シャープ、サムスンの出資受入、アップル取引の影響は?

March 06 [Wed], 2013, 20:21
経営再建中のシャープが競争相手でもある、サムスン電子の出資を3%受け入れることが発表された。

これを受けてシャープの株価が大きく跳ね上がっている。

出資額は100億円でシャープの第5位株主となるが、金融機関を除いたら実質最上位株主となる。


シャープは昨年、台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業から9.9%の出資を受け入れる事で合意していたが、シャープの株価低迷を受けて交渉が頓挫していた。

鴻海は、シャープへの出資を見送るだろうと思われてきたが、これで鴻海の出資は完全に無くなった。


今まで、サムスン電子へは液晶を一部供給してきたが、これからは、テレビやスマートホン向けの液晶パネルの供給が拡大されていくだろう。

しかし、シャープは韓国サムスンの出資を受け入れた事で、最大の得意先であるアップルとの関係に問題はないのか?

韓国のサムスンとアップルは世界各地で特許紛争などで争う最大のライバルなのだ。

実際、シャープの亀山第一工場はアップルのスマートフォン向けの専用工場なのだ。

ただ、ここにきてアップルの売上低迷を受け稼働率は下がってきている。

稼働率は下がったとはいえ、今のシャープに取ってみれば最も大事なお得意先であるにはかわりない。

アップルが製品情報の流出を警戒すれば取引の拡大は見込めないどころか、取引自体が無くなる心配もある。

その抜けた穴を韓国サムスンが埋めてくれればいいのだが?

シャープにとってみれば、背水の陣の危険な賭けだろう。

スマートフォンでの世界のシェアは一体どうなっているのだろう?

調べてみて驚いたのだが、あのアップルよりも韓国サムスンの方がシェアは高いのだ。

昨年10〜12月期では、アップルは21%だが、サムスンは29%もあるのだ。

薄型テレビでもサムスンは世界の28%のシェアを占める世界最大手なのだ。

日本では、あまり韓国製品は見かけないのだが世界では韓国製品は十分受け入れられて世界のトップ企業に迫ろうとしているのだ。

意外だ。日本の情報だけでは井の中の蛙になってしまう。

しかし、シャープも一連の流れを見ていると、もうナリフリ構わずという印象を受ける。

それだけ、会社の危機は深刻で資金も底をついているのだろう。

本来なら日本の企業が助けてしかるべきなのだが、今はパナソニック、ソニーはじめ全滅状態だ。

銀行もこのままではシャープが危ない、資金が回収できなくなってしまうから、国内企業の優秀な技術が国外に流出する事よりも資金確保にウがいたと思われる。

紀州南高梅


丸源ビルのビジネスモデル

March 05 [Tue], 2013, 20:20
今、丸源ビルのオーナー川本源司郎容疑者が8億円の脱字容疑で逮捕されたが、その脱税の手口や如何に大お金持ちだったかは、さておき多くのビルオーナーがバブル崩壊後、ほとんど消えて行ったのに丸源ビルのオーナーはどうしてバブル崩壊後20年以上も利益を上げ続ける事ができたのだろうか?

その経営手腕を検証したい。

ビルオーナービジネスは、バブル期に繁華街のビルを買って貸し、またそれを担保に銀行から借金をしてビルを買い増し事業を広げていくというビジネスモデルであったが、このモデルはバブル崩壊後、自滅した。

景気が悪くなり、銀行に借金返済を迫られても。ビルを全部売っても借金額に追いつかず、結局倒産するしかなかったのだ。

これで、ほとんどのバブル紳士が消えた。

しかし、丸源ビルは、バブル崩壊後も脱税できるほど、収益を上げ続けてきたのだ。

その秘密はどこにあるのだろう?

実は、丸源ビルは、水商売向けのビルに絞り込み、それもバブル最盛期には」60棟のビルを持ち、保有テナント数は約5900軒に上った。

つまり、平均1棟のビルに100軒のテナントが入っていたことになる。

つまり1軒1軒が狭いのだ。

丸源ビルがズッと利益を上げ続けられてきたのは、ビルを水商売専門ビルにし、1軒1軒を狭くしたことにあるのだ。

1軒の面積を狭くする事で、多少坪当たり単価を上げても全体の賃料は比較的少額にすみ、ランニングコストも安く上がる。

その為、丸源ビルは、自分の店を持ちたい繁華街の女性にとっては、夢をかなえてくれるビルだったのだ。

また、ビルオーナーからすれば住居を伴わなない賃貸なら追い出す事も簡単で居すわられるリスクもない。


少し小金をためた自分のお店を持ちたい女性にとっては、居抜きで借りられる丸源ビルは魅力的だった。

入居を希望する店子は社長自らが面接したという。

バブル崩壊後は、借金相当のビルを売却し無借金になった。

ビルの減価償却も大半が終り、テナント収入が即、利益になるという現在の仕組みが誕生したのだ。

この仕組みであれば、社員もほとんどいらない。


多少、空室率が高くなっても儲かるビジネスモデルができあがっていたのだ。

私は丸源ビルを見た事がないが、昼間見ると相当に汚いらしい。

これで大丈夫かと思わせるそうだが、長年営業しているので、固定客がついているお店が多く心配はないと言う。

すると、次の問題は建て替えあるいは修繕時期が来たときにどうするかだが、嘘か本当かわからないが、これからは店子を徐々に減らしビルも処分するつもりだと語っている所から、お金も十分過ぎるほど持っている、家族はもちろん子どももいない。

これから新たに減価償却が発生するビルの建て替え、修繕よりも廃業を選んでもおかしくはない。


紀州南高梅

財団法人「大阪府交通安全協会」が大リストラ

March 04 [Mon], 2013, 20:18
大阪府の運転免許証の更新時講習を業務が始まった昭和47年から約40年間にわたり受け持ってきた財団法人「大阪府交通安全協会」が一般競争入札で敗れ25年度からの業務を受託できなかった。

そのために、講習委託料に当る財源の確保が付かないため、全職員の約半数にあたる約200人を削減するという。


講習委託料は、当協会年間収入の三分の一を占めていた。

2月1日現在で当協会の職員は431人。

このうちの半分を大阪府警OBが占めている。

要は、大阪府警の天下り先の一つだったわけだ。

しかし、免許証の更新時講習は大事な事だから、自治体か公務員とか公の人達が行うものだと思っていたが、違っていた。

これは意外だ。

今までは当協会は、随意契約で何処とも競争がないまま年間7〜8億円の業務委託料を毎年貰っていた。

それが24年度から随意契約が改められ一般競争入札が始まり、24年度は当協会が5億3300万円で入札したが25年どは神戸のコンサルタント会社が4億8千万円で落札した。

金額からすると、約6割で4割の経費削減となる。

やはり随意契約より一般競争入札は競争の原理が働くから凄い効果がでるものだ。

しかし、一般競争入札が始まる前は、よっぽど経理がずさんだったのだろうか?

それとも、一部お偉いさんの給料にまわっていたのかな?と思いたくなるような経費の削減だ。

けれども、一度に200名の退職者をだし、25年度から請け負うコンサルタント会社はノウハウや人員の確保位など大丈夫だろうか?
当然、コンサルタント会社が採用する人員は1年契約の短期契約社員に」なるのだろうから。尚更心配になってくる。

想像するにに、大阪府交通安全協会をリストラされた人の採用の受け皿になるとは思うが、当然、給料は前よりも下げた採用となるだろう。

それで不足する人員は新たに採用となるだろうが、いくらリストラされたとはいえ、同じ業務で給料が下がれば当然、やる気も違ってくる。

業務はうまく回るのだろうか?

そこが、コンサルタント会社の腕の見せ所なのだろう。

何しろコンサルタント会社だから頭のいい人ばかりがそろっている頭脳集団だ。

お手並み拝見ということだろう。

大阪府警によると、問題なく準備はすすんでいるという。

この事例がうまくいけば、全国にも波及して欲しい。

各自治体には、必ず交通安全協会は存在しているのだから。

免許証の書き換えの時には交通安全協会に加盟して読みもしない冊子をもらって帰ってきたものだが、交通安全協会の加入は義務だと思っていたがそうではない事がわかり、いつからか交通安全に入会する事は止めている。

しかし、まだ大半の人が義務だと思って入会していると思うが、国民にきっちり説明すべきだ。

そうすると入会者はぐっと減るだろう。何も天下り先を温存しておく必要はないのだ。


紀州南高梅

オセロ中島 芸能界復帰頓挫?

March 03 [Sun], 2013, 23:53
オセロの中島知子の芸能界復帰話が昨年からズット噂であるが出ていたが、これがどうやら頓挫しそうだ。


最初の芸能界復帰の番組は日テレの『世界の果てまでイッテQ!』か、TBSの『中居正広の金曜のスマたち』かどちらかだと言われていたが、これが暗礁に乗り上げたようだ。

原因はどうやら、中島が所属する事務所「松竹芸能」への不信があるようだ。

発端は松竹芸能の幹部と親しいスポーツ紙が、今年のはじめに芸能界復帰にあたっては、相方の松嶋尚美への謝罪が最優先と報じたことだ。

中島は、まわりで知らない人がいないくらい松嶋の事を顔を見たくないほど憎悪している。

自称霊能者の洗脳が溶けたとは言え、この感情はかわっていないようだ。

これで、中島の事務所への不信感が一気にたかまったのだ。

もともと、松嶋を毛嫌いするようになったのも松竹芸能にも問題があるのだ。

中島は松竹芸能が松嶋を独立させた事に不審感を持っていて、独立したあとに松嶋の仕事が増えていることが不信感に輪をかけたのだ。

この松竹芸能の事務所に対する不信感から、中島は再び精神不安定に陥り睡眠薬が手放せない状態で復帰のメドはたっていないという。

松嶋の結婚相手のロックバンドのヒサダトシヒロの事も中島は以前から毛嫌いしていたという。

松嶋が独立した後には、芸能界のドンの大手プロダクション社長の支援があったと言われているが、この芸能界のドンはヒサダも可愛がっているのだ。


中島にとってみれば、スポーツ紙の記事も芸能界のドンに松竹芸能が屈したようにとれたのかもしれない。

中島が監禁?中の間に自称霊能師の仲介で、この芸能界のドンの替え玉に接触させられていたという話もあった。

要は、中島は自分の事務所である松竹芸能に対して信頼をしていないどころか、強い不審感をもっているのだ。

しかし、このままでは中島が芸能界復帰するしないは別として中島の精神、身体がまいってしまうだろう。

芸能界復帰はあわてなくてもいいので、あるいは芸能界には戻ってほしくない。と父親が語っていたように芸能界から身を引いてもいいのではないか?

そして落ち着いた所で、まだ芸能界復帰を考えたらよいのではないだろうか?

洗脳が溶けたというが、本当はまだ完全には解けていないかもしれない。

このままでは中島がどうにかなってしまう。

どうしてそんなに中島の芸能界復帰を慌てるのだろう。

今年2月には新神戸でスタッフともめているのが目撃されているが、このスタッフも松竹芸能の人間だろう。

本人が芸能界復帰を強く望んで進めているのか、それとも松竹芸能が何か事情があって芸能界復帰を強くすすめているのか真相はわからないが、しばらくは、もう一度そっとしておくべきだろう。


紀州南高梅

富士山は噴火する?

March 02 [Sat], 2013, 23:50
数年以内に富士山が噴火すると警鐘を鳴らしている大学の教授がいる。

本当に富士山は噴火するのだろうか?

今年に入って箱根では地震が何と1700回以上も起きている。

これは富士山噴火の前触れだという。

箱根と富士山は、地下で同じ力を受けて、富士山に溜まっているマグマに押される形で自身が頻発しているというのだ。


三宅島島で噴火があったのは1983年、3年後の1986年には伊豆大島、さらにその3年後の1989年には伊豆半島の付け根にある海底火山・手石海丘が噴火している。

これらはいずれもフィリピン海プレート上にあり、箱根山や富士山も同じプレート上なのだ。

噴火は南から北に」上がってきていて、富士山でいつ噴火があってもおかしくないという。

富士山の噴火の前触れだという箱根の地震以外にも、予兆はあるという。


溶岩が噴き出す代わりに水が噴き出す「水噴火」という現象だ。

東日本大震災後、富士五湖の水位が突然高くなり、富士宮近辺で水が噴き出しているのが、その予兆だという。

さらには、河口湖の湖底からも天然ガスが噴き出している。

このガスは火山性のガスではないので噴火の前兆とは捉えない人もいるという。

しかし、富士山の東斜面には数カ所大きな穴があき、そこから摂氏40、50度の噴気が出ているのだ。

これらの状況から考えると富士山が無効3年以内に噴火する可能性が高いという。

しかし、実際に富士山が噴火するとどうなるのだろう。

火山灰は100キロ離れた東京でも2〜10p降り積もるという。

また、溶岩や火山灰の影響で通行不能になる道路は1万4600Km、運行不能の飛行機は1日あたり515便、漏電による停電が108万世帯にも及ぶという。

被害総額は2兆5000億円にのぼると言われている。

今、日本には自然災害など何が起こってもおかしくない状態だと思う。

事前に予知できる事はキチンと対処しておくことが必要だ。

地震の予知は難しいというが噴火の予知はどのくらいの精度で予知できるのだろう?

東海沖大地震、含め日本全国で地震対策などすすめられているが、日本は地震大国でもあるが火山大国でもある。

ある意味、地震と火山噴火は繋がっているのだ。

心配ばかりしていても仕方がないが、とりあえず、いざという時のために地域の避難場所の確認とイザと言う時の家族の連絡方法は常に話し合っておく必要があるだろう。

ちなみに富士山直下には、今までしられていなかった活断層が伸びてきている可能性があると、昨年文部科学省は発表している。

調べることにより、今まで安全だと思われている地域でも安全では無くなる可能性は高い。


紀州南高梅

P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:まさやん
読者になる
2013年03月
« 前の月    |    次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる