元信光人 不況を最大のチャンスにかえる!とっておきの方法をすべて教えます!! 

2009年11月10日(火) 14時20分








ハゲタカ債券投資法



〜実践者の声〜

◆江崎様

FXトレーダー、江崎孝彦さんからご感想を頂きました。

逆転の発想のハゲタカ投資法の資料見させて頂きました。ありがとうゴザイマス。

見終わった感想をいうと、そんな所に美味しい市場があって、低リスクでハイリターンしかもかんたんな投資法があったんですね。

全くしりませんでした。

投資家には、1つの市場で着実に利益を上げていくタイプの人と、活発で儲け易い相場を見つけて色んな市場で儲けていくタイプの2種類あって、ぼくはどちらかといえば前者なんですが、世界中の相場が低迷している中、活発な市場で儲ける戦略、手法まですべて提示してくれているハゲタカ投資法はものスゴくいいですね。

2009年にはピッタリの市場と投資法だとおもいます。

2009年以降も、株であれFXであれ投資家が毎年安定的に利益を上げていくには、必要な市場と投資法だとおもいます。

国際投資をフィールドにしている元信さんだからこそ見つけられるおどろきの投資法だとおもいます。

実際に2009年の投資法の1つとしてぼくも早速開始してみようとおもいます。

◆山中様

岡山県在住の山中様からご感想を頂きました。

わたしはとてもの投資素人です。

2008年から投資を始めましたが、今回のサブプライムショックで、保有株式が軒並み暴落してしまいました。

しかし、大きく下がってしまった資産価値を何とか取戻し、増やしていきたいと考え、安全で高利回りな投資方法がないかと探し求めていました。

そんな中、この投資資料に出会ったのです。

わたしは債券投資がとても安全な投資法である事はむかしから知っていましたが、このような高利回りの方法がある事はまったくしりませんでしたし、最初は失礼ながら半信半疑の状態でした。

また、この資料をほんとにつかいこなせるのか、最初は非常に不安でしたし、正直ネットでの取引に不安もありました。

しかし、元信先生のこの資料は、わたしの頭でもスラスラ理解できましたし、アメリカの証券会社のつかい方もパーフェクトにフォローアップされておりました。

そして実際にネット上で社債を購入する事ができ、すでに素人のわたしにほんとに信じがたい利益(3ヶ月で22%!)を持たしてくれています。

またこの証券会社では世界中のファンド(1万種類!)も購入できますのでたとえ債券に興味がない方であってもこの資料を買って損はないとおもいます。

これで将来の生活に自信と希望が持てました。

元信先生、ほんとに貴重なノウハウをありがとうございます!



詳細はこちらをクリック



この「ハゲタカ債券投資法」は、 金融危機をチャンスに変える、まさに“逆転の発想”の債券投資術だからです!

さきほど、ワシントン・ミーチュアルの債券が2週間前後で1.05ドル→11.5ドルになった例をお示ししましたが、「え?債券ってそんなに儲かるの?」 とビックリされた方が大半ではないかと思います。

実は結論から申しますと、この「ハゲタカ債券投資法」を活用すれば儲かります。

そうです。この債券投資法はまさに、 今迄の常識を完全に覆す投資手法なのです・・

しりたいと思いませんか?

そこで・・今回特別に、ファンドマネージャー元信が この「非常識な債券投資法」について、包み隠さずご説明しますので、ほんの少しの間お付き合いくださいませ。

さて、2008年後半以降、株、商品、不動産、全部がダメな状況な中、元信には一筋の光明が見えています・・それが「債権の時代」です。

過去の歴史をさかのぼると、バブル崩壊後や金融不安の際に活躍したのは、俗称“ハゲタカファンド”と呼ばれる、企業再生ファンドでした。

このハゲタカファンドの手法は、「いかにやすく企業債権を買うか?」という事に尽きます。

現在の金融不安はまさに暴落している企業債権をやすく購入するには最適な時期といえます。

その手法を投資額10万円単位から参加でき、個人レベルでも簡単に実践出来るようにしたのがこの「ハゲタカ債券投資法」という訳です。

元信の師匠であるM氏は、かつて日本のバブル崩壊後、 この投資手法で3か月で108%もの利益をあげました・・

しかもレバレッジを一切かけず、買いのみで・・

では、山一証券破綻の際、M氏はどのような方法で、 たったの3か月で108%!もの利回りをあげたのか?

実際に検証して参りましょう!

山一證券は日本のバブル崩壊後の 1997年11月24日に自主廃業を発表しました。

発表後1週間後、投資家のパニック売りが起こり、 山一證券の既発債券は額面100円の所を40円台(最低43円)で推移しました。

実は投資家がパニックになるこの時、M氏は「ハゲタカ債券投資法」による緻密な計算に基づき、山一證券の単価48円の既発債を240万円で購入していたのです・・

そして、1998年1月26日 全額償還が開始となり、なんと約3か月で額面価額である100円が戻ってきたのです・・

つまり240万円で買った債券が、3カ月後にはなんと!

500万円の現金になって手元に戻ってきたのです!

つまり、M氏は山一破綻や金融不安で世間がパニックとなっているこんな時期、なんと3か月で108%もの利回りをあげたという訳です・・

いやむしろ逆に、山一が破綻したからこそ、3カ月という短期間で108%もの高収益を短期間であげる事が可能になったといえるのです!

M氏が買った債券は償還まで約3年ありました・・

ですから、そのまま仮に山一が潰れなかったとしても・・

48円→100円で年間36%以上の利率(単利計算)になりますから、これでも十分魅力的な投資ではありましたが、この投資法のすごい所は「投資先の企業が倒産する方が投資効率が向上する」という逆転の発想にあります。

それだけではありません。

この時M氏は当然、損失のリスクは非常に低い事が事前に把握していたのです・・

彼は山一證券が最悪でも額面100円につき、75円の配当になると回収率を計算の上、購入していました。

まさに低リスクでハイリターンの投資法

すごいと思いませんか?

このように「ハゲタカ債券投資法」は企業の倒産が相次ぐような金融不安時に最大限の効果を発揮するという驚異の投資法なのです・・

しかも個人投資家の方でも数万円単位から投資できます。

米国発のサブプライムショック以降、現在は世界的な不況へと突入しておりますが、ご安心ください!

この資料には、リスクを最小限にして高利回りを上げる為に必要な投資ノウハウを余す所なく詰め込みました!

今回元信は、サブプライム後、希望を失った個人投資家の方々を救済する為に、このノウハウの公開に踏み切りました。

しかし、この方法は企業再生ファンドのマネージャー等、今迄機関投資家のみに伝わってきた“驚異の債券投資ノウハウ”であり、不特定多数の方に公開出来る内容ではありません。

当資料は一定数販売した後に、販売は打ち切る予定です。

残念ながらこの限定販売は、まったく予告無く販売終了しますので、次回購入出来るという保証はありません!


★お客様の感想や口コミ、効果や実際に試したプログラム実行者の声や教材の内容やレビュー、実体験に基づく体験などを投稿しています。



続きはこちら





ここでは、GlobalTrust有限責任事業組合 元信光人さんの【ハゲタカ債券投資法】〜新登場!不況を大きなチャンスに変える驚異の投資法〜の口コミ 感想 レビュー 評価 購入者の声 評判 ブログ検証 暴露 比較 ランキング クチコミ 内容 効果 方法 教えて 日記 コメント プロフィールなどの情報を公開してます。





その他のお得な情報はこちら

アパマン投資ツールらしんばん 大家学 増山大 評価

FXユーロドルスキャルピング 石山幸二 評価

マネー・運用 情報商材 専門 レビュー 評価 サイト