観察日記 9 

2004年07月22日(木) 23時30分

何かはちたんの病院日記で時系列が若干前後してますけど、
そうそう、夜寝るときは私のベッドの上で2匹とも
伸びながら寝るスタイルで固定されたみたいですよ。
おかげでセミダブルだっつーのに私ははじっこで
ちっちゃくなりならがベッドの7割を猫に提供しています。
……朝起きたらものの見事に2匹ともいませんけどね(朝ごはんタイム

ちょたんの跳躍が面白いです。
ずいぶん前で踏み切るもんだから、目標に届かずストン。
絶対踏み切り位置間違ってんだよなあ〜(ケラケラ

ソファの背もたれ部分に飛び乗る時なんかは、
だだだだーと助走つけて、随分前で踏み切り、飛んで、
背もたれにカリオストロのルパンよろしく張り付く有様。
そうゆう遊びなのかと一瞬考えてしまうくらい面白いことになってます。
あとはちたんが登れるところは自分も登れると思ってるのか、
崩壊寸前キャットタワーの中段まで一気に跳躍するはちたんを真似て、
飛びはするんですけど、中段の板に頭ゴーン。
下段で「っかしーなー」と言わんばかりに
中段を見上げるちょたんは正直笑えます。

子猫って……お馬鹿ちゃんだなあ。

猫じゃらしに興じるあまり壁とベッドの隙間に落ちたり、
寝ぼけたままベッドの縁を歩いててケツからずるずると落ちたり(必死)、
ソファの背もたれを歩けばやっぱりずるずると落ちたり、
PCに向かう私の膝に乗ろうと飛んだはいいけど
目測誤ってオモチャ棚に突っ込んだり、
なんだろう、はちたんと違って思いっきりポーン!と飛んでくるから
落ち方もポーン!と凄い(笑
ちょたん、抱き上げると活魚のごとくじたばたじたばたして
やっぱりポーン!とどっか飛んでいくし、
猫っつうか……カンガルーとかバッタに近い動きをしますよ。

ちょたんバッタ。

はちたんは、主に寝てるから…飛ぶとか走るとか最近はないなあ〜。
ちょたんが来てからひとり運動会も無くなってしまったし、
それはそれで少し物足りない…。

今日はちょたんがはちたんに手でぽふぽふしてました。
遊んで攻撃にしては遠慮がちなぽふぽふだったんですけど、
はちたんは嫌がりもせずぽふぽふされてました。
まあ…されてるだけで遊んでやる気は相変わらずないみたいですけど…。

さよならジュゲーム 

2004年07月21日(水) 13時14分
じゅげむ、復旧が大幅に遅れている模様なので見切りました。
カスタマイズはできないけど取りあえずヤプログで再開(まねっこw

じゅげむ落ち期間に書き溜めたログは明日にでもまとめてうpします。
今日はね〜…はちこを病院に連れてったら診療に2時間もかかって、
もう寝る時間ですよ…(´・ω・`)ショボーン

ちなみにはちこたん、原因不明の口内炎でオエー!の連発。
まさかちょたんが来たことでストレスが原因?!と思って病院へ…。
でも、先生には「ストレスだったらもっと早い段階で出てる」とビシーッと
言われましたので、結局原因は分からず終いでした。
そして半年前に引っかかった肝臓で、またもや引っかかる…。
これがはちこの普通と言われればそれまでなんだけど、
やっぱり標準より数値が高いって言われると不安だわな〜( ´Д⊂

取りあえず明日からまたもや投薬の日々です。
ちょたんは相変わらずコロコロと元気です。

観察日記 8 

2004年07月20日(火) 23時23分


20日の夜からはちたんの様子がおかしくなる。
しきりに口の中を舐めてる。舐めてるというよりは、
下で上顎を削ぐように舐めて気にしてる感じ。
のりでもくっついてんのか?と思って口をカパッて開けてみても何もない。
けど、右上顎の奥(喉まではいかない位置)に
赤いぷっちんが出来てるのが見えたような気がした。

翌朝、ごはん食べず。
そして舐めてる最中にオエー!とえづく。
でも胃のものを吐くわけじゃなくて、ヨダレみたいな水を吐く。

昨日見た赤いぷっちんと、症状から、
多分口内炎でもできたんだろうと思ったんですが、
口内炎にも色々原因があるらしいので突き止めるべく病院へ行きました。
ちょたんのことでストレスがかかったかな…と不安だったんですが…。
※サイトで調べた口内炎のような酷い症状ではないです。

先生曰く、
・確かに赤いぷっちんが出来てるけど、そんな酷いものではない
・ストレスが原因じゃないかと心配されてますが可能性は低い
・でも口に触るだけでオエーっとなるのは気になりますね
・口の痛みに対して敏感な子なのかもしれません
・それより半年前に引っかかった肝臓の数値、前よりはいいけどまだ高い
・肝臓が悪いと口内炎は出るが、今回はそれが原因とも思えない
・舌も少し腫れてるような気がします

結論:原因はワカラネェ。でも深刻なものじゃないと思います。

ということを、2時間に渡り回りくどく分かりにくい形で説明されました。
結局はちたんたんは、採血検査して(肝臓の定期健診)、
栄養剤と痛み止めを注射されてしまいましたとさ。
肝臓の数値も、半年前よりは下がったんですけどまだ高けェ。
しばらく投薬しながら頑張って下げるか、
3ヶ月に1回くらいのペースで検査しながら様子をみるか、
口内炎の相談で行ったのに、
いきなり肝臓の治療選択を迫られてどうしようかと思いました。
取り合えず、様子見で…。口内炎も様子見で…。

フーやれやれ。
はちたんたんはまたしばらく投薬生活です…。
つっても、口に触るだけでオエーっとやられるから
飲ませるのも大変なんだよなあ…。

でものべーっと伸びながら寝てる姿はいつもと変わらないので一安心。

観察日記 7 

2004年07月19日(月) 23時17分


18日は社員旅行(?)の為、猫は親に預けて富良野の人になってました。
そして今日帰ってきたんですが、思いっきり猫シックな2日間でしたよ…。

帰ってきてから、夕方まで一緒にお昼寝なんかしてたんですけど、
部屋にエアコン入れてなかったせいか起きると誰もいませんでした。
汗だくのままそよそよと爽やかな風吹く居間へ行くと、
2匹ともそよそよと居間で寝てましたね……、くっ…。
猫って正直すぎて時に寂しくなっちゃうよ私はよーすんすん。

夕飯はお寿司だったんですけど、
はちたんはお得意のコンパニオン技を使ってマグロゲット。
食べたいものがある時は真っ先におとおちゃんの所へ行って、
食べたいものを指差します(マジで)
その仕草の可愛さや、可愛さや。
デレデレでマグロを細切れにするおとおちゃんがいるのでした。

ちょたんには悪食癖をつけたくないので、
夕食に合わせて夜ごはんを食べさせます。
※はちたんたんは夜ごはんの代わりにカツブシ・マグロ・等等

それでも昨日はちょたんにもおやつを…と思いササミ煮をあげました。
凄い勢い、そらもう、凄い勢い。食べる食べる。
ちょたんはお魚よりもお肉が好物みたいです。
試しにはちたんにササミをあげてみても全く食べない。
はちたんはお肉よりお魚。

さてさて、来月は健康診断に行ってきますよー。
はちたんたんは半年ごとに健康診断に行っていますが、
今回はついでにちょたんも連れ行きます。
ちょたんは体重量ってもらうだけですけども、うーん、
はちたんに比べると軽々ですよ。2キロ…ないかな?
はちたんたんは半年前は4.5キロでした。
が、今確実に5キロ以上の手ごたえを感じております(ブルブル

はちたんも2年前までは友人Mのとこの
マイク真木(マイク♂4歳・真木♀4歳)に比べて随分スリムだったのに、
今となってはマイク真木よりも丸い…そしてズッシリ……
後ろから見るとまんまオハギですよ。

観察日記 6 

2004年07月17日(土) 23時10分


いよいよ書くことがない。平和そのものなのです。
はちたんは今まで一匹生活が長かったせいか飯を食うのが遅いです。
缶詰も一缶をちまちまと食べ、休憩しては食べ、ウンコして来ては食べ、
昼頃にようやく無くなる感じなんですが、
新参ちょたんは一缶はものの10分弱でペロリです。早食らい大食らい。
自分のを食べ終わった後は、はちたんのお皿に猪突猛進。
なのではちたんがウンコして戻ってきた頃には既に無かった…なんて。

さすがにこれでははちたんたんが哀れなので、
禁止していたテーブル乗りをごはん食べる時だけ解禁。
暫くはこれで様子を見ます。
※ちょたんの跳躍力ではテーブルの上までは登ってこれないので…。

今日は水が湧き出る瓶を買いました。
ポンプで循環させてチョロチョロと水の音を楽しむ感じなんですけど、
ちょたん、かなりお気に召したご様子で瓶の側を離れません。
特に水に手を突っ込んだり、遊んだりというワケじゃないんですけど、
じっと見つめて佇んでいたり、横でのびのび〜っと寝てみたり…。
なんなんだろう…和の趣の分かる猫なのか?

はちたんたんはといえば瓶には全く目もくれず、
今日も私たちの目を盗んでじいちゃんの仏壇のお水を飲んでいます。
そのうちじいちゃんに南無サンダー!されることでしょう。

居間にちょたんの駆け込み寺(ダンボールハウス)があります。
万が一はちたんたんに追い込みをかけられた時用に…
とウチに来た日に作ったんですが、
結局一度も駆け込むことなく現在の平和が訪れたので
そのまま忘れて放置していました。

で、今日居間でうたた寝してると背後でズズズ…ゾゾゾ…って音がする。
振り向いてみるとそこには……
駆け込み寺入口で腹を支えて二進も三進もいかなくなってるはちたんが…。
そう、駆け込み寺はちょたん用に作っていたので入り口もちょたんサイズ。
はちたんのデブッとしたお腹には少々狭かったようです。
そしてはちたんが無二のダンボール好きだということも忘れていたわ…。

現在でははちたんサイズにまで広げられた駆け込み寺改め、
デブの穴がででんと置いてあります。
はちたんたん、すでに藤やんの扱い。
デブでヒゲはえてるし完璧ですね。

観察日記 5 

2004年07月16日(金) 23時05分


だいぶ書くことがなくなってきました。
毎日とても平和です。
はちたんのカーッ!もほぼ無くなったし、
相変わらずちょたんははちたんの後ろをくっついて歩いてるし、
ベタベタとはいかないまでも一緒の部屋で寝ることが多くなってきました。
だからさあ……特に目立って書くこともないんですよね〜……。

あ、今日の朝は寝ているちょたんの顔をはちたんが舐めてあげてました。
おおっ!と思った矢先、ちょたんが目覚めて、はちたんがカーッ!
…すごい意味わかんないや…なにがしたいんだろうはちたんは…。

ちょたんはちょたんでのしのし歩くはちたんにじゃれじゃれ、じゃれじゃれ。
最近カーッやられなくなってきたから、
遊んでもらおうとちょっかいをかけてる模様です。
まあ、カーッは無いにしても、ほぼシカトされてますけど……(哀

夜には近所の友人Kが来てまして、
はちたんはKのことが好きなので部屋には必ず顔を出すんですが、
本日も例に漏れず「ゴンヌズバー」と猫ドアからやってきました。
後ろにはちょたんを引き連れて。
ちょたんもKに逢うのは4度目くらいです(来すぎ

Kが猫たちに好かれる理由。
それはきっとたくさん遊んでもらえるから…。
私も毎日御戯れタイムに遊んでますけど、正直30分くらいで飽きます。
飽きたら、ひとりで遊べるような毛ボール系にスライドさせるか、
正直に「おわり」を伝えるかのどっちかです。
けど、Kはホント見てて良く飽きないなあ〜と思うくらい
長時間猫を遊ばせてくれるのです。
長時間すぎて……私の方が放置されてますけど、
自分の猫たちなので何も言えず眺めております。

2時間くらい経つと2匹ともぐったりなんですが、Kはひとり元気です。
そんなに猫好きなら飼えばいいのに…と思うんですが、K曰く、
「猫欲しいけど絶対猫ばっかり構うようなるからあかんねん」だそうです。
※Kは大阪で飼ってたフェレット2匹連れて去年近所に引っ越してきた。

観察日記 4 

2004年07月15日(木) 22時59分


段々と私の部屋に居ることが多くなってきたはちたんとちょたん。
窓側に設置された倒壊寸前キャットタワーの中段にはちたんたんが生り、
下段にはちょたんが生る。
2匹だけですが猫の生る木に大満足の私です。
でも倒壊は怖いのでちゃんと直しておきます。

2匹の関係は私の部屋にいる時と、居間にいる時では若干違います。
居間では主権ははちたんにあって、
ちょたんに対し「よきにはからえ〜」ってな眼差しを送ってます。
部屋では主権交代、急にはちたんに対しての遠慮が無くなるちょたん。
尻尾にじゃれつけ!キックだ!パンチだ!ジャブジャブ!
アイアンクロ〜(できねぇって)まさしく下克上。
それでもフーッ!カーッ!もせず部屋にいるってことは、
はちたんも嫌いではないんだろうなあ〜。

そういやウチに来た次の日にトイレから出てきたちょたんが暴れてました。
いや、暴れてる…というよりパニくってる……?
だだだだーと走るちょたんを捕獲してよく見てみると、
ケツ毛にウンコぷら〜〜ん。
メイ様やノル様がよくケツ毛にウンコぶら下げて歩いてる話は
聞いていたんですけど、いやあ笑った。
ちょたんには申し訳ないけど、
走っても暴れても取れないウンコに困惑してたんだろうなあと笑いました。
で、ウンコは取れたんですけど少しだけ毛にこびり付いてる。
ウエットティシューで拭いても取れない。
結局、来旭2日目にしてお風呂を体験してしまうちょたんなのでした。

びっくりするくらい大人しかったですよ。
はちたんも風呂は大人しい方ですけど、
大人しい以前にあんなに気持ちよさそうにされちゃ…、
猫=風呂嫌いの法則がグラグラと揺らいでしまいそうですよ。
おかげさまでふわふわのいい香り。
う〜ん非の打ち所がないなあ……爪切りはちょっと嫌みたいですけど、
それでも手に負えない程じゃないし。

子猫って聞くと、友人Y宅の凶暴猫とか、
友人H宅の一瞬たりともじっとしてない多動猫とか、
とにかく1日中走り回ってて隙あらば噛み付きトイレは外し
障子は穴だらけでカーテンは引きつりボロボロ。
そんなのを想像しがちなんですけど、私の想像が偏ってますか?
でも、Y猫もH猫も良く知るN氏に「凄い大人しい」ってメールを入れたら、
「猫かぶってんだ」って即返信されましたので、
子猫=激パワフル説は私だけの妄想ではないようです。

観察日記 3 

2004年07月14日(水) 22時50分


相変わらずキラキラじゃらしで狂喜乱舞のはちたんとちょたんですが、
その動きが激しすぎるあまりキラキラじゃらしの抜け毛…
…(毛じゃないか、抜け…キラ?)が激しいです。
同じものを探しに探して、ようやくネット通販で買えるお店を見つけました。

定価:630円(税込)

おおぅ…高けェ…。200円くらいだと思ってた…。
5本くらいまとめて〜とか思ってたんですが、
5本買ったら3,000円強ですか!さ…3本くらいにしておこう…。
今となっては抜け落ちた毛(キラ)を床で見るたび、
「10円分くらいか?」と卑しいことを考えてます。

ちょたんがはちたんの後をとてちて〜とついて歩くようになりました。
そしてはちたんがようやく私の部屋に入って来るようになりました
(今までは警戒して入ってこなかった)
それでも近づきすぎると猫パンチ(極弱)はお見舞いされますが、
はちたんがゴルァ!した時に、
ちゃーんと一歩引いてえろうすまへんができる子なので大丈夫でしょう。

そうそう、とてちて〜とはちたんの後をついて歩くちょたん。
はちたんが部屋に行けば部屋へとてちて〜。
はちたんが2階に行けば2階へとてちて〜。
はちたんが台所に行けば台所へとてちて〜。

けどはちたんがトイレに行った時は猫パンチでゴルァ!されてました。
…見られながらウンコはできないなあ、にょういずみじゃあるまいし(誉
となると、はちたん>にょういずみ、という羞恥心比較が成り立ちますか?
成り立ちませんか…。

ちょたんが我が家に来てから、
キラキラじゃらし及びネズミちゃんを用いての運動が日課なんですが、
(余談ですが、この時間は御戯れタイムと呼ばれています)
おかげさまでネットが出来ない。
パソコンを起動してても結局何もみないまま電源を落とすこともままある。
なのでこの場をお借りしまして、
その間メセを打ち続けていた皆様にはお詫び申し上げます(メセ切れ!

ジュゲムも落ちてたし…リヴのレベ上げとメールチェックだけの毎日。
ネットジャンキーが御猫様の力により、真人間へと更正されています。
まあ…いつまで持つかって話ですけど…。

観察日記 2 

2004年07月13日(火) 22時43分


昨日、ちょたんを隔離せず部屋のドアを全面開放していたせいか、
ちょたんが近くに居てもはちたんは怖がらなくなりました。
おお〜大進歩〜〜!

今までは(たった3日だが)ちょたんが居間に来れば2階へ行き、
2階に来れば居間へ移動、とにかく避ける避ける。
ちょたんの巣と化している私の部屋には入るどころか近寄りもせず、
一緒の空間にさえいてくれない全面拒否の構えでした。

そんな時私は…と言えば、
色々と策を講じるのも面倒臭いんで完全にほったらかしてました(笑

そうしてる間にぐんぐん距離は縮まります。
はちたんたんにどのような心境の変化があったのか分かりませんが、
フーッ!カーッ!の攻撃対象から、
取り合えず無視しときゃ害はない黙殺対象へと変わったようです。

遊びの途中でちょたんからヒップアタックを食らっても、
遊びの途中で興奮するちょたんに体当たりされても、
遊びの途中でちょたんが上から降ってこようとも、もう動じない。

シカト、黙殺。

一応、自分に攻撃する気はないということは伝わってる模様ですが、
依然としてはちたんのATフィールドは全開です。

そして私以外の家族にはあまり近寄らなかったちょたんですが、
今日になって母にスリスリ、父にベタベタ、
ようやく他にも人間がいることに気付いたようです。
ちょたんの甘えたぶりに母はデレデレ。
「はちこはお父さんの猫だから、べにちょは私の猫ね〜」とのたまう始末。
言ってる意味が分かりません。全然分かりません。

着々と我が家の一員になりつつあるちょたんでした。

観察日記 1 

2004年07月12日(月) 22時37分


はちたんとちょたんは日に日に距離を縮めています。
ちょたんが来た時のケージに猫じゃらしがくっついていまして、
ブリーダーさんが付けてくれたみたいなんですけど、
これがまた良く遊ぶんですよ。はちたんが。

おめーのじゃねーよって感じなんですけど、
(ぱたぱた)乱舞!(ぱたぱた)乱舞!
その狂いっぷりや凄まじく、ちょたん共々傍観しております。
ちょたんは遊びたくてもはちたんの狂喜乱舞が怖くて近づけません。
でもたまに我慢できずに手が出ちゃうわけです。

すると狂喜乱舞ウフッフ〜!だったはちたんたんが一変、
カーーッ!の構えです。…なんて度量の狭いやつなんだ…(´・ω・`)

このキラキラ猫じゃらしもそうですけど、
他のおもちゃで遊んでいる時も結構近距離にいます。
昨日はカーッ!フーッ!やりながらも距離は3センチまでに近づきました。
んで、近づきすぎるあまり遂に!はちたんの猫パンチが炸裂しました!!


ぽすん。ぽすぽす。


なんだそれ?
随分と弱々しいパンチですね〜。
パンチっつうか、それじゃあちょっと触ってる程度だぞー。
そんなへなちょこパンチでもちょたんはゴロン(降参ポーズ)して
敵意のないことをはちたんにアピールします。
なんて健気な子…そして不憫な子…(ほろり

でもこの猫パンチ(微弱)でちょたんがゴロンしてから、
はちたんのフーッ!カーッ!も少し大人しくなったように思います。
今日の朝なんかは、はちたんの方からちょたんに近づいてヒグヒグ。
ちょたんがそれに気付いて「なになにー?」って振り返ろうもんなら
またフーッ!カーッ!なんですけど…。
おめーからいったんだろうよ……と家族は生暖く見守っています。
2004年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:haguki
読者になる
Yapme!一覧
読者になる