予習復習はなぜ大切?

October 26 [Sat], 2013, 23:54

予備校(不況に伴い、就職予備校に通う人も増加しています)と独学(最も費用の掛からない方法ですが、強い意思が必要とされます)では、どちらが公認会計士(試験を受けなくても、登録さえすれね、税理士や行政書士の業務を行い、名乗ることができます。また、司法書士や社会保険労務士の一部の業務も行うことができるでしょう)試験(対策は万全にしておかないと酷い結果になりがちです)に合格する可能性が高いかといえね、予備校(不況に伴い、就職予備校に通う人も増加しています)に通った方が高まることでしょう。その理由の一つに、公認会計士試験(一夜漬けをしたという人も多いのでは)の出題範囲の広さがあげられるでしょう。法律や会計問題の中でも、頻繁に出題される分野というものが存在します。効率的に公認会計士(公認会計士になるためには、合格率が6?8%の公認会計士試験に合格した上で、2年以上の業務補助などを行い、実務補習を修了して、内閣総理大臣の確認を受け、公認会計士名簿に登録しなくてはいけません)試験(一夜漬けをしたという人も多いのでは)の勉強(毎日コツコツできる人には結局敵わないんですよね)をするためには、膨大な出題範囲の中からひんぱんに出題される分野に絞って勉強することが必要だと言われています。それだけ野を適切に教えてくれるのが、予備校だと言えます。また、近頃の出題傾向としては、専門の知識があることを前提とした、思考力や論理力をみる問題も多くなってきましたね。そういった問題にも対応可能なように、準備しなくてはなりませんね。トモキの子供ブログも参考にしてください。わかりやすく紹介されています。その為に、公認会計士試験(全然やっていないという人に限ってこっそりやっているものです)を受ける方の多くが、予備校を利用し勉強した経験があるんでしょう。ただ、必ずしも予備校(不況に伴い、就職予備校に通う人も増加しています)に行って勉強(効果を定着させるためには、繭り返し復習することが大切です)しなければ合格しない試験(時々、全然問題が解けなくて焦る夢をみることがあります)といったわけではありません。毎日5時間以上の勉強(毎日コツコツできる人には結局敵わないんですよね)を3年も継続していれば、合格できるレベルの試験(時々、全然問題が解けなくて焦る夢をみることがあります)だとも言われていますので、独学で勉強しても十分に可能性はあると思います。

P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ユウタロウ
読者になる
2013年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ヤプミー!一覧
読者になる