地震で考えたこと 

July 17 [Tue], 2007, 0:46
今日、大きな地震がありましたね
被災地の方々の生活はきっと大変だと思う
当たり前のものがないという生活、命の危機にさらされながら生きるということ、ものすごく精神的な負担があるだろう
わたしの住むところもいつそうなるかわからない
防災グッズを準備しておかなきゃと思った日でした

あとひとつ考えたこと
彼と離れ離れで被災したらどうなってしまうんだろう?
彼が怪我をしたり、最悪の場合死んでしまったとして、わたしは知ることができるんだろうか?
そんなことを考えてしまって、ひとり悲しくなってしまった

わたしが地震発生を知ったのはお昼頃
テレビをつけて驚いた
そして彼は大丈夫だろうかと気になった
北陸にいると前日の電話で聞いていたから、きっと地震の影響を受けているはずだと思った
すぐに電話で安否を確認したかった
でも、ふと考え直してメールで「大丈夫?怪我とかしてない?」と打って送信した
電話はつながらないかもしれないし、現地で連絡とるのに必要になるだろうから余計な電池は消費させたくないと思って

時間は経ち、どうしているのかな、と気にしていても返事はない
たった一言でも返してくれたら安心なのに…
このとき電話をしたらよかったんだけど、なんだかできずにいて
彼からのメールが一向にないことで不安がふくらんでしまった
もし、良くないことが起こっていたらどうしよう
わたしに知らせは来るのだろうか?
当然家族ではないし、彼女だとわからなかったら、わたしはずっと知らないままだ
知らずに彼の無事を信じて待つことが、わたしにできるだろうか
ちょっと考えすぎな気もしたけれど、今の関係のあやうさが浮き彫りになったと感じた

そしてわたしは彼と離れていたくなくって、結婚したいのかもしれないと初めて思った
まだ具体的に考えることはできないけれど、今よりも絆を深めたい、立場を明確にしたいという思いは強くなったように感じる
彼はどういうつもりか全くわからないから、なんとも言えないけれどね

安否確認メールを送って半日以上が経過
便りのないのは無事な証拠、と言い聞かせてはみているものの、気になってしまう
あ〜振り回されてるなぁ
何事もなくまた会えて、憎まれ口を叩きあったり、抱きしめられて眠る日がすぐに来ることを祈って眠りにつこう

Take it easy. 

July 12 [Thu], 2007, 21:39
情緒不安定な最近
すごく涙もろい
ネガティブな方向に妄想が膨らんで、ひとりで勝手に落ち込んで涙する
完璧な独り相撲

彼が近くに居れば、話したり当たり散らしたりで発散できるかもしれないけど
めずらしく二週間ばかり会っていない
電話は時々、ほんの短時間しているけど、そんなの気休めにしかならなくて
今週会えるかもしれなかったのがダメになったと聞いたら、なにかがふつりと切れた
電話を切った途端泣いてしまった

会いたいという気持ちがすごくあるのに、ここまで来てとわがままを言えない
お互いの優先順位を尊重しなきゃって思うから
彼はそれをしてくれているように感じるから
わたしもそうしたい
だから仕事や決まった約束を反古にしてまでここに居てほしいとは言えないし、言わない

わたしがファーストプライオリティーの位置にあったらいいのになって思うこともある
だけど到底そうは思えなくて、「わたしって何なんだろう?」またこの疑問が渦巻く
恋占いをいろいろやってみたり、無駄な抵抗をしてみても結局不安は解消するわけじゃない

自分に自信を持つのってどうしたらいいんだろうな
愛されていると実感できるようなこともないし、何か確固たるものを持っているわけでもない
「中途半端な状態でもいいや、わたしはわたしだ」って、開き直ってしまえばいいのかな
そう思えたらずいぶん楽だろう
思い詰めるのはやめよ!

あたまとこころ 

July 06 [Fri], 2007, 0:52
仕事でいろいろあって、心が疲れていた
彼の声を聞きたいと思って、「12時ころに話せる?」とメールした
返ってきたのは「仕事中だから出来たらメールにして」というもの
見た瞬間、涙がじわっとにじんだ
あぁ、わたしは愛されていないのかなって

でも、彼の立場になって考えればそうでもない、ようにも思える
わたしだって仕事中に恋人から電話したいって言われたら同じように答えるだろう
彼の立場は理解できる、頭では

心のほんとのところではがっかりしたり、悲しかったり、本当に仕事中?と疑ったり、わたしの存在はあの人にとってなんなんだ!と怒ったり…
それはもういろんな感情が渦巻いていて、これを全部彼にぶつけてしまいたい衝動に駆られたけれど、やめておいた
仕事をしているという彼を疲れさせたくなかったし、あとであんな言葉送らなきゃよかったと後悔したくなかったから

それでも、わたしの返信メールは今見たら疲れちゃうような内容だったかも
「いろいろあって声を聞きたかったけど、仕事だったら大人しく寝ます(涙)」
なんて、わたしが受け手だったら煩わしく思ってしまうだろう
それだったらもっとワガママに振る舞うか、何も言わないか、どちらかにすればよかった
それとも別のやりかたがあったのかなぁ?

とりあえず心の疲れは解消されずじまいで、自分で自分を癒すしかないようです

 

June 22 [Fri], 2007, 12:38
一週間ほど、彼に会っていない
それが本来は普通な状態なんだけれど、すごーく寂しい
今まではあんまり近すぎて、居なきゃいいのにとか思っていたこともあったはずなのに

昨日の夜、声が聴きたくなって電話をした
すぐに出てくれたけれど、眠ってたとこを起こしてしまったらしくてちょっと不機嫌そうだった
仕事で疲れてるところ悪いなとは思ったけれど、寂しくて、彼の声に癒されたくて、「なんかしゃべって」ってわがままを言ってみた
ちょっとくらい付き合ってくれるかなって思ったら、期待はずれな結果に…
「ごめん、寝かせて」って返事

電話を切ってから、ぽろぽろ涙がこぼれてきた
寂しくて逢いたくて、こんな風に泣くとは思ってなかった
そして、わたしの疲れてる心を癒せるのは、まず彼なんだなぁって実感した

ひと泣きしたら気が済んだのか眠ってしまった
涙を流すのは精神的にいいことってよく聞くけれど、本当にそうだなぁ
わたしはよく泣く
感情が高ぶってしまうと涙が出てしまう
彼とケンカや言い合いをしてるときなんかも涙目、鼻声になっちゃうし
悲しいわけじゃなく、言いたいことが上手く伝えられないだとかもどかしさで泣いてしまう
冷静な話し合いができないまだまだ子供なところ
でも、こうなってしまうのは今まで家族だけだった
そう考えると、彼はわたしのすごく近しい人になっているってことなんだな

これからも一緒にいられるよう、今度会えたときは、ちょっと優しく接しよう

今まで、これから 

June 18 [Mon], 2007, 0:14
新しい暮らしを始めて二ヵ月と少し
ひさびさにゆっくり買い物をして、観てなかったDVDやCDを聴いて夜を過ごしている

今聴いているのは「古武道」のアルバム
チェロとピアノと尺八の才能あふれる音楽家によるトリオ
尺八がフルートみたいで、驚いた!
オリジナル曲もいいし、ラフマニノフのピアノ協奏曲第2番第2楽章みたいにクラシックをアレンジしてあるのもいい

こうやって家に一人でいるのが普通だと思っていた
でも彼がよくいるようになって、そっちの割合が増えてしまって、二人でいることに馴染んでしまった
だから今一人でいることが開放的でもあり、寂しくもある
気にしないようにしたって、彼が何をしているのか、やっぱり気になってしまうし…

この部屋に居ないでほしいとか、別れるまではいかなくても距離を置きたいと思ったこともあるけれど
彼と一緒にいて言いたいこともたまには言えてるし、まぁなんとか半年を越えてこれからもこんな感じで過ごしていくのかなと思っているところ
相変わらずラブラブなんていう状態になったことはなく、わたしが憎まれ口叩くとプロレス技かけられちゃうような間柄で大丈夫なんだろうかとも思いますが

半年を越えるお付き合いをしたことがないというのもあって、ここからは未知の領域
今までも未知な分野(一緒に暮らすことだとか)を開拓され、それに対して抵抗したり不安や不満に思ったこともあるけれどね
この恋愛がどういう結末になるにしろ、いい経験になると思うから、わたしは流れに身を任せていこうと思う
友達には不安や不満しか言ってないからいつも別れなよって言われてしまうけれど、すぐに関係を断ってしまうのはなんだかもったいないと思う
普通に暮らしていたら出会うことなかった彼と出会って、好きになって、今のわたしがあること
そしてこれから先どんなわたしになっていくのか興味がある

お互いに良い影響を与えられたら、と思うけれどわたしは彼になにかプラスになっているのかな
それが気掛かり

好かれているってわかることもあるけれど、どういうところが良くてわたしと付き合っているのか不明
そういうこと全く言ってくれない彼だけど、仕方ないかなぁ
わたしだってちゃんと言葉に出せないもの
たまに「大好き?」って聞かれるからその時に「大好き」って返すくらい
あとは大した愛情表現もできていないから…
もっと素直になりたい
これからの恋愛目標はこれも追加で暮らしていこう

お酒の勢い 

June 05 [Tue], 2007, 19:19
不安やイライラ、その他諸々のネガティブな感情から逃げたくて、先週金曜日、お酒を買った
杏露酒のボトル
大学時代に演奏会の打ち上げでいっつも飲んでいたあの懐かしいお酒
ソーダ割りとロックで半分くらい飲んだらいい気持ちで寝られた

次の日また飲んで、酔うほどではないけれど顔が赤くなったわたしは、お酒の勢いを借りて彼に不満をぶつけてみた
「わたしのことどう思ってるの?」
「イライラしちゃうなら一緒にいない方がいいよ」
「好きじゃないならここから出ていって」
などなど…
はじめのうち、彼はわたしが酔っているからってちゃんと聞いてくれなかった
キスをしてきたり、エッチに持ち込もうと服を脱がしにかかってきたり
わたしが真面目に話をしているんだって冷静に、最後は涙混じりになってやっとやめて、
「彼女だと思っているし、話していてイライラはしない」という答えが返ってきた

まだ釈然としない部分もいろいろあるけれど、とりあえずは付き合っていこうと決めた
別れに注ぐエネルギーを仕事や試験勉強に費やしたいっていうのも正直なところあるし
流れに身を任せてみようと思う

もうすぐ半年一緒にいることになるあの人だけど、知らないことは沢山
逆にわたしは大部分を彼に把握されてしまっている
ダメダメなわたしを変えようと掃除しろだの色々言ってくるけれど、そうすぐに変われない
ものぐさなわたしそのままを受けとめてはくれないんだろうか
これはワガママになるのかな…
うん、なるよな
成長がない関係はイヤとか思っておきながら、自分には甘いっていうのは自分勝手だわ
精進しよう
お酒の勢いを借りるのもたまにはいいとわかった週末でした

まだかなぁ〜 

May 29 [Tue], 2007, 1:19
日帰り京都は楽しいものでした
若沖展はものすごい混みようで、一時間半も炎天下のなか並んだけれど、釈迦三尊像+動植彩絵が見れて大満足!
会社の同期とのおしゃべりや夕暮れの鴨川沿いを歩いたのもいい思い出

今週もまた仕事が始まったけれど、なんかどこかうわの空だった

それは京都が楽しかったのもあるし、彼にちょっとイライラしてたのもある
いつもわたしにすべてを話してくれない彼
今どんな仕事をしているとか、少しくらい教えてくれたっていいのに
スパイでもしてるのか!ってツッコミたくなるけど、なーんか言えない
静岡にいるときは仕事してるそぶりを全く見せない彼に朝からむかついてしまった
わたしが慌ただしく準備してるのにどこ吹く風で寝てるんだもの
大丈夫かな、この人?と心配にもなるけれど、ホント何してるんだ?わたしに言ってた職業とは違う?嘘つかれてる?と考えたら怒りがわいた

そんなこんなでムスッとしたまま家を出て、仕事に行った
週の始まりだけど、さわやかじゃなくどんより気味
今日の天気みたいに心もすこし寒かった
移動中、スピードの出ている車のなかで、今ここで事故にあって死んでしまったらどうなる?と考えた
彼には会えないまま?
わたしの部屋にいる彼はどうするんだろう?
考えたら涙が滲んだ
そして、わたしは彼を失いたくない
でもいつ離れてしまうことになるかわからない
だったら、会っているときはひとりで機嫌を損ねてないで仲良くしよう
好きだってこと伝わるようになるべく行動に移そう
そう思った

それからは気分は凪いだ状態に
彼に会いたい気持ちも膨らんだ
そして、思ったことを実行しようと彼の帰りを待っているんだけど…まだ戻ってきていない
東京から深夜列車でこっちにくるのかしら?
連絡は来ていない
「おかえりなさい」ってそっけない顔じゃなく笑顔で言いたいのにな
早く帰ってきて〜

京都へ 

May 26 [Sat], 2007, 9:37
京都へ日帰り一人旅にむかっています

京都国立博物館と相国寺承天閣美術館へ

京博では道長展が、承天閣美術館では若沖展が特別展として開催されていて、それらを観に行くのが目的

本当は彼も一緒にいけたらな、なんて考えていたけど、東京へ行くとか行かないとかいう話だったのであきらめた
ちょっとさみしい


でも京都は大好きなので一日めいっぱい楽しもう!って思う
朝はちゃんといつも通りに起きて、出かける準備をして、彼にいってきますと言った
そうしたら彼は「足痛いからちょっとマッサージして」と…
(なんだこのだだっ子は!)と思いつつ、足を揉んであげた
わたしも甘い?
ていうかお母さんじゃないんだよー!

こんなことをしていたら、新幹線に乗り遅れた
一時間遅れで京都へむかっている次第
よい一日になりますように

話し合い 

May 24 [Thu], 2007, 19:17
昨日、仕事から帰って、彼と話をした
全然冷静になんて話せなくて、感情が高ぶってしまって泣きながら、鼻ぐずぐずさせながらだったけれど

話しだすきっかけは、彼がわたしの送ったメールを見ていなかったことから
以前のわたしの裏切り以来、彼はわたしのメールを見なくなったらしい
それがわかって、「じゃあわたしってなに!?あなたはどうして今わたしの部屋にいるの??」って疑問でいっぱいになった
もともと悪いのはわたしで、信用されてないのは仕方ないことだとはわかる
でも、だからってメールの中身も見ずに消すとかいう仕打ちは…悲しすぎる

ひどい!と憤慨することもできなかったわたしは、自転車のカギを彼の方にむかって投げるっていうやり方でしか発散できなかった
それを彼は当然怒り(わたしもこれをされたら怒ってたはず)、腰を据えて向き合って話す態勢になった

なんか、ほとんどわたしのよくないとこをどう改善していくかを話していた気がする
理詰めで、言い訳もゆるされない状態で、うまく言い包められた感が拭えない
(あの人だって完璧ではないのに…
わたしに裏切られ、信用できないからといって、メール見ないで消すとかそうぞんざいに扱ってもいいの?)
そんな疑問があとあと浮かんできた
話しているときもモヤモヤとそういうことを思っていた気がするけれど、ちゃんとした言葉にはならなかった
結局わたしってあの人にとってなんなのかわからなかったしなぁ

こんな関係でも彼女って言えるのかな?一緒に住んでるときは同居人?はたまた奴隷?おもちゃ?
ネガティブな考えが頭のなかを駆け巡るけれど、まてよ、とふと思う
わたしのことなんてどうでもよかったら、ここまで関わってこないんじゃないだろうか
わたしの良くない性格やら習性やらを直したほうがいいなんて、言わないんじゃないだろうか
そう考えてもみるけれど、本当のところは彼にしかわからない
わたしのこと好き?って聞いても答えてくれないあの人は、一体何を考えているんだろう?
理解したい、知りたいと思っても、バリアをはられてしまう
わたしが信頼を回復して、彼がもっと身近に感じられるようになるまで、がんばって付き合っていこうと思う

ただ、今の関係って全く対等じゃないよな、と思うと微妙な気持ち
恋愛関係のパワーバランスってこんなんでも続けていけるものなのだろうか?

甘やかす 

May 20 [Sun], 2007, 22:39
最近、自分で自分を甘やかしている
新しい服を買ったり、いい匂いのボディケア用品を揃えたり、ダイエットに気を遣いつつ甘いもの食べたり

彼に甘やかしてもらえないからねぇ
というか素直に甘えられないわたしがいて…
こういう関係はどうなんだろう?って思ったりもしているこの頃

ほんとは甘えたい、甘やかしてほしい
でも彼は人によっては甘やかすことをよしとしない
甘やかすことでダメになってしまうタイプの人もいるからっていう話を以前聞いていて
わたしの場合はどうなのかなって考えると、その甘やかしちゃダメな人のなかに入りそうな感じ
甘やかされると依存心が起こっちゃうと思う

でもなぁ〜ちょっとは寄り掛からせてほしいよ
ずっと一人で立っているのはつらいよ
そりゃ、あの人が隣に居てくれることで心強いこともある
だけど、わたしは時には支えてほしいし、支えたい
そんな関係がいいと思っているんだけどな

まだまだ時間がかかるようです
あせらずに、理想どおりじゃないからって投げ出さずに
まだ半年もたっていないんだから
そう自分に言い聞かせているけれど、約半年ってそこそこ長いと思う
ありのままでいるつもりだったけれど、まだまだ相手に気を遣って、嫌われないように様子を伺ってしまっているわ
彼の方はそんなことはない、というかあまりにも気を遣ってもらえないのが寂しくもあり、悲しくもあり
わたしってなんなんだろう?という疑問が浮かんでは消える

友達に最近あった彼とのことを話したら、別れたほうがいいよって言われた
わたし自身が不安や不満に覆われて話しているから、彼女たちがそう言うのも当たり前な話だと思う
でもわたしは別れたいとは思わないんだよなぁ
ただ今の状況は打破したいと思っていて
そうしたら傷ついたりすることも覚悟して彼と向き合って話すしかないってわかった
わかったけれど、行動に移せるかしら?
このままじゃダメダメな女まっしぐらだ!
それは避けたい
うん、よし、がんばろ。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:hakumari
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 現住所:静岡県
  • アイコン画像 趣味:
    ・音楽-主にクラシック、J−POPを聴いてます。アマチュアのチェロ弾き♪
    ・読書-小説、マンガ、芸術系雑誌をよく読む
    ・恋愛-趣味なのか?(笑)まだレベル低い冒険者デス
読者になる
2007年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
アイコン画像hakumari
» 甘やかす (2007年05月23日)
アイコン画像にがうり
» 甘やかす (2007年05月23日)
アイコン画像hakumari
» 彼からの言葉 (2007年04月11日)
アイコン画像こころ
» 彼からの言葉 (2007年04月10日)
アイコン画像hakumari
» 彼からの言葉 (2007年04月04日)
アイコン画像にがうり
» 彼からの言葉 (2007年04月03日)
アイコン画像hakumari
» 彼からの言葉 (2007年04月03日)
アイコン画像にがうり
» 彼からの言葉 (2007年04月02日)
アイコン画像hakumari
» ドラえもーん!><。 (2007年03月31日)
アイコン画像こころ
» ドラえもーん!><。 (2007年03月30日)
メールフォーム

TITLE


MESSAGE

Yapme!一覧
読者になる