精神療法の歴史〜その2

May 01 [Fri], 2009, 22:32
精神療法中の考えの関連する集まりは、カール・ロジャースで1950年代に始まりました。実存主義、アブラハム・マスローの工場および人間のニーズの彼の階層の中で基づいて、ロジャーズは主流焦点を、人を中心にある精神療法に合わせました。ロジャーズの主要な要求は、クライアントがそれらのカウンセラーかセラピストから3つの芯「条件」の受取にあるに違いないということです。人を「重視する」こと、個人、合同および感情移入の理解の人間性を評価すると時々評された無条件の肯定的な注意。「中核条件」の使用における目標は、クライアントの精神的に満足な状態の増強の助けになる非指示的な関係内の治療の変更を促進することです。クライアントは、この種の相互作用によって完全にそれら自身を経験し述べることができます。他のものは、マーシャル・ローゼンバーグ、非暴力コミュニケーションの創立者およびエリック・ベルン(業務処理分析の創立者)と同様にゲシュタルト療法の生成中のフリッツとローラのパールのように、アプローチを深めました。その後、精神療法のこれらのフィールドは今日、人本主義の精神療法として知られているものになるでしょう。セルフヘルプグループと本は広範囲になりました。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:hal7
読者になる
2009年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる