「アバター」3D技術制作会社「韓国の技術に

August 29 [Wed], 2012, 11:18
  IT強国の韓国に世界的なブロックバスター級3D映画がない理由は何か。
  オートデスクメディア&エンターテイメントのスティッグ?グルマン副社長は「アイロニーだが、韓国人の優れた能力のため」と述べた。緑茶
  オートデスクはデザイン、エンジニアリング、エンターテイメント分野に3Dソフトウェアを提供する世界的な企業だ。 映画「アバター」をはじめ、「ベンジャミン?バトン」「アイアンマン」「カンフー?パンダ」などに同社の技術が使用された。
tシャツ シャツ アカデミー受賞作だけで17作品にのぼる。
  グルマン副社長は5日、米ラスベガスで開催された「全米放送協会(NAB)」行事の主要内容を韓国の顧客に紹介するため訪韓した。通販 お茶
  「韓国のコンピューターグラフィックと3D技術は最近、目を引くほど成長している。 特に映像だけでなく、ゲーム?製造?自動車?建築分野が融合して発展しているのが特徴だ」。
靴 革靴
  しかし残念な点もある。 3D関連産業自体が小規模制作スタジオ中心であるため、制作技術力や経験がグローバルレベルに達していない。サンダル 通販
  資金不足が繰り返されるため、独自の技術開発人材も足りない。 グルマン副社長は「こうしている間にも、韓国は少ない人材で驚くほどの結果を生み出す」とし「海外ではこれを韓国人独特の努力と職人精神のためだと見ている」と感嘆した。ドレス 新作
  しかし「3Dはすでに世界の流れで、ジャンルと国に関係なく品質や制作過程が国際化?標準化されつつある」と強調した。 「アバター」の3D映像に熱狂した韓国人がそれより品質が劣る3D韓国映画に満足しないということだ。紅茶
  グルマン副社長は「3D技術は従来の特殊効果レベルから、自然かつ現実に近い繊細さを追求する方向に発展する」とみている。
  グルマン副社長は「メディアであれエンターテイメントであれ、結局、中心はストーリーテリング」とし「3D技術をストーリーテリングにどう活用するかがカギ」と述べた。
紅茶
  続いて「最新技術は未来でなく現在の市場のトレンドを反映すること」とし「少数の人材が過去のバージョンの技術を持って何でもできると考えるのではなく、速く変化する技術を積極的に活用すべき」と助言した。
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/halona/index1_0.rdf