会って 

2011年05月21日(土) 21時31分
今日は昼ごろひ近所の道場へ行って練習してきました。
練習不足のせいもあって引き量の不足を指摘されたが・・・

自分の弓道人生の中での「会」の時の認識では
・引き分けの段階で妻手(手首)の力を抜いて肘の一点で降ろしてくる
・肩甲骨を意識して左右均等に分ける
・肩が上がらないよう十分押しを意識する
・妻手の肘は後ろ(背中方向)に持って行く
                             等々

って意識だったが
肘の一点で降ろしてくるのには限界があるのでは?と感じる今日このごろ(;´Д`)
どんなに頑張っても肩 〜肘の距離は変わらない訳であって引く量を増やそうと考えたとき、肘だけでは限界があるんじゃないか?

・・・という訳で周りの人に聞いてみた♪
その中で「会の段階で肩で引く」と言う人がいた

普通会の段階で肘は後ろ(背中方向)に引く意識だとは思うが、その人曰く、会での肘は下方向に持っていく!らしい
よく女の子がショルダーバックを肘にかけてるイメージをそのまま後方に持っていく
その際肩を使うと不必要な力みを必要としないで引けるらしいし、肩だと固定させるから中りも安定する 

納得出来たような出来てないような・・・(´ε`;)
もう少し研究をする必要があるようだ






P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:白鷹
  • アイコン画像 誕生日:9月6日
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 現住所:岐阜県
  • アイコン画像 職業:
  • アイコン画像 趣味:
    ・弓道
    ・野球
    ・睡眠www
読者になる
2011年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる