旦那様と初めての食事 

2015年11月10日(火) 16時00分
友人として、(後に旦那様)彼と初めて2人だけで食事をして、
待ち合わせの場所で待っていたら、かっこいい黒い車が私の前でとまりました。

まさかの彼でした。

よれよれの服で、目を真っ赤に充血させていた彼とは違い、清潔感のある服装。
そして、目も充血しておらず・・(笑)、きりっとしてまさかの一目ぼれ状態です。

ちゃらちゃらしているのかと思いきや、話してみると、緊張しているようでした。
恥ずかしがって、なかなか目もあわせてくれず、
そこがなんとなく、女性慣れしていなくて、私には、好印象でした。

実は、彼と出会う少し前、私は、他の人と付き合っていました。
とても私のことを大事にしてくれて、とてもいい人でしたが、難しい国家試験勉強に励んでいて、
アルバイトをしながら実家通いの方でした。

なかなか受からず、3年。
私も25歳になり、彼と将来を考えたかったのですが、彼の合格はなかなかで、ずるずる交際期間だけが
経過していたのです。
就職してほしかったのですが、一生懸命に勉強している彼を見ていると、
もうやめて、就職して!ということもできず、出口のない交際をしていました。
しかしながら、人柄が良かったので、ずっと付き合っていたのです。

そんな時、親戚が結婚しました。
両親は、その当時付き合っていた彼との結婚に強く反対しました。
確かに、就職もしていない、この先合格するのがいつかもわからない彼に両親の方が限界でした。
親と何度も衝突を繰り返しながら、交際は続いていましたが、
親戚の結婚式をみて、みんなから祝福される様子に、別れを決意したのです。

別れた時、親に、
もう一生結婚なんか出来ない!私のことをいいといってくれる人なんてもういない!
と大泣きしながら、怒りをぶつけていたのです。


次にもし好きになる人と出会うことがあれば、絶対に就職している安定した人と決意していました。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:みきりさん
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 職業:自営業
  • アイコン画像 趣味:
    ・節約やりくり-頭使うし、地味な作業ですけどね。
    ・インテリア-北欧風のインテリアがすき。
読者になる
2015年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる