歯医者の口こみはやらせなし?良い歯医者とヤブ歯医者で失敗しない

July 04 [Tue], 2017, 5:50
どうも昔から歯医者って苦手ですね。
小さいころは歯を削られて痛くて泣いた記憶がありトラウマです。

あなたも少なからず歯医者で悪い思いの記憶がありませんか?
ネットの歯医者の口コミをみてもやらせっぽいのが多くて困ったときに
最低、あなた自身で判断できる良い歯医者、悪い歯医者をまとめました。


良い歯医者の見分け方の基準

1.診察時間にしっかり時間をとってくれるか?
  ⇒事前説明をしっかり納得の上で承諾をとるインフォームドコンセントや
   治療後の説明もしっかり患者さんの立場にたってくれるか?

2.1番と一緒になりますが虫歯の原因についてアドバイスをしてくれるか?
  
3.やけに歯科助手のスタッフが多くないか?
  ⇒必要以上に多いほど歯医者は儲かっているわけでもないので
   見た目の外観重視なのかもしれません。

4.歯科衛生士は必ずいるのか?
  ⇒歯科衛生士は国家資格でやはり無資格でOKの歯科助手に比べると
   雇用する費用もかかるがしっかりした歯医者でもコストを惜しまない。

5.歯医者さん自身が外車や高級車など乗っていない。
  ⇒必ずではないが外車を乗っているっていうのは見栄や
   必要のないインプラントを勧めて設けている場合がある。



悪いヤブ歯医者の見分け方の基準

1.なんでもすぐに歯を削ったり、抜こうとする歯医者
  ⇒近年では保険は適用外で日本ではまだできる歯医者は少ないが
   虫歯は歯を抜いたり削らないでもある薬を塗って穴埋めしたら
   虫歯の治療が終了という薬品もあるくらい歯を削らない治療もでてきている。

2.1番と一緒になるがインプラント治療をやたらに勧める。
  ⇒インプラントは歯医者の儲けがある治療方なので
   あなたが歯を芸能人なみにキレイにしたいのなら良いですが
   あとで治療後におかしくなり事故が起きているのもあるので。


その他書いたらいくらでも悪い歯医者の見分け方はあるのですが
やはり一番信用できるのはあなたも友人からの口コミなら
信用できませんか?


友達からの口コミにはやらせはないので地元の友達に聞くのが
一番良いのかもしれませんが、ただ歯医者って意外に過去に
良い歯医者を聞いても自分にははまらないことが多かったです。


結構、痛いといっているのに根性で我慢を強いる歯医者や
歯のかみ合わせに違和感があるのだが、無理やり納得させられたり。

歯の浮いた感じが取れずに結局現在に至る。

歯医者は外観や先生の見た目などで
良い先生と判断はとっても危険です。


しかもわたしは他府県に引越しをして
まったく病院もすべてはじめてのところだらけ。
とくに歯医者はコンビニの数に匹敵するくらいの店舗数です。


そこで歯医者の口コミでやらせがない
良い情報も悪い情報もあなたの街の歯医者で見るのが可能なサイトがあります。


とくに苦情コメントもたくさん読めるので
その苦情内容もふくめて総合的な判断ができるし
予約もとることも可能ですよ。

歯医者の口コミでやらせない苦情の意見はこちら