及川玄太 FX業界のタブーを完全網羅したこの企画のすべてをお教えします!【期間限定特典情報!】 

2009年11月04日(水) 11時03分








E-BOOK白書 投資編


〜推薦者の声〜

■経済ジャーナリスト 仁科剛平様

情報商材というと、虚実はっきりしない派手な広告で数十ページのPDFファイルを数万円から十万円という高額で売りつけ、中身はマネー雑誌の切り貼りレベル、という話をよく耳にします。

「E−BOOK白書」ならば、一冊の中に購入すれば500万円近い投資法が収録され、内容が詳しく明かされているのですから、これだけ押さえておけば、もう、詐欺のようなインチキ情報に騙される事も、ありませんね。

本書にはおもわずひざを打って感心した優れた投資戦略も多々ありました。

本書は我々専門家にとっても今後の投資法を研究する上で指針となるバイブル的存在、ある種のネタ元となる事は間ちがいありません。

これほどの価値ある内容の情報を、この価格で公表してだいじょうぶなのか。

市場に与える影響を考えて私は少し不安になりました。E−BOOK白書は、少数の人々によって独占されるべき情報でしょう。

この市場環境の逆風の中、損失を出し続ける多くの個人投資家やプロの投資家を尻目勝ちを治める事も不可能ではありません。

それには特別な努力や歳能は必要ありません。

ただ本書を手に入れ、最適な投資戦略を見つけ実行するだけです。

紙面も見やすく、そして入門者にもわかりやすく編集されており、「E−BOOK白書」は投資の実用資料としてとっても完成されたものであると感じました。

ひとりでも多くの個人投資家の皆さんが一日でもはやく本書を活用し、投資で充実した生活をおくる人々の仲間入りをしてほしいとおもいます。

★お客様の感想や口コミ、効果や実際に試したプログラム実行者の声や教材の内容やレビュー、実体験に基づく体験などを投稿しています。


E-BOOK白書 投資編



【期間限定特典情報!】


発売記念特別価格!


定価55,000円が、なんと!!67%OFF18,000円


先着999名様に特別プレゼント贈呈♪


E-BOOK白書 投資編



この業界で内容の公開は「ネタばらし」「暴露」といわれ、絶対のタブーとされてきました。

今回この企画をはじめることで悪質情報の発行人は、「情報だから中身を知られたら価値がなくなる」といい、弊社に対しても沢山の抗議や嫌がらせを仕掛けてきています。

しかしそれは販売者側の独善的な思い込みと主張です。

例えばあなたもご存知でしょうか、菅野一勢氏の「1億円ライティング」という商品がありますが、既に余りにも有名なこの「古典」の内容・粗筋・評価はネット上でほぼ拾うことが出来ます。

それであっても、今でもお金を払って全文を読みたいという人はいます。

しかし、私共の発売する『E-BOOK白書』で投資法の内容やロジックが公開され、購入者がいなくなるような情報は、そもそも情報の価値が低いか価格が不当に高いかどちらかなのです。


E-BOOK白書 投資編



「営業妨害」「内容暴露だ」と騒ぐ方達は、基本的に自らが誇大広告・虚偽広告を行っている、又は法律の範囲内で引用、要約され、論評されるだけで価値のなくなる情報を販売しているといっていると自ら白状しているに等しいのです。

本当に広告に書かれているような1000万、2000万と利益を生む投資法が、適正な価格で販売されていれば、読者は『E-BOOK白書』で内容を知った上でもさらに購入して一字一句全文を読もうと思うものです。

我々背は本屋で立ち読みを自由にできます。

書店が万引きで潰れたという話は聞きますが、古来立ち読みのせいで本屋の経営が立ち行かなくなった、という話は耳にしません。

諸悪の根源は

・不当な価格で販売されている

・価格に見合わない情報が氾濫している

これに尽きるのです。

『E−BOOK白書』プロジェクトは業界の健全化を実現する切り札だと自負しております!

我々の『E-BOOK白書』では、著作権法第32条で認められる権利に基づき、引用、要旨説明、論評、評価を堂々と行って内容をオープンにしております。


E-BOOK白書 投資編



ここでは、経済新報株式会社 及川玄太さんのE-BOOK白書(イーブック白書)投資編2009年最新版/経済新報株式会社(特別価格) の口コミ 感想 レビュー 評価 購入者の声 評判 ブログ検証 暴露 比較 ランキング クチコミ 内容 効果 方法 教えて 日記 コメント プロフィール 【期間限定特典情報!】などの情報を公開してます。



その他のお得な情報はこちら


FX完全攻略マニュアル 検証

株で稼ぐ技術〜2009〜 曽我光 レビュー

FXスタートレーダー 山本浩史 レビュー