モビットに借りて何とか助かった

August 11 [Sun], 2013, 17:28
Y2Kともいわれた平成12年7月、当時の大蔵省からそれまで大蔵省の中心業務の一つであった金融制度の企画立案事務を新たに移管し約2年前に生まれた金融監督庁を金融庁(金融再生委員会下ではあるが)に組織を変更。翌年の平成13年1月、ここに金融再生委員会を廃止し、内閣府(旧総理府)直属の外局となったのです。
有名な言葉「銀行の経営、それは銀行に信用があってうまくいく、もしくは融資するほど値打ちがないものだと見立てられて繁栄できなくなるかの二つしかない」(モルガン・スタンレー、ローレンス・マットキン氏)
ここでいう「重大な違反」になるかそうでないかは、監督官庁である金融庁が判定する。一般的なケースでは、些末な違反が非常にあり、その作用で、「重大な違反」判断を下すことになる。
つまり金融機関の格付け(能力評価)というのは、信用格付機関(ムーディーズなどが有名)が金融機関や国債・社債などの発行元に関する、消費者金融の信用力(支払能力など)を基準・数字を用いて評価するということ。
よく聞くコトバ、外貨MMFはどんな仕組み?国内でも売買することができる外貨建て商品である。一般的に外貨預金よりも利回りがかなりよく、為替の変動による利益が非課税というメリットがある。さっそく証券会社で購入しよう。
「はやぶさ」の無事帰還が話題になった2010年9月13日、日本振興銀行(現在の商号は日本振興清算株式会社)が経営破たんしてしまった。そして、初めてのペイオフ(預金保護)が発動した。これにより、全預金者のなかで3%程度とはいえ数千人が、上限額適用の対象になったのだと考えられている。
設立40周年を超えた認可法人預金保険機構の支払う補償最高額は"預金者1人当たり1000万円"と定められている。同機構に対しては日本政府そして日本銀行、加えて民間金融機関全体が大体3分の1ずつ
民営化されたゆうちょ銀行が取り扱うサービス等は郵便貯金法(平成19年廃止)に基づいた「郵便貯金」と異なる、民営化後は銀行法の規定による「預貯金」を適用したサービスである。
麻生総理が誕生した2008年9月15日のことである。アメリカの格付けAAAの投資銀行であるリーマン・ブラザーズが破綻(日本でいう民事再生)したことは記憶に鮮明だ。この出来事が全世界を巻き込んだ金融危機のきっかけとなったので「リーマン・ショック」と呼ばれることになったわけだ。
タンス預金の盲点⇒物価が上がっている局面では、インフレの分お金の価値が下がるので、すぐには生活に必要なとしていないお金だったら、安全で金利が付く商品にお金を移した方がよい。
平成20年9月のことである。アメリカの大手投資銀行グループ、リーマン・ブラザーズが信じられないことに破綻したというニュースがアメリカから発信された。この出来事が全世界を巻き込んだ金融危機の引き金となったので「リーマン・ショック」と名づけられたのだ。
いわゆる「金融仲介機能」と「信用創造機能」そして「決済機能」、この3つの機能をいわゆる銀行の3大機能と言う。これは「預金」「融資」「為替」という銀行の本業あわせてその銀行の持つ信用によって機能していると考えられる。
よく聞くコトバ、保険とは、突如発生する事故のせいで生じた主に金銭的な損失を最小限にするために、立場が同じ多数の者が少しずつ保険料を掛け金として納め、準備した資金によって予測不可能な事故が発生した者に定められた保険給付を行う仕組みなのです。
日本を代表する金融街である兜町の
今後、安定という面で魅力的ということに加えエネルギッシュなこれまでにない金融市場や取引のシステムを構築するには、民間企業である金融機関、そして行政がそれぞれが持つ解決するべき問題に積極的に取り組まなければならない責任がある。

ついに祖父に腫瘍が

September 29 [Sat], 2012, 1:06
私の祖父は95歳で、
今までに大きな病気をしたことがありませんでしたが、
そんな祖父についに腫瘍が見つかってしまいました。
ここのところ調子が悪かったのは、その腫瘍のせいだったようです。

腫瘍と言えば、もちろんそれが大きくなってしまえば癌になってしまいます。
しかしながら歳の事もあって、
手術をするとなれば、それは結構負担になってしまうらしく、
もちろんお金の方もかかってしまいます。

たとえ保険が効いたとしても、
その金額はかなりかかってしまうことで、
これはかなり困った事態になったものです。

さすがにキャッシングに手を出すかどうか、
家族の中でも悩み事になっているらしく、
今後我が家では、お金の問題に悩まされる事間違いないようですね。

祖父が入院しました

September 21 [Fri], 2012, 19:19
祖父がついに入院してしまいました。
ボケてしまったというわけではないのですが、
原因は低血糖なのだそうです。

頭の方はしっかりとしている祖父なのですけれども、
さすがにもう体にガタが来てしまっているのかもしれません。

となると、入院費用などもかかってしまうわけなのですが、
これが保険に入っていたとしても、結構かかるのですよね。
キャッシングまで手を出そうかどうか、
私の両親は悩んでいました。

高齢者という人々が増えていくと、
やはり医療費に占める負担の割合が増えますよね。
医療費に困ってしまう人も増えるわけで、
うちもそんな世代の仲間入りとなってきたのかなと、
そう思います。

とりあえず、頭がボケてしまっていないというだけでも、
助かっているのですけれども。

祖父の具合がよくありません

September 16 [Sun], 2012, 21:07
祖父の具合がだんだんよくなくなってきてしまいました。
私の母も実家にヘルプに行かなくてはならない状況です。
まあ、無理もありません。95歳なので。
あまりボケていないだけでもましですし、
寝たきりでもありません。食事も普通に取れます。

しかしながら、高齢者の祖父母だけの家庭というのは、
何が起こるかわかりませんから、
ほうっておくわけにもいきませんよね。

つきっきりの介護をしてあげるまでの必要はないのですが、
いずれは介護者も雇ってあげないといけないかもしれません。

そうなるとお金もかかってしまいます。
父はそのぐらいのお金は用意してあるとは言っておりますが、
やはり心配なものは心配ですよね。

高齢化社会が進む今、私達と同じ家庭の人も多いと思います。
お金の問題も考えなければなりません。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:エマ
読者になる
2013年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/halehalehohho/index1_0.rdf