2007年! 

January 04 [Thu], 2007, 21:33
2007年になりました!!
2006年は本当にいろいろとありました。楽しい出来事も、悲しい出来事も。
でも2007年は自分にとって変わり目の年でになるのでここでしっかり頑張っていきたいと思います。
『リハビリができる人間になる』という変わらぬ目標を目指しやっていきます!!

2007年もみなさんよろしくお願いします!!

久しぶりに2 

September 15 [Fri], 2006, 17:28
 久々にブログを更新します。
 今回は最近読んだ本の紹介をします。この夏の間いろいろ本を読んだりしてたんですが、この本はたまたま本屋に行ってなんとなく手にとって気になったので買ってみました!その本とは『無駄に生きるな 熱く死ね』という直江文忠さんの本です。
 この本の著者は台湾人で、どん底の幼少時代から年少30億の社長になった方です。そんな人のいろんな想いの詰まった本です。
 この本の中に『世の人はわれを何とも言はばいへ わがなすことは我のみぞしる』という言葉が僕の心に一番響きました。
 自分のやると決めたことはやり通さなければいけないっということです。僕の目標はリハビリテーションの仕事をすることです。また今の大学で自分が出来ることを見つけて頑張っていこうと、もっと頑張らなくてはとこの本を読んで刺激を受けました。
 興味のある方はぜひ読んでみて下さい。

腰椎3番から仙骨の意識 

June 16 [Fri], 2006, 12:52
 今日久しぶりにランニングをしました。最近走っててすごく思うことなんですけど、へその少し下の部分の意識が非常に重要ではないかと思います。この部分を気持ち5度くらい上に突き出すことによって、重心が上に持ち上がってくる感覚がします。
 これまでの自分の走りは猫背のせいもあり、そのへその辺りの部分が後ろに下がった状態で骨盤も正常な位置よりも下がった状態で走っていました。その為、疲労がたまりやすい部分が、前脛骨筋、大腿四頭筋が中心でした。
 しかし、へその少し下の部分を上に突き出していく意識を持つことによって、重心が上がります。そうすると、膝の沈み込み、足首への負担が減ります。逆に言えば重心が下がると、膝の沈み込みが増え、足首への負担も増えます。また、そうなると上下に大きく動かなければいけなくなり、重力に逆らう膝を伸ばしたり、足首を伸ばす時に大きな力が必要になります。そうすると、前脛骨筋、大腿四頭筋が疲労してしまいます。
 だからへその下を少し突き出すことで、膝・足関節支点から股関節支点に切り替えるのです。股関節を使うと、大腰筋・ハムストリングス・殿筋群を使うようになります。この筋群は大きいので、意識的に使うことでランニングにおいて疲労もしにくくなると思います。
 あくまで僕の感覚なので個人差はあると思いますが、今日走ってみて疲労している部分が違うというのは実感しています。
 高岡英夫さんという身体意識の研究をされている方がいわれてましたが、仙骨の部分の意識を鍛えるとブレのない一直線の軌道『レーザー』の身体意識が出来るそうです。これを鍛えると、前進のバランスがよくなり、まっすぐに進むようになります。これってランニングで非常に大切なことだと思います。ランニングするときゴールから綱で誰かに仙骨を引っ張られていくイメージで走ればいいのかなと思います。
 最後にこの部分を鍛えると『目標向かってブレない力』が鍛えられるとされているのでぜひレーザーの身体意識を一緒に鍛えてみませんか?

生活習慣病 

May 15 [Mon], 2006, 0:29
 生活習慣病が現代社会では問題になっています。それは、昔は、車なんかなかったし、外で遊ぶことも多かったのです。さらに、食の欧米化、インスタント食品の普及により、太りやすい状況、生活習慣病になりやすい状況になりました。それらがすべて悪いというわけではないのですが、少なからずそこにも原因はあると考えられます。
 ではその生活習慣病とは何でしょうか?定義としていわれているのは「食習慣、運動習慣、休養、喫煙、飲酒等の生活習慣がその発症、進行に関与する症候群の事」
 主な特徴は3つあります。

1.原因は1つではなく、いくつかの要因(リスクファクター)が関係している

2.病気が発症するまでの期間が長いので自覚症状がない

3.特別な診断法がない

 具体的な病名を挙げていくとガン、糖尿病、肥満症、高脂血症、高血圧症、心臓病、動脈硬化などです。このなかで特に今問題になっているのが、動脈硬化です。動脈硬化は、血管の内壁に脂肪のかたまりなどがたまり、動脈本来の弾性をうしなってしまい、うまく血液がながれなくなってしまう状態のことをいいます。そうなると、心臓に負担がかかり、狭心症、心筋梗塞(しんきんこうそく)の原因となります。
 こういった動脈硬化により生活習慣病が発症することをメタボリックシンドロームといいます。
 そうならないために若いうちから、@適度な運動、Aバランスのよい食事、Bタバコを吸わない!!!が必要です。

みなさんも今のうちから『貯筋』をしてみてはいかかですか?

お年寄りの骨折 

April 24 [Mon], 2006, 14:15
 今日授業で高齢者の健康について学びました。特に高齢者の方の転倒による骨折がきなったので、まとめていきます。
 まず、年齢が進んでいくと骨密度筋力が若い頃に比べて、低下しやすくなります。骨密度は骨がスカスカかビッチリ詰まっているかということなんですが、骨密度が低下すると骨がスカスカなので骨折をしやすくなってしまいます。しかも、骨密度は女性ホルモンの影響を受けやすいので特にお年をめされた女性は、骨密度が男性より低下しやすいのです。
 一方、筋力低下は、ホルモンの関係、あるいは年をとっていくとだんだん筋肉を使う機会が減り、筋繊維1本1本が細くなって起こります。
 そして、この2つが起きると、歩行などの日常生活動作が困難になってしまいます。さらに、関節の不安定、筋力不足から、転倒が起きるのです。転倒すると、特に股関節のつけ根の大腿骨頚部骨折が起きやすいです。これは横方向に高齢者の方は転んでしまいやすいためです。
 では、こういったようにならないためにはどうすればいいのでしょうか?
 それは

 1.骨量を増加させる
    ・カルシウムを十分取る
    ・重力に逆らった運動をする(陸上での運動 できればスクワット、ショルダープレスなど)
    ・適当に日光を浴びる(そうすることでビタミンDが作られ、それがCaの吸収を助ける)

 2.転倒を予期し、予防する「転倒しない」
 
 3.筋力トレーニングを行い、日常生活動作をスムーズにさせる
 
 ということが重要だと考えられます。

 やはり生物は筋力でも脳でも使わなければ衰えてしまうので積極的に使っていく必要があります。

久しぶりに。 

April 23 [Sun], 2006, 22:27
久しぶりに投稿します。
3月まで大阪に住んでたのですが、4月から山口県の大学に通うことになり、引越しやらなんやらとやってました!またこれからどんどん書いていきますのでよろしくお願いします

アルバイト 

March 04 [Sat], 2006, 22:34
 僕は、2月いっぱいでフィットネスクラブのアルバイトをやめました。4月から大学生になり、引越しをするからです。思えば、このアルバイトをしていなければ、本も好きになれなかったし、お客様、スタッフのみんなとも出会えなかったです。本当にこのアルバイトをしてよかったと思います。
 このアルバイトをする前、焼肉屋や牛丼屋のアルバイトをしようと面接を受けたがすべてだめでした。そんな時たまたま学校で募集をかけていたこのアルバイトの面接を受けて合格しました。はじめは何をやってもだめで表情も硬く、そんな自分が嫌でした。その為に「辞めたい、辞めたい」と3ヶ月間くらいずっと思ってました。でもそれを言う勇気もなくずるずるといっていました。
 時間が経っていくにつれて、出来ることが増えてそれが自信になっていきました。そうすると不思議なことに笑顔でお客様やスタッフに少しずつ接することが出来るようになりました。そうなってくるとめちゃくちゃ仕事が楽しくなり、辞めたいと思っていた自分はなんだったんだと思うようになりました。ホントにあの時辞めなくてよかったです。
 そこまで思っていたアルバイトを先月辞めました。最後の日、お客様と接していると泣きそうになりました。こういう場面に本当に僕は弱いので絶対涙は見せまいと笑顔を絶やさないようにいつも以上に心がけました。でもお客様が僕の為に泣いてくれている姿を見ると少し涙がこぼれ落ちそうになりました。

師匠 

February 24 [Fri], 2006, 0:17
 昨日、スイミングスクールに行ってきました。少しでもよい案内が出来るようにと始めたスクールでしたがこの日で最後。偶然にも僕の水泳の師匠もそこの店舗から移動になり、この日が最後のスクールでした。
 いつも最初にストレッチをするんですが、今日は久々に僕と師匠の二人きりになり、ストレッチもせず、いろんな話をしました。そこで師匠が言ってくれたのが「人間関係は大切にしたほうがええで」と僕に伝え、「もし、どうしようもなくなったらうちにきーや」と僕を誘ってくれたのです。ほんまにうれしかっし、感謝のキモチがあふれました。でも、僕は、自分にも目標があることを伝え、頑張ることを誓いました。
 その師匠は22歳で僕と1つしか違いません。次の店舗では1つのプールを任された責任者になるそうです。僕はその師匠の行動をいつも見ているんですが、何がすごいかって、お客様を楽しませる、そして、自分自身も楽しんで泳いでいる。仕事をする上で1番重要なことだと僕は思います。出来そうでなかなか出来ないこと、そして忘れやすいことでもあると思います。
 今日は師匠との別れの日だったので少し寂しかったです。「もう2度とあわんだろうな」と師匠に言われ、ほんまにそうだなと思いました。人生ってほんまにつくずく不思議だと思います。出会いと別れを無数に繰り返し、そして生き続けてる...。でもそんな出会い1つが「めちゃくちゃ大事だな」と痛感した日でした。師匠今までありがとうございました。またどこかで会いましょう!

あいさつ 

February 22 [Wed], 2006, 1:23
久々に更新します。今日はあいさつについて考えていきます。
皆さんはどんな感じであいさつをされていますか?
今日僕は、牛丼屋さんでご飯を食べました。その時の店員さんのあいさつが「いらっしゃいませ〜〜。」と僕の方も見ずに機械的な感じで言ってきたんです。フィットネスクラブでいつもあいさつについて考えていたのですごくそれが気になりました。僕が考えるあいさつするときのポイントは次のとおりだと思います。
@相手の方に身体の正面を向ける
A相手の目を見る
Bその人にあいさつしたいと思い自然にあいさつする


そんなことを思いながらあいさつをするようにしています。やっぱり出会いのはじめが肝心だと思います。

親父 

February 03 [Fri], 2006, 22:25
皆さんにとって親父の存在ってどうですか?
俺の父さんは頑固で、一度こうと決めたら曲げないそんな男です。昔からしつけに厳しく、本を読めとか、計画表を作れとか、テレビは2時間以上見るなとか。そんな父さんのことを俺は最近まで苦手に思っていました。でも、最近本を読んだりいろいろ経験をして思うんです。
「これって、昔父さんがいっとった事じゃん!!」
最近親父さんとよく話すことがあって、この年になって「そうよね」ってお互いの話に共感できるようになり、ちょっとうれしいです。そこで、「これは絶対読んどけ」と薦められたのが<成功を呼ぶ「口ぐせ」の科学>という本です。これは何回も読みたくなる本なのでぜひ読んで下さい。なんだったらお貸します。

父さんのことを認めて、いろいろと話すると新しい発見があります。ほんまに尊敬できる人物の1人です。
皆さんにとって親父の存在ってどうですか?
2007年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像やすひろ
» 腰椎3番から仙骨の意識 (2006年07月07日)
アイコン画像goal
» 腰椎3番から仙骨の意識 (2006年07月06日)
アイコン画像やすひろ
» 腰椎3番から仙骨の意識 (2006年06月19日)
アイコン画像たかっちゃん
» 腰椎3番から仙骨の意識 (2006年06月19日)
アイコン画像やすひろ
» 腰椎3番から仙骨の意識 (2006年06月19日)
アイコン画像たかっちゃん
» 腰椎3番から仙骨の意識 (2006年06月19日)
アイコン画像やすひろ
» 生活習慣病 (2006年05月26日)
アイコン画像さかの
» 生活習慣病 (2006年05月25日)
アイコン画像やすひろ
» 生活習慣病 (2006年05月17日)
アイコン画像高っちゃん
» 生活習慣病 (2006年05月17日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:hajimeyasu
読者になる
Yapme!一覧
読者になる