短期ダイエットのデメリット

July 22 [Mon], 2013, 4:29
1週間や10日でダイエットができるならいいなと思っている人は大勢いるのではないでしょうか。リバウンドのリスクが高いことが、短期間で行うダイエットでは特に注意が必要です。体自体が痩せにくい体質になってしまう恐れがあるなどのデメリットもあるので注意が必要です。1週間ではなく、せめて1カ月のダイエット期間を設定して、じっくりとダイエットをする方が体調を崩す心配もなく、気持ちの上でも安心してダイエットができます。体重を減らすことを目的としてダイエットをするのではなく、美容目的のデトックスならば、3日間から1週間程度で効果を得ることが可能です。しかし、身体的な負荷を考えると、ダイエットを短期間でやることはよいことではありません。もし仮に、1週間で2sの減量に成功したとしても、以後もその体重でいられるかは別問題です。日々体重を計測していけば一目瞭然ですが、その日の水分摂取量や食事の量で、1、2sは容易に変動するものです。つまり、1、2sほど体重が減ったといっても、ダイエットの効果が出たとは言いきれません。水分と食べ物の量が制限された為に、一時的に体重が減っただけの事でありダイエットに成功とは言いがたいものです。極端な食事制限によるダイエットでは、人体は飢餓状態に陥り、少ない食事で生きていけるよう体の状態を変えます。その結果、体内に取り入れた栄養素を脂肪として蓄積しやすくなり、カロリー消費が低下する原因になります。もしも短期間でダイエットをしたい場合は、体への負荷の少ない、健康的な方法を実践することも大事です。体に必要な栄養や水分を確保し、不足が発生しないようにします。お肌のケアもおしゃれの1つです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:バスウォンテッダ
読者になる
2013年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/hagg676e/index1_0.rdf