アメリカンシャンプー。 

2006年01月05日(木) 1時34分
僕の前の彼女の、髪の毛のにおい。
外国のシャンプーのにおい。
よく、なんか外国のシャンプーって、ムダに甘いにおいとかがして。それ。そのにおい。

夏の暑い日にふたりで歩いてると、そのにおいは正直、キツい。
暑くて、汗でも涙でも飲んだろかってほどなのに、そこで、あの甘いのは…。
だから、後ろに歩いてるとき、常に下を向いて歩く。
あの人は背ぇ高くて、170あったかぐらいで、上向いたら鼻孔に入ってくるんよ。
1年くらい付き合ったけど、あのにおいは別れた今でも慣れないね。

で、偶然かなんかは知らんけどさ、今の彼女も、似たようなにおいがする。
多分、あそこにあったあれだ。彼女のうちの洗面所の下にあった、紫色のくまの入れ物。あん中に、外国シャンプーが入ってるんだな。

毎日毎日、そんなムダなにおいを嗅いでる。
かわいい彼女とチューしても、ハグしても。

いつか慣れてくるといいねぇ。
慣れて自分も愛用するくらい。


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
初。微妙ですね。
で、オトコの方の絶妙に入り交じる方言に注目して、もっかい読んでみよう(手間かかるな)。

どうぞ。 

2006年01月04日(水) 18時33分
はじめまして。ハコです。
このブログは小説です。どうぞ見ていってください。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:hakoiri_hako
読者になる
Yapme!一覧
読者になる