【 更新情報 】

特選情報公開中!!


ウルフカットにする際の注意点

ウルフカットにする際の注意点についてちょっと紹介したいと思います。まずウルフカットにしよう、と思ったら、必ず「どの程度の長さのウルフカットにしたいのか」ということを明確にして下さい。ショートウルフとミディアムウルフでは全く違いますし、「ウルフカットにして下さい!」と言われた美容師も困ってしまいます。確実なのは、よく言われることですが、自分のやって欲しい髪型の切り抜きを持っていったり、画像を印刷することです。今はネットで「ウルフカット 画像」などと検索すればいくらでも画像が出てきます。その中から自分のイメージに1番近いものを印刷して持っていきましょう。最近は携帯サイトでも髪型を載せているサイトがたくさんありますので、携帯で検索して、目的の髪型を見つけたら画像を保存するか画面メモをして美容師に見せる、という手もあります。私の友人が先日小池徹平くんの写真を持って美容院に行って、「これと同じ髪型にして下さい」と言った人がいます。その人は丸顔なので、小池徹平くんと割と顔の形が似ているんですね。顔自体は似ても似つきませんが。でも美容師に自分の希望は100%伝わったようで、仕上がりに非常に満足して帰ってきました。顔もニキビが目立つ、じゃがいもみたいな顔をしている男ですが、臆することなく堂々と小池徹平くんの写真を持っていきました。これは正解なんです。顔の形や頭の形で明らかに無理、という場合は除いては美容師にとって1番ありがたいのはこの方法です。皆さんも口で説明する自信が無かったらぜひ彼と同じように写真を持って行きましょう。

ウルフカットに似合う髪質や顔型について

ここまでで顔の形と髪の毛の長さ、という点でもウルフカットに触れていましたが、ここでちょっと簡単に髪質・顔型とウルフカットの相性についてまとめてみたいと思います。まず基本的に丸顔にウルフカットは似合う、と覚えておいて下さい。よく女性の中に、自分の顔が丸いので子供っぽい印象を与えてしまう、と悩んでいる方がいますが、そういう方こそウルフカットにチャレンジして欲しいと思います。ちょっとワイルド感のあるアレンジにすればイメージがガラっと変わります。丸顔に似合う、ということは、逆に言うと面長の方には向かない、という事も覚えておいて下さい。次に髪質との相性ですが、一番相性がいいのはストレートです。なおかつ硬い毛質の方が向いています。何故かというとトップが立たせやすいということがあります。襟足についても同じです。逆にクセ毛の場合、ウルフカットが向かない、というわけではありませんが、割とツンツンした感じやストレートな感じを出したい人はどうしてもクセが邪魔をしてしまうことがあります。ストレートパーマをかければ問題は解消しますが、あえてクセを利用してニュアンスを楽しむ、という手もあります。いずれにしてもパーマ、ストレートパーマで解消出来る問題はいいんですが、軟毛の場合はどうしようもありません。ショートウルフ以外のウルフカットはちょっと難しいかもしれません。あとは美容師のカットの仕方次第ですね。

メンズのウルフカット

最近ウルフカットを多くしているのは女性よりもむしろ男性だと言えるのではないでしょうか。長さの違いこそあれ、ウルフカットをしている男性は街中に非常に多いです。個人的にはミディアムウルフが1番多い気がしますね。ウルフカットはどんな髪の毛の長さでも対応することが出来、ショートウルフやミディアムウルフ、ボブウルフなど、様々あります。季節に応じて長さを変えてみるのも面白いかもしれませんね。ウルフカットにするのが初めてな人はまずショートウルフから入ってみて、伸ばしながら長さを調節して行って自分にとってベストな長さを見つける、というやり方もあるかと思います。ウルフカットというとどうしても長めのイメージがありますが、トップを短くして立てるような形でアレンジし、襟足を長めに残せばウルフカットになります。固めのワックスでトップは立体感と動きを出すように摘み上げるようにアレンジをして、スプレーで固めてしまいましょう。逆に前髪はサイドに流すようにスタイリングをつけるとメリハリがついていい感じになります。襟足にも少しワックスをつけて首元から浮かせ、外向きになるようにアレンジすると良いです。ちなみにショートウルフは丸顔の人にオススメです。何故ならトップをより強調したスタイルなので、顔の丸さ(短さ)をカバー出来るからです。逆に面長の人にはあまり向きません。言うまでもなく顔の長さを強調してしまうからです。

ワンレンのウルフカット

ワンレンという言葉は一部の世代の方々には懐かしい響きを持って聞こえると思います。ワンレンとはつまりワンレングス、つまり「同じ長さ」という意味です。昔は「ワンレン・ボディゴン」というファッションが流行った時期があり、腰くらいまでの同じ長さの長い髪の毛(つまりワンレングス)にボディコンシャス、略してボディコン、つまり体のラインを強調するような洋服を着る、というのを指しています。ちょっと話しが反れましたが、ウルフカットにもワンレンのものが存在します。正確には全部の髪の毛の長さを同じ長さにするわけではなく、部分で長さを揃える、という形になります。そもそもウルフカットの定義は、トップを短めに、襟足を長くするハイレイヤーというのが基本になります。「短め」「長く」というのは全体のバランスの中での話しになりますので「このくらいの長さ」という定義はとくにありません。よくやんちゃな夫婦の子供で襟足を長くしている子がいると思いますが、極端に言ってしまうとあれが「ワンレンのウルフカット」になります。ワンレンでも毛先にシャギーを入れて、長さは同じでも動きをつけて軽さを出すことも可能です。あまりやる人はいないかもしれませんが、女性で動きの激しいスポーツをやっている人などには意外にオススメ出来る髪型の1つです。スタイリングもしやすいですしね。

ミディアムのウルフカット

まずミディアムのウルフカットを紹介していきましょう。芸能人でいうとDAIGOさんのような感じでしょうか。ワイルドな印象を与え、個性的なミディアムのウルフカットは主に若い男性の間で人気の髪型と言えます。モデルなどの間でもよく見られる髪型ですので、雑誌で見る洋服の着こなしなどもそのまま参考にしやすいのではないでしょうか。ミディアムのウルフカットは、顔の形にコンプレックスのある人にとっては非常に都合のいい髪型です。というのも、例えば丸顔の人はトップの部分のボリュームと、襟足を少し伸ばすことによって顔の丸さを目立たなくすることが出来、逆に面長の人は前髪を垂らしてサイドにボリュームを出す事によって長さを目立たなくすることが出来ます。元々ミディアムウルフには小顔効果があるため、どんな形の顔でも小さな顔に見せることが出来ます。
例えばミディアムウルフの髪型の1つで「トルネード」と呼ばれるスタイルがありますが、これは前髪とトップを逆に分けるようにカットするので、アンシンメトリー、いわゆるアシメ(左右非対称)にすることが出来、個性的な髪型になります。緩めのピンパーマをあてることで多少クセをつけるのも面白いと思います。スタイリングはワックスをつけてねじるだけで出来ますし、オンスタイルではタイトにまとめて落ち着いた印象を、オフスタイルでは固めのワックスで毛束を作って遊んでみる、などという2通りのアレンジが楽しめます。
P R