更新情報

December 25 [Sun], 2011, 0:00
更新情報 

カレンダー情報は「前の月」をクリック



薄桜鬼 
キャラ設定
・幕末〜キャラ設定〜
・学パロ〜キャラ設定〜
・現パロ〜キャラ設定〜
斎藤一


・どんな小さな命でも(切甘)
天道虫と私と貴方
璃和が病気です

・お前の命でも(どんな小さな命でも、斎藤side)
俺が彼女にしてやれること

・小さな花は大きな力(甘)
枯れさせたくない貴方との繋がり

・見てると恥ずかしくなります(甘甘)現パロ
天然二人組のほのぼのエピソード

・そんな彼の背中(甘)学パロ
剣道部に行った奏
そこにいる無口な彼

・穴があったら埋まりたい(甘甘)学パロ
夏、奏がみんなと海へ行く

・君想う、午後T U V W X Y(最後)学パロ
風邪を引いてしまった奏

・夏の告白@ A B(完)(切甘)学パロ
夏休み前に不安を抱く奏
想いがどうしても口に出せない

・冬の告白@ A B(完)学パロ
剣道部のメンバーでクリスマス会
一君キャラ崩壊注意!

・タンスから引き出した宝物ネタバレ
ひいき目で何が悪い

・タンスの前の宝物(斎藤視点)
一君視点。
寝ている彼女新しい愛がまた一つ

・魔法の味一現パロ
二人が和菓子屋で働いています
多分連載




沖田総司

・そんな彼女の背中(悲愛)(そんな彼の背中 総司side)学パロ
一君にベタ惚れな奏に想いを膨らます総司

・今日も君に恋をする-壱--弐--参--肆--伍--最後-(完)学パロ
斎藤×主人公前提の沖田×主人公になるかならないか・・・←
一君と総司が入れ替わる☆
全て総司視点





Original

小説
文字浮遊
1話:大嫌いで大好きな
2話:重い想い
3話:抱きしめた後の
4話:奏でる
最終話:愛すべき人

鼓動を得た人間
Prologuenew


・抱きしめて欲しくてさ
・心理とか真理とか
・要らない
・少しは届いたりしないのかな
・まぁ、ちょっと空でも眺めて
・まぁそんな時もある
・はじめまして。僕です
・Special Taste(動画)



基本自由。THE フリーダム
ネタバレ注意
主人公は千鶴じゃありません

ノリと愛でできています(キリッ

Prologue

June 17 [Fri], 2011, 22:23



その男は無人の部屋の中で、ただ沈黙していた。

男は座り、目を瞑る。










「……。」










その男は、静寂を楽しんだ。

もう何年もやってきたように、静寂に溶け込んだ。












「……よし。」






その男は、無音を切り裂いた。



思考を初め、動き出した。





彼の静寂は、彼によって終わりを迎えた。












足音が響く。






「あぁ、…」








声が響く










彼にはそれすら懐かしく、

















その男は、動き出したのだ






















今日も君に恋をする-最後-

January 10 [Mon], 2011, 17:18
次の日





僕の上には見慣れた殺風景な壁があった




あぁ、戻ったんだ



特別な家具がない

キッチンの方にぽつんとちゃぶ台があるだけ



キッチンなんか滅多に使わないけど、一君、昨日は自分で作って食べたらしい



ちゃぶ台の上には


『総司へ
まともな食事をせねば頭が働かない
すこしだが冷蔵庫の中にご飯とおかずが入っている
またなくなったら、家へ来い
                 斎藤』


一君って本当お母さんだよね



一君のお母さんも優しかったし



お兄さんも優しかった




でもあの温かい団らんの中には、僕は入れないかな




冷蔵庫の中には米とさまざまなおかずがラップに包まれ入っていた




一君・・・一日で良くここまでつくるよね





なんかお礼とかしたほうがいいのかな?





でもそんなことしたら絶対「いらない」って怒るよね









ご飯を温めて、適当におかずを取り出す





こんなまともな朝食久しぶり





ご飯を口に含むと








温かくて、優しかった











:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+






「あ、総司!ちょっとこっちへ来い」




学校へ行くと一君がすごく歓迎してくれた






そして裏に拉致されちゃった、僕






「副園長に何を言っているんだお前は!
南雲にも思いっきり怪しまれた!
その上あの不良!!
訳の分からないことが多すぎる!」




一君元気だね





僕はちょっと、楽しかったよ?






全授業にでるのはちょっと辛かったけど






みんな、一君が大好きだなんだなーって思った









「まあまあ一君、必要最低限のことはしたでしょ?」





「・・・まぁ、もう終わったことを言っていてもしょうがない……

だが副園長への態度は改めるべきだ」



「あはは、ないない


がんばってねー。一君」




僕は校内に入りながら手をひらひら振った






:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+





学校の中に入ると昨日の場所に奏ちゃんがいた




また花と向き合っているようだった







「奏ちゃん」





後ろから抱きついてみる







「わっ!総司!」




僕の腕の中で小さな彼女が暴れる



照れて可愛い









すると、奏ちゃんがいきなり僕のほうを向いて抱きしめてきた










これには僕もびっくり









「あれ?一君より僕の方が良くなった?」






抱きしめ返してあげたけど

さっき暴れていたはずの彼女がいきなり黙り込む







すると真面目な顔をしてこんな事を言う







「何があったか知らないけど、総司?


悩み事があるんなら私に話してもいいんだよ?


一君だってちゃんと真面目に聞いてくれると思う


だから、ちゃんと話そう。ね?」






優しくなだめるように言うけど、その顔は真剣










どうして、他人の為にこんなにも優しくできるんだろう









びっくりした















あぁ












全部気付いてるんだ












駄目だね、僕











こんな君の事好きなのに










距離を置いてるって思ってたのに









全部、奏ちゃんには分かってるんじゃないか












僕は何がしたかったんだろう









こんな遠回りしなくてもちゃんと奏ちゃんは、分かってる














弱い僕の事














「奏ちゃん…」





あぁ、かなわないや…








そしてやっぱり、僕は―――


































「好きだよ、奏ちゃん」




















「も、もうだまされないから!」

そういいながら照れてる奏ちゃん



僕、もう本気出すから








好きだよ、奏ちゃん










プロフィール
  • プロフィール画像
  • ニックネーム:優羽
  • 性別:女性
  • 誕生日:1995年
  • 現住所:岡山県
  • 職業:小中高生
読者になる
一君ラブな痛い子です。
構ってくれると喜びます(*´ω`*)
ついったーなぅ

ついったー
2011年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
もみじ
» 更新情報 (2011年02月13日)
優羽
» 魔法の味一 (2011年01月27日)
アメ
» 魔法の味一 (2011年01月27日)
優羽
» 夏の告白 @ (2010年11月28日)
アメ
» 夏の告白 @ (2010年11月28日)
優`・ω・´羽
» 夏の告白B (2010年08月22日)
もみじ
» 夏の告白B (2010年08月22日)
りな
» 更新情報 (2010年08月21日)
Gamer
» 2010年07月29日のつぶやき (2010年07月30日)
優羽
» 君想う、午後 6 (2010年07月30日)
Yapme!一覧
読者になる