原油と通貨 

April 09 [Fri], 2010, 18:44
原油と通貨
原油が上昇すると
買い CAD、AUD、NZ
売り USD、JPY、EUR
両方 GBP
この仕組みを活用したトレードが、リスクヘッジキャリングトレードです。
私が、ドルカナとクロス円の関係をデイトレ編で記事に書いておりますが、意味がわからない!という方はカナダドルとドルカナを勘違いされてるかと思います。
「USD/CAD ドルカナ]
ですので「売り」になります。

原油が上昇すると下降相場になりやすい通貨
EUR/AUD、USD/CAD

原油が上昇すると上昇相場になりやすい通貨
AUD/USD、NZ/USD
AUD/JPY、NZ/JPY

原油が上昇すると上昇基調で乱高下する通貨
GBP/USD、GBP/JPY

判断が難しい通貨
USD/JPY、EUR/JPY

ドル円においては金相場、原油相場が上昇すると米国にとって痛いと言われていますが、為替相場の中では色々な要因が含まれます。
特に、オプションやリスク回避の行動に出た場合やキャリーに左右される事も多く判断が難しいですので、必ずしも金・原油アゲ=ドル円サゲではないとおもいます。

ユーロ円においては
EUR/USD、EUR/AUD、EUR/CHF
この3つの通貨のバランスを見る必要もあるため判断が難しい

買いスワポ通貨、売りスワポ通貨も参照にして頂ければより理解ができるかと思います。

方向性の目安として
ドルカナとクロス円(ポンド円を除く)の比較がテクニカルの最終確認、嵌め込み相場時の判断にサポートしてくれます。
ドルカナとクロス円が同じ方向に行く背景には輸出系の株が不調であったり、輸出系の企業決算であったり、オプションなどなどが絡みあうと発生しますが、少し長い目で見ればそれぞれが逆方向に動きます。
ただし、基本的なチャートの見方、テクニカルの熟知した方がいいです。
資金の流れを把握していない場合はこの判断手法は避けた方がいいでしょう。


あくまでも、為替相場とは色々な要因から成り立っている事を忘れないように!
あくまでも目安です!
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:hamachimasao
読者になる
2010年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる