微熱。 

2008年05月29日(木) 22時16分
 微熱が続いています。
 風邪のような気もしてきたので、とりあえずの葛根湯。
 治ればいいのだが。。。。。

 明日は、診断書書いてもらいに行って来ます。
 混んでたら、嫌だなぁ。。。
 時間が読めないところは苦手。

 最近、PCの調子がイマイチです。
 ・なぜか本体電源に反応しないディスプレイ。
 ・突然反応しなくなるキーボード。
 何かの呪いだろうか?

 とりあえず、明日は中吉、飲食にツキ有りだそーなので、
時間が有ったらオッチャホイでも食べてこようか。
 それとも○○名物イタリアンか?

はるでした。

季節感0だね。 

2008年05月28日(水) 21時40分
 薬の副作用で、微熱続き。&顔面から発汗。 変な意味で夏を先取り。

にっきらしきもの 

2008年05月25日(日) 19時50分
 友人「あるじゃ」が、行った事ないというので、新潟県村上市の
プラネタリウムへ行ってきました。
 ついでにイヨボヤ会館というところにも言ってきました。
 ぷち観光気分。

激しく久しぶりの更新 

2008年05月19日(月) 22時26分
 激しく久しぶりの更新です。
 でも書くコトがないなりよ。
 窓の外から、かえるの鳴き声が聞こえてきます。
 あぁ、またかえるが出る季節になったんだね。
 家から半径10Km以内のかえる、全部居なくなればいいのに。

 はるでした。

気づかなかった… 

2006年08月05日(土) 21時24分
 私の借りている借家、国道からも近いのですが、付近には
かなり大きな面積の田圃が広がっています。
 今まで、あまり気にしていなくて、せいぜい「あんまり派手
に農薬とか撒かないで欲しいなぁ」位だったんだけど…。
 田圃→水→微生物、水生植物→水棲昆虫→水棲動物(魚
類・両生類…)
 つまり、ご近所に両生類が住んでいる…。
 家に帰ってきたら、玄関のドアのガラスに…カエル…張り付
いてる…。カエル…一瞬、パニック。心臓バクバク。叫ぼうにも
声にならない。怖い…。(相手は4cm位だけど。)何で、ここに。
って、田圃の近くなら居るわなぁ。と冷静を装いつつも。ほうき
で、ドアをバタバタ。ほうきの先ですら、触りたくないので…。
 これで、もっと大きいのとかが出現したら、どうしよう。つうか
ヘビも居る可能性、多いよねぇ。
どうしよう。不動産屋さんも教えてくれなかったよ、こんなこと。
(まぁ、言わんわなぁ、普通。)
しばらく、ドキドキの生活が続きそうです。
 学生時代、生物系の教師が飼っていた「アフリカツメガエル
」を想い出し、さらにドキドキがとまらない…。

はるでした

発見! 

2006年08月05日(土) 20時56分
 今日も相変わらず暑い日やね〜。
そんなわけで、こんな日は涼しいところへGO!
一番近くて、長居できるところ・・・?で、「本を売るならブック
○フ」へGO!
 まぁ、あたしにとって、この古本屋さんて、いわゆる「トンデ
モ本」(〜の世界とかでなく、トンデモ本そのものね。)を探す
フィールドになっています。
 で、発見。
・(凶事・鬼門を避け、人生を成功に導く)大開運吉方位
・著者・・・「建築家・小林祥晃」
 いわゆる「方位学」≒「風水」の本です。まあ、方位、風水
などは、個人的には「(中国発祥で)古来から伝わる、街づく
り、家造りの知恵。で、そこに「住む」事で、人間がより暮ら
しやすくなる。」くらいの認識。しかし、たとえば、地名として
の「江戸」の街づくりなんかは、これらは充分考慮していたな
んていう説もあるし、まあ、まぁも白いかもな。なんて感じで
買ってきて、読み始めて…。うん、理論はあんまり飛躍して
ないし、書き方はそこそこまとも。誰かの風水の本みたいに
「色」だけにやたらこだわってないし。
 こりゃハズしたかなぁ?と想いつつ、著者名…?ん?(気づ
いている人も居るでしょうね)こ・れ・は・・・。
「Dr.コパ」…。ご本人…。
いったい、彼はいつから「色と玄関とトイレ」にこだわる人に
なってしまったんでしょうか?
もちろん、金運の「香り」などの記述は、なし。
人って、変わるね。お金のためにも?自分の意志を曲げて
いるのかなぁ?それとも、今の彼の活動や著書が「かいつ
まんで、判りやすく」なのかなぁ?だとしたら、日本人の知
識レベルの問題なのかなぁ?という感じでした。

はるでした

暑くて、溶けそう 

2006年08月03日(木) 19時31分
 暑いよ〜汗汗。
 今まで、我慢してたエアコン、電源オン!(一人で居るとき
は、我慢してたのでした。つうか90%以上一人だけど。)
 さて、次の電気代が幾らになるのか、今からドキドキです。
なんせ、借りてる家の備品だから、一言でいうと「古い」ので
す。故に、使用電力量のデータがなくて検討ができない。
 ある種、ギャンブル(おおげさ?笑)。
  ☆    ☆    ☆    ☆    ☆    ☆
 ガソリンの値段が、上がりました。
 タバコも、値上げされました。
 あたしの財布は、いつ、破綻するのでしょうか?結構笑って
られない状況に近いね…溜息。
 車がないと、生活が不便なところだし、バスは本数無いし。
タバコは、本当は減らしたいの。いいこと無いしね。
 それで、タバコの買い方を変えました。
(今まで)
 買い物などで、出かけたついでに2〜3箱。手元に最低1箱
ストック。
(今月から)
 出かけたついででは、買わない。ストックも置かない。なくな
ったら、限界まで、我慢。限界が来たら歩いて自販機へ。
 これで、減らせるのだろうか?まぁ、うつに悪影響を与えるほ
どのストレスが来た場合は方針変更するけど。

  ☆    ☆    ☆    ☆    ☆    ☆

・どうでもいい話

 今日、水道の検針がきました。普段、洗濯やお風呂で調整し
て、(この街の水道は、二ヶ月に一回の検針で、基本水量が2
0㎥=20,000リットルです)。いままで、なるべくギリギリまで
使い切っていたんだけど、今回、の使用水量、18㎥…負けた
感じが、する。 

 で、さっきタバコを買ってきました。銀色の箱の薄荷煙草。
(なんかメンソールって言うより、この言葉(字面?)が、スキ)
でね、標準サイズと、長いのがあるんだけど、標準サイズを購
入。取り出し口に手を入れると「?」長い箱の感触。ん、押し間
違えたのか?と想ったら、ライターが付いていました。これは、
ラッキーなのかなぁ?
 まあ、プチ幸せかな?
 もし、石器時代の人だったら、多分超ラッキー!だよ
ね?(そこのあなた!石器時代に自販機が有る訳ないとか突
っ込まないように。)

はるでした

信州帰り編・2 

2006年08月01日(火) 20時50分
結局三人がかり、所定から10分以上経ったところで、運転士
「多分、ドア回路のヒューズ。閉のままなので、運転続行しま
しょう。これ以上遅れ出せないし。」結局12分遅れ。
 動き出してから、お詫びと案内。ドアには「故障中」の張り紙。
つうか、印刷(コピー?)を張ってあるって事は、ドア故障、多い
の?などと想いつつ。各駅間で、運転士氏が結構気合入れて
るのが判る走りっぷり。
 結局、遅れを多少戻しつつも終点・直江津には10分位の延
着。で、雨も激しく、乗り継ぎ予定の列車も、遅れているのは
判っているのだけど、程度が判らないので、売店で水分補給
した上で、ホーム喫煙コーナーで待機。
 ホームに居て、駅員さんの遅れ案内の放送を聞いて時間つ
ぶし。放送してた人、結構テンパッテる感じで。「〜ゆえに」、
「〜しかるに」って、もちろん意味は判るけど、あなたは時代劇
の人ですか?って感じで。
 んで、結局遅れてきた乗り継ぎの「快速・くびきの」到着の放
送。ん?さりげなく運転士の停止位置に関係者登場。右手に
は「紙片」。…運転通告券?かな?
 発車後、すぐに遅れのお詫び放送とともに、この先の運転予
定。「雨量計の数値が規制値を超えたので徐行区間がある」
旨。…さらに遅れそうですね。急ぐ旅だったら、きっといらいらし
てキレそうになってるんだろうなぁ?なんて、自己分析しつつ。
あ、徐行区間に入ったね。トロトロ走行(安全のためです)。
 しかし「快速」に乗っていて、すぐ脇の農道を合羽で完全武装
した、自転車のおじさん(多分)に追い抜かれると、ちょっと…。
 しかしオヤジ、速いなぁ。
で、徐行区間通過後、先ほどより、さらに気合の入った回復運
転。
 でも、甘くはなかった…。その先で、更に徐行区間が…。もち
ろん、徐行区間通過後は、怒濤の回復運転。腐っても485。(
褒めてます。)特急方の走りはまだ充分!
 でも、結局、終点新潟で乗り継ぎ予定の列車には、間に合い
ませんでしたが。
 細かいアクシデントは有っても、JR東日本の社員の方々の
頑張りで安全に到着しました。
 本当に、彼らの爪の垢集めて、西日本旅客鉄道の幹部以下
一部の人間に飲ませてやりたい感じでした。
 まぁ、自分自身も偉そうな事なんか一つも言える立場ではな
いけどね。
 仕事に対する「想い、気合」は、自分に取り戻したい、て想い
つつ。

はる

日々、ムラだらけ。(信州帰り編・1) 

2006年08月01日(火) 19時55分
 なんか、本当に不安定。っていうかムラが激しいな、我なが
ら。
 とりあえず、梅雨明けしたので、7月20日の先送り分。
(信州の帰りの大雨編)

 ☆    ☆    ☆    ☆    ☆    ☆    ☆

 んと、とりあえず長野駅から「普通・妙高号」乗車前に、改札
で遅延の確認。「到着列車に遅れは出ているけど、始発だか
ら大丈夫」と、駅員氏。で、信州名物の「そば」をホームの立ち
食いで堪能し、いざ、乗車。発車後、北長野に留置中の「サハ
211」をみて、ため息。
若いのに、このまま引退か
なぁ?どうするのかなぁ?なんて想いつつ、二つ目の三才駅に
停車。車掌のアナウンス「行違いの列車が遅れているので、
発車が五分ほど遅れる」とのこと。
 胸を張って言えることではないけど、結構ニコチン中毒な私は、
ここぞとばかりホームで一服・・・?ドア、開いてない?隣の車の
ドア、開いてる。とりあえず、ホームから見ても、側灯「点」。(「ド
アが、閉まっていない」の表示)喫煙コーナーが見当たらず、で
も、何かあると嫌なので、ホームの策から黄道上に身を乗り出し
て、一服。まだ交換列車来ないなぁ〜、なんて想いながら、列
車後部を見ると、車掌さんがこっち見てる。なんか言いたそうに。
あ、喫煙コーナーほかにあるのかな?とか想いながら、乗務員
室付近へ。「上りが来たら、すぐ出るから気をつけて」。ふぅ、怒
られなかった(笑)。「反応灯(出発信号機に、停止以外に現時
がなされたときに点灯。感じとしては、車を運転してるときに、交
差点で横の信号を見ている感じかなぁ)見て吸ってる」って答え
て、そういえばと想って「この車(183−1000と189の混結)って
一扉だけ閉とかの扱いできるんですか?」車掌さん「?」。「2号
車先頭方、開いてない」車掌さん、ダッシュ!まだ対向列車も着
ていないので、状況見ながら2本目点火。あ、もう一人、若い車
掌さんが乗ってたのね。で、車掌さん二人で、対処開始(この中
に「蹴り」も…。)そうこうしてる内に、対向列車は到着、発車。
 こっちは、ドア対処で車掌さん焦りが見えてる。最初の車掌さ
ん、若い方の人に「運転士呼んできて!」。

(2)に続く・・・

だいたひかるサン 

2006年08月01日(火) 19時24分
 だいたさんみたいに、生きて生きたい。ふと、そう想う。
 別に、彼女のすべてを知っているわけじゃぁない。でも、
彼女を見てると、凄く共感できる。「どうでもいいこと」。彼女
はそれを「笑い」に転換している。ギャラリーは、その、どう
でもいいことに(を)受け入れて、笑う。結果は「あるある」ネ
タなんだろうけど、その、一般の人たちが、どうでもいいと想
うことに、目をつけるところが、いいんだけど。
 「100%元気!」じゃなくても、良いよね?

はる
2008年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像アニー
» 激しく久しぶりの更新 (2008年05月20日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:hal-cha
読者になる
Yapme!一覧
読者になる