidori
読者になる
Yapme!一覧
読者になる