母の日にプレゼントしたいおすすめのエイジングケア!

March 09 [Wed], 2016, 19:10
2016年の母の日は、
5月8日(日)です。


これまでお世話になったお母様への贈り物はお決まりですか?

こんなタイミングでなければ「母への感謝」を素直にカタチにすることが
むずかしいと感じる方も多いのではないでしょうか?


母の日には カーネーションなどを贈るのが一般的ですが、
最近ではいろいろなカタチもあるようです。

少なくてもお母様に自分の納得のいく素敵なプレゼントをぜひ、と
思っている人は今から準備をしておくのがお勧めです。



たとえば、母の日は5月の連休の後の日曜日ですから、
ゴールデンウィーク中の旅行や休暇を利用しない手はないですよね。


旅行などに行った人は、お土産とは別に気の利いた贈り物を一緒に用意したり、
旅行先からメッセージをつけたカードなどを郵送しておくのもいいかもしれません。

お母様も遊びの計画以外に自分を思いやってくれたと喜んでくれるものです。



ところが、そう思って旅行先で贈り物を選ぼうとしていても
意外と時間がとれなかったり、慌ただしく選んでしまうケースも多く、
お母様が本当に喜べる贈り物と巡り合えるのも少ないのです。



最近では、母の日の贈り物として
お体を気づかった「健康」や「美容」といったものが
お母様がもらって喜ばれているようです。

たとえば、

「お母様と一緒にお食事」
・母の日の夜には、夕食を一緒に食べに行き、母の日ぐらい夕食の準備から
 解放してあげてたり・・


「いつまでも健康でいてほしいのでカラオケセット」
・お好きな歌を歌うことによって昔を思い出して若返りにつながったり、
 声を出すことによって口の運動、腹式呼吸、ボケ防止などいろいろと
 健康にもいいです。


「ウォーキングシューズ」
・やっぱり健康維持のためには歩く事。足に負担をかけないしっかりした
 ウォーキング用のおしゃれなシューズもお勧めです。
 ウォーキングは足腰を鍛えるとともに認知症予防にもいいですので。


そして、「エイジングケアセット」
・お母様は何歳になられてもひとりの女性としていつも「美」を
 意識しているものです。

 オシャレをしている方は、歳を重ねてもいつも明るく元気に輝いています。


ですから、大切なお母様のためにも
2016年の新しい試みとして「母の日の贈り物」

エイジングケア用のトライアルセット
などはいかがでしょうか?





世の中には、
50代〜70代の方むけのいろいろなエイジングケア用の
化粧品が色々とでてきていますが、お母様がた本人は意外とわからないものです。

そんなお母様のために、ちょっとしたきっかけをプレゼントしてあげて
美しくなってイキイキと輝いてもらうっていうのはどうでしょう^^


私の「母の日のプレゼント」パーフェクトワンです。

このプレゼントと一緒にポーチや一輪のお花
そして、簡単な手書きのメッセージカードを添えようと考えています!


なぜ、エイジングケアとしてパーフェクトワン?・・・なのかといいますと、


とくに50代・60代のかたは、見た目年齢が気になりはじめます。
人によってエイジングケアをしている、いないで大きな差がでています。

目元・口元に現れる年齢サイン、ハリ不足などが
お母様の「年齢肌」になりますが、年齢を重ねた肌に大切なのが、
「潤い・与える・整える」ことといわれています。

しかし、年齢にとらわれることなく、忙しい日々を楽しんではいる方のなかにも
本当に必要なスキンケアをやっていない方も多いとか。



エイジングケアに油断していると知らず知らずのうちに・・・・
ということになってしまいますよね。


そんな方のために

・年齢肌にベトつかず、さらっとしていてとても使いやすい。
・一連のスキンケアを時短でお得にお手入れができるオールインワンコスメ。
・乾燥肌で多めに使っても初回半額の定期コースでお得に続けられる。



などなど
パーフェクトワンをプレゼントするだけでお母様の肌にハリと潤いを与え、
みずみずしいツヤのある肌へと早変わりです。

・・・

実は、私が実際に使ってみて「よかった」と実証したので
「母の日のプレゼント」にはこれと決めていたのです。


実際に母の年代の方がつかってみた多くの声が、

「簡単お手入れで潤っている感じ!」「エイジングケアはこれ1つで十分!」
喜ばれていて、オールインワンコスメでは、国内売上げNo.1の化粧品ですから、
安心してお勧めできます。


パーフェクトワンの良さを文章で伝えるのは、難しいかもしれませんので
詳しくは、下記のページよりご覧になってみてくださいね。
⇩ ⇩ ⇩ 





母へのプレゼントの前に私が、パーフェクトワンの大ファンです。
最後まで読んでいただいてありがとうございました。