博多どんたくとおすすめスポット

February 22 [Sun], 2009, 17:51
博多どんたくの日程は5月の3日と4日で2日には前夜祭も行われます。博多どんたくが開催される当日は、かなりの混雑となりますが、やはり天神でパレードを見学されることをおすすめします。あの雰囲気は他の祭りでは味わえない独特のものだと思いますよ!イベント広場では有名芸能人やさまざまなゲストが来られていて、いろいろなイベントを行っています。マジックショーやライブなどを見てイベントを楽しまれてみるのもいいですね。ただしこちらも人はいっぱいです(^_^;)

また、どんたく広場から花自動車に乗って周辺へお出かけされるのもいいですね。カラフルに彩られた花自動車に乗っての観光は、祭りの気分も盛り上がることと思います。花自動車の運行ルートや時刻表などは西鉄さんのサイトから調べることができます。事前にチェックしておきましょう。

他には天神から少し離れますが、百道浜地区に近代的な建物やモダンアート、文化施設などが数多くあり年代や性別を問わず楽しめることと思います。福岡ソフトバンクホークスの本拠地であるヤフードームもこの辺りになるので寄ってみてはいかがでしょう。また、夜には美しくライトアップされた日本一の海浜タワーである福岡タワーから見る夜景は格別!福岡の町並みや博多湾を一望することができますよ。

博多どんたくの唄

February 22 [Sun], 2009, 17:47
ぼんち可愛いやねんねしな
品川女郎衆は十匁(もんめ)
十匁の鉄砲玉
玉屋が川へスッポンポン

この博多どんたくの歌、しりとり歌になっており、元歌はすごく長いようです。
〜牡丹に唐獅子、竹に虎、虎を踏まえた和唐内〜
から始まり延々と続くこの歌、途中に出てくる「坊やはよい子だ寝んねしな、品川女郎衆は十匁」の部分が使われたみたいなのですが、「坊やよい子だ」の部分が大阪で使われる方言の「ぼんち可愛や」に変わってることなどから疑問な部分もあるようです。

ちなみに2番以降は

一度は気休め 二度は嘘
三度のよもやに ひかされて
浮気男のくせとして
女房にするとは 洒落かいな

もうしもうし車屋さん
ここから柳町は なんぼです
大勉強で十五銭
三銭にまけとけ あかちょこべ

もうしもうし床屋さん
頭をハイカラに つんどくれ
後ろ短く前長く
なるだけべっぴんさんが 好くように

となっているのですが、ご覧のようにしりとり歌とはなっていません。それもそのはずで二番以降の歌詞は大正時代中期に作られています。一番の歌詞と二番以降は別物と言うことですね。その後も数多く歌詞が作成されたそうですが、博多どんたくの30周年に当たる平成3年、博多7町にちなんで7番にまとめられ現在に至っています。

博多どんたくの語源

February 22 [Sun], 2009, 12:08
どんたくは「日曜日」や「休日」を意味するオランダ語でzondagから来ています。英語読みと言うか、ローマ字読みで言うゾンダーグでしょうか?ゾンダーグ・・ゾンダーク・・ぞんだく・・どんたく・・バンザーイ!的なことなのでしょうが、発音はどうやら「ゾンダッハ」らしいです。ただ、これだと博多ゾンダッハ?博多ドンダハー?・・・それはそれでどうかとも思うので,どんたくはある意味正解なのかもしれません(^_^;)

このドンタク、明治の始め頃に「一六のドンタク」と呼ばれて1と6がつく日を休日としていたそうです。当時は五十日(ごとび)の翌日と月初めが休みだったんですね。日曜日が休日となったのはそれから後のことです。

その後ドンタクは日曜や休日に行われる祭りという意味でも使われるようになったそうですが、現在ではほとんど使われることはありません。あ、そう言えば土曜日の午前中だけ出勤する時などに使われる「半どん」のどんって、このどんたくが由来なんだそうです。半分休日の事を半分どんたくと呼んだことから始まった言葉だったんですね。

博多どんたくの由来

February 22 [Sun], 2009, 11:43
博多どんたくは博多松囃子を元に発展・継承してきたお祭りです。松囃子とは室町時代に盛んに行われていた、年頭に福を祝って行う芸事のことで、明治の終わりごろまで日本全国にありました。中でも博多松囃子は、病気で亡くなった平重盛に恩を記すために博多町人が行ったと伝えられています。

明治時代になると博多どんたくの前哨である松囃子は「金銭を浪費し、かつ文明開化にそぐわない」という理由から廃止に追い込まれます。以降、松囃子やどんたくは紀元節の祝賀や鎮魂祭に繰り出された他、日露戦争勝利の祝賀会や大正天皇や昭和天皇の即位など国の祝事にも参加してきましたが、大正4年に招魂祭の開催日が4月30日と5月1日に決まったことで松囃子どんたくもそれにしたがうことになります。その後、昭和13年を最後に博多どんたくの前哨である松囃子どんたくは中止となりました。

この時、博多祇園山笠まで規制されたことに博多町人が反発、福岡市に対して税金を納めなくなりました。古来より国際貿易港の博多港を軸とし、商人の町として発展してきた福岡市、このままでは行政が成り立ちません。そこで博多の豪商、渡辺与八郎氏の元へ当時の市長が参り、頭を下げると同時に博多松囃子の復活を約束、その引き換えに福岡商人達の納税を約束したのです。

市長が町人に頭を下げたとなるとメンツが立たないと按じた渡辺氏、市長に対して「時代も考慮して、名称をオランダ語の休日を意味するゾンダークに習って博多どんたくとしましょう」として博多どんたくが新しい歴史の幕開けをしたんですね。

博多どんたくって何?

February 22 [Sun], 2009, 3:57
ゴールデンウィーク最大級のお祭りとされる「博多どんたく」は毎年5月3日と4日に福岡天神で開催されています。正式には「博多どんたく港まつり」と呼ばれ、県内、県外から訪れる見物の人出はのべ約200万人超!!同じ時期に行われる青森の「弘前さくら祭り」や広島の「ひろしまフラワーフェスティバル」と比べてもその混雑ぶりは相当のものです。周辺道路は通行規制されている場所も多く、車での来場は控えられたほうがいいですよ(^−^)

博多どんたくのパレードに参加する人達のことを「どんたく隊」と呼び、いろいろなパフォーマンスで観客を沸かせてくれます。博多どんたくに参加するどんたく隊も現在では500団体を超え、出場者数約3万人にも及ぶそうです。パレードは福岡天神にある明治通りのどんたく広場を中心に行われ、2008年には東京ディズニーリゾートが25周年を記念してTDL25thアニバーサリー・ドリームツアーと称しミッキーマウス、ミニーマウスをはじめ、たくさんのディズニーの仲間たちが参加したことで、例年を上回る人出でにぎわいました。
P R
http://yaplog.jp/hakatadontaku/index1_0.rdf