Live情報★ 

January 23 [Tue], 2007, 21:29
2007年初のライブになります。
この間のイベントの、第二段が決定★

<Mischlingroove 2007☆PART 1>

(展示とLIVE)
◆日時◆2007年02月11日(日)
◆会場◆Left Alone 
http://www.left-alone.jp/
兵庫県芦屋市東山町4−13
◆出演◆Halue、Kenza 他
◆入場料◆1,500円

(展示のみ)
◆日時◆2006年2月24日〜
◆会場◆大阪ドーンセンター、三宮ミッドナイトエキスプレス
◆参加費用◆1000円

みなさん、是非、遊びにいらしてください!

+Halue+

ご挨拶。 

January 09 [Tue], 2007, 5:31
遅ればせながら。。
新年明けましておめでとう御座います。

昨年は激変の一年でした。音楽活動も開花し、
見事に当ブログの放置プレイをかましてしまいましたが、
今年はHPを再生させるべく、頑張ろうと思います(笑)

今年もどうぞ宜しくお願い致します♪

+Halue+

信じるということ 

December 15 [Fri], 2006, 16:16
あたしには、宗教なぞ、要らぬ。
哲学さえあれば、それでいい。

とは言え。
<信じる心>を忘れずに生きたい。
自分なりに信じていることを、糧に、生きてる。
<信じる>ということは、心の呼吸なんだ。
ただの防衛本能なんかじゃない。

昔から、宗教というものには
どうしても限界を感じざるを得ないのだが、
逆に、無宗教な人との会話にも、
理解においての限界を感じることが多い。

というのも、
すべてを頭でしか捉えない人。
物質以外の存在を認めない人。
世の<霊性>を全否定する人。
・・・どちらかと言うと、苦手。

しかし それが現実主義者なのか?
あたしは、現実から逃げているのか。

いいえ。あたしは・・・。
現実を、変えようとしている、ように思える。
むしろ、芸術家には、そういう意識は欠かせない。
世間を何ひとつ変えようとしない人のアートは、嘘だ。

混血アーティストEVENTに参加★ 

October 26 [Thu], 2006, 14:04
ひさしぶりの更新です。
イベント準備などで、またまた微妙に多忙でした・・・;
リニューアルは、コンテンツを減らさないと、どうにもできなさそう・・・。
ほんっと 厭ですね、有言無実行。(ーーll;
期待しないで下さい(苦笑)


で。どんなイベントなのかというと、、、これです!
遂に Halue初のソロ出演が実現します。

〜Mischlingroove 2006〜
マルチレーシャル・アーティストの集い

11月3日、4日:メイン展示会
入場料500円、朝10時から夜9時30分まで
◆会場◆アトリエ+ギャラリー『はるひ』
神戸市中央区日暮通5-2-18
http://www.haruhi.org/access/index.html

11月5日:ライブ、展示
入場料1500円
18時から展示開演、20時から23時までライブ
広東料理のディナーセットなどもあります。
◆会場◆Left Alone 
http://www.left-alone.jp/
兵庫県芦屋市東山町4−13
◆出演◆Halue/Kris Roche
※チケット予約、まだまだ受付中です。

Mischlingroove公式サイト
http://www.mischlingroove.org/

気になった方、近所にお住まいの方、
どうぞ、お気軽に、お立ち寄り下さい♪
ライヴに行きたい!てな方は、コメント頂戴。

ではでは、今日も 宣伝と準備に取り掛かります。

子供達 

September 15 [Fri], 2006, 18:23
いつもの帰り道。
両手を離して自転車を漕ぐ少年A。
少年B「危ねぇぞ〜」
少年A「(手をバタバタさせながら)へーき、へーき!」
少年C「だって、あいつ  チョイ悪やから」

久々に道端でふきだしてしまった。
これだから、子供って可愛い。

ああ。秋に突入。 

September 06 [Wed], 2006, 13:27
最近は何かと多忙で、更新が遅くなってますね・・・。
今の時点で、此処を覗いてくださる人なんて居るのかしら・・・。(^^;

とりあえず。元気にやってます。
秋にはLiveイベントもあるので、それの準備だとか。
アパートも、だいぶ片付いたし(一人暮らし、はじめました。)
何となく充実した毎日を送っています。
やっぱり、日本に来てよかった。

いきなりですが。今から、
サイトの大幅リニューアルに取り掛かります!
ので、このブログも、変わるかも。
サイトのURLは同じだけどね☆

久々の日記。。 

July 26 [Wed], 2006, 15:49
ご無沙汰しすぎててごめんなさい。
最近の私は、ライヴ活動に励んでいます☆
NIGHTWALKERというSOULバンドのヴォーカルとして。
(秋からは、ソロ活動も開始予定。)
しばらくは関西地区を中心に活動してます♪

さて、ここから雑談。

やっと『エヴァンゲリオン』に手を出してみた。
・・・・案の定、ハマった。
読み出したら止まらなくなりそうなのは、わかっていたはずなのにぃ。
同時に『ハチクロ』も読んでるんだけど(可愛いね。きゅんてなるね。)
やっぱり、エヴァみたいな系統の作品が、
いちばん、こう、胸がどきどきする感じ。
実存的な領域に入り込んでるアートがすきだ。
ゾクゾクさせられる感覚。リアル。

そういえば  『ブレイブ・ストーリー』
を、観に行きたいんです、ええ。
ファンタジーアニメなんて久々だし。

そしてそして!!
マライヤ・キャリーのLive行きが確定。
10月下旬の大阪城ホール公演!!
きゃあああヾ(*´∀`*)ノキャッキャ
実は、洋楽アーティストのLiveって、
あんまり行ったことなかったりするから
(それでも海外育ちか?)、
そういう意味でも、楽しみです。ふふ。

男という観念 

June 09 [Fri], 2006, 19:34
「男性」という存在が愛おしい。

自分のなかに、『フェミニズム』という観念が育まれた事実すら、
過去のトラウマによる 反動 に過ぎないのであって、
あのような経験をしていない、別次元の私のなかには、
生涯、芽生えなかった観念、なのかもしれない。
というぐらいに、私は、「男性」という理想を、好む傾向がある。
(勿論、私が思う『フェミニズム』というのは、
決して女尊男卑という意味ではなく、
男女平等、というニュアンスなんだけれども)

まあ、男尊女卑な女性というのもどうかと思うが、
やはり人間的に価値のある、
理性と感性のバランスがとれた、
「男性」には、憧れてやまない。

自分が幼い頃から見つめて来た男性に、
素晴らしい人間が多かった事も、影響してるのかな?

以前の私のなかには、
「男性に産まれていたほうが、断然、生きやすかったに違いない」
というような確信があったのだが、
今では、『女性』に生まれてよかった。と思う。

それは何故かって?

だって、『男性』という観念を、他者として、
異性として。愛される対象、として。
この眼で見つめながら、生きていけるんだもの。

お詫び。 

May 22 [Mon], 2006, 18:37
最近、うちのサイト上のBBSに入ろうとすると、
アクセスエラーが出てしまいます。(汗)
なので・近々、新しいのを放置しようかと思ってます。

普通の日記は、また後日。。。

あの人には、 

April 28 [Fri], 2006, 17:12
勝てない。

勝ち負けにこだわるタイプじゃないのに。
べつに、競い合っているわけじゃない、のに。

意外なところで、負けず嫌い。

いつか、貴方のレベルまで、たどり着きたい。
ただ、それだけの事。


____

どんな色に魅せられても
どんな色に汚されても
どんな色を呑み込んでも
どんな色に呑まれても
終焉には
『新たなる透明』で在りたい。

ささやかな祈り。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:halue
読者になる
Yapme!一覧
読者になる