ソフトバンクが驚異の高利回り社債発行!? 

October 29 [Thu], 2009, 17:00
最近、日本の社債市場で大変興味深い現象が起こりました・・

それは、ソフトバンク(株)が高金利!?な社債を発行したことです・・


・利率  :年5.10%
 (課税後利回り年4.08%)
・申込単位:100万円単位
・発行額 :600億円
・募集期間:平成21年5月27日〜平成21年6月9日
・利払い日:毎年6月10日および12月10日/年2回
・償還日 :平成23年6月10日
・格付  :BBB(JCR)


日本の金融市場において、年利5.10%はインパクト大ですね。

募集期間が6月9日までとなっていますが、

大人気により、既に完売してしまったようです。

当初500億円の募集でしたが、600億円に増額しての完売です。

ソフトバンクサイトも需要あり!と見込んだのでしょう。

これは買えずに残念!…ではなく、実はラッキーなんです・・



この社債の目的は簡単に言えば、「借金の返済に充当」です。

借金を返済するのに、お金を借りているわけです。

個人がローン返済に困り、高金利の金融業者に頼んでいたら、どうですか?

最後は、”自己破産”になるかもしれません。

企業の場合、”債務不履行(デフォルト)”です。

こうなると、元本を割れてしまうリスクが非常に高くなります。

いわゆるハイリスク投資となります。



「元本5%なんて夢のような話あるわけない、
 地道に貯金するしかないか(泣)」と思わないでください。



世界には、年利数10%、中には年利100%を大きく超える『お宝債権』が眠っています。

もちろん、前述のソフトバンク社債同様にリスクが存在します。

「借金の返済に充当」するからとの理由で購入回避するのではなく、

バランスシートを正しく読み取ることで、『お宝債権』の発掘は可能です!!

格付け評価があるじゃないか!と思われるかもしれませんが、

格付けほと信じられないものはありません!

12年前、破綻した山一証券の例でいえば、

ムーディーズが、自主廃業する3日前の11月21日午後5時に、

同社の長期債券格付けを『Baa3』から『Ba3』へと一気に3ノッチも格下げしています。

おまけにその日のうちに、4ノッチ低い『Caa1』に格下げしています!

ソフトバンク社債の格付けも、いつ変更するかわかりません。

格付けを鵜呑みにせず、自ら判断できる能力を得ていきましょう!



また、ソフトバンク社債は100万単位での購入ですが、

世界には、数10万円から購入可能な『ダイヤモンドの原石』も転がっています。



ソフトバンクなんて、金利たかだか5%と思えるようになりたいですね!


ハゲタカ債券投資術